フェアトレードショップ ナルニア

ナルニア店主のつぶやき

 今年も半年が過ぎて、2018年上半期の出来事を少し振り返りたいと思います。

 

まず、5月に行われた万代アースフェスティバルに今年も参加させて頂きました。いつもお店での応対なのでお祭りで店外に出てフェアトレード推進の話が出来るのは楽しいですね。

ただ、今年出店させて頂いた日はあいにくの天気で雨だったのが少し残念でした。

 

そして6月にNGOネットワーク会員のフェアトレード推進委員会の方々と一緒にフィリピンから子どもミュージカル劇団「あけぼの」をお招きして、10年ぶりに新潟市でミュージカルを行う事が出来ました。公演翌日には新潟市江南区の小学校で交流会を行い大変盛り上がりました。

また、今回NGOネットワークより後援も頂き、ありがとうございました。

この機会に御礼を申し上げます。

 

私一人での力ではとてもこのイベントを行う事は出来ませんでしたが、これもこのネットワークの力ですね。

フェアトレード推進委員会の方は今回の私の持ちかけた事業のように一人ではなかなか難しい事業のお手伝いをしますと言って頂いています。

同じ志を持つ仲間と協力して事業を行う事が出来て今後のNGOネットワークの持つ可能性を強く感じました。

 

そして私事ですが、この度NGOネットワークの理事に就任させて頂きました。今年は法人化になって創立10周年と言う節目の年でもありますので少しでもお力になれればと思いますので宜しくお願い致します。

 

写真1こどもミュージカル劇団「あけぼの」公演の様子

 

 

写真2フィリピンの子ども達と小学生との交流の様子

 

店主 丸田祥子

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ナルニア

劇団「あけぼの」新潟公演 クレイン・ドッグ

日本人とフィリピン人との間に生まれた子ども達による歌と踊りの感動ミュージカル

 

「クレイン・ドッグ」

 

劇団「あけぼの」新潟公演

 

2018.5.27(日) 開演14:00〜

会場 なじらね沼垂しんこや

新潟市中央区沼垂東2‐1‐15

 

入場無料

 

参加申し込みは必要ありません。

当日お気軽にご来場ください。

 

ミュージカル公演後にはフィリピンから来日した劇団あけぼののメンバーの子ども達と異文化交流会も開催します。

どなたでも楽しんでいただけますので、ふるってご参加下さい。

 

主催:劇団あけぼの新潟公演実行委員会

問合せ:090−2956−6949 丸田

後援:(公財)新潟県国際交流協会

   (特活)にいがたNGOネットワーク

 

 

 フィリピンには日本人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれ、父親と会うことなくフィリピンで育った子供たち(JFC)が2〜3万人いると言われています。こうしたJFCと母親を支援する現地NGO・DAWN(Development Action for Women's Network)は、過去20年に渡ってJFCと父親とが会う機会を提供するためにJFCによる「劇団あけぼの」を組織し来日公演を実施する事業を継続してきました。

 今回はそのうちの新潟公演をにいがたNGOネットワーク会員であるナルニア、にいがたフェアトレード推進委員会が中心となり劇団あけぼの新潟公演実行委員会を組織し、企画・運営することとなりました。

 事業内容は劇の公演にとどまらず、JFCと児童・学生・地域住民との交流事業、DAWNによるフェアトレード製品の販売も含むものとなっています。

 にいがたNGOネットワークはこの事業趣旨に賛同し、後援しています。

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ナルニア

フェアトレードショップ「ナルニア」の活動紹介とフェアトレードのチョコレートのお話

 

 皆さんこんにちは。フェアトレードショップ「ナルニア」です。

2018年の年が明けましたが如何過ごしですか?昨年は11月5日に新潟市内にある、新潟美術学園さん主催の「モンゴルフェアー」に参加してフェアトレード製品をPRさせて頂きました。モンゴル出身の留学生の方々などと交流を持つ事が出来て楽しかったです。26日には万代橋たもとのメディアシップにて「国際フェスティバル」に参加させて頂きました。

こちらも初めてフェアトレード製品の存在を聞いた方々も大勢いて、興味深く話を聞いてくださって嬉しかったです。

今日はフェアトレード製品の中のチョコレートお話をしたいと思います。イベントの時にもフェアトレードチョコレートは大人気です。正直言って価格は市販のチョコレートに比べると少し高いかな?と感じる方もいると思いますがそれも理由があります。

 私たちが大好きなチョコレート、その原料となっているのはカカオです。開発途上国では実に、1,400万人もの人たちがカカオ生産によって生計を立てていると言われています。それではカカオ豆はどこでどのように作られて私たちの手に届けられているのでしょうか。
開発途上国が抱える深刻な問題の一つに、児童労働があります。その数は21,800万人、実に世界の子どもの7人に1人にあたります。その温床の一つとして近年明らかになってきたのが、カカオ豆の農園の状況です。児童労働が起こる要因には、社会の慣習や伝統、文化的背景、教育制度や福祉制度の未整備もありますが、多くの場合、経済的「貧困」がほとんどだと言われています。
 国際フェアトレード基準では、児童労働を禁止し、安全な労働環境を保証しています。そしてなによりも児童労働を生み出す「貧困」の連鎖を断ち切るため、乱高下する国際市場価格に対し、生産者が適正な対価を得られるよう、持続可能な生産と生活を支えるフェアトレード価格を設定しています。フェアトレードにより生産者が適正で安定した収入を得ることができれば、子どもを働きに出すようなこともなくなります。フェアトレードで得たプレミアム(奨励金)では、生産者たちが自ら地域の教育や医療など社会基盤の充実を図ることも可能になります。また、フェアトレードでは環境面でも厳しく基準が定められており、森を破壊したり、必要以上に農薬を使ったりすることなく自然環境を守りながら生産されているのです。

ナルニアでは第三世界ショップさんのチョコレートを提供しています。是非、濃厚で芳醇な味わいをお試し下さいね。

フェアトレードショップ「ナルニア」店主 丸田祥子

 

 

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ナルニア

フェアトレードショップ 店主のつぶやき 

 蒸し暑い日が続きますが皆さんお元気ですか?
2017年1月〜6月までの上半期の活動ですが3月には、にいがたNGOネットワークさん主催の「ワタシにもできる!国際協力のヒントがいっぱい」と言うイベントに参加させて頂きました。
当日のメイン講演は熊本からフェアトレードシティくまもと推進委員会代表の明石祥子さんのお話を聞いたのですがフェアトレードが浸透する大分前から普及活動に奔走されて熊本市は勿論の事、世界からも注目を集める程に活動を成長させた功績は大した努力だと思いました。諦めずにコツコツ信念を通す生き方に大変共感を感じました。
当日は新潟県内でフェアトレードに携わったメンバーも話をさせて頂き、私もフェアトレードショップを始めたきっかけと現在に至る経緯を少し質問形式で話させて頂きました。   
佐渡から教員の方なども参加されていてフェアトレードの生産者さんの話を熱心に聞いて頂き、嬉しかったです。
思えば「ナルニア」をオープンさせて今年で19年ですが、あまり今までの歴史を振り返る事が無かったで私にとっても良いきっかけとなりました。そして5月には万代シティーにて行われた万代アースフェスティバル2017に出店させて頂きました。
7月から下半期となりますが引き続きフェアトレードの推進に関わって行きたいと思っています。
「フェアトレードショップ ナルニア」丸田 祥子
新潟市中央区沼垂東4-7-5 tel 025-244-1237
情報掲載:
  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ナルニア

なじらね沼垂しんこやにフェアトレード紹介コーナー

 2016年は公私共に忙しい年でしたが2017年も忙しくなりそうです。フェアトレードショップ「ナルニア」はJR新潟駅から徒歩約20分程にある沼垂商店街の中にあるお店ですが最近この沼垂商店街に面白い動きがあるんです。
 「沼垂テラス」と言って昔の市場の空き店舗に若い店主の方々が手作りガラス細工や北欧雑貨、喫茶、パン屋さん、お総菜屋さんなど楽しいお店を開き始めました。最近TVなどでも紹介されているのでご覧になられた方もいるかもしれませんね。
 また、町の商店主の方々が中心になって町のシンボル的な空間を昨年12月25日にオープンしました。
 空間の名前は「なじらね沼垂しんこや」と言ってレンタルスペース、洋食屋、駄菓子屋、イベント広場、沼垂ラジオ局など、町の情報発信な場にもなっています。
 実は私もこの空間作りに昨年から関わっていまして今年は是非、フェアトレード紹介コーナーも設置させて頂くつもりです。
多くの方々にフェアトレードの存在を知ってもらえれば嬉しいです。
 フェアトレードとは。。。途上国で生産された日用品や食料品が、驚くほど安い価格で販売されていることがあります。一方生産国ではその安さを生み出すため、正当な対価が生産者に支払われなかったり、生産性を上げるために必要以上の農薬が使用され環境が破壊されたりする事態が起こっています。
 生産者が美味しくて品質の良いものを作り続けていくためには、生産者の労働環境や生活水準が保証され、また自然環境にもやさしい配慮がなされる持続可能な取引のサイクルを作っていくことが重要です。
 フェアトレードとは直訳すると「公平な貿易」。つまり、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」をいいます。
特定非営利活動法人 フェアトレード・ラベル・ジャパン(FLJ)より
写真は新作の製品です。
ナルニア 店主 丸田祥子
情報掲載:
  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ナルニア

ナルニアよりフェアトレード団体と商品の紹介

 明けましておめでとうございます。
2016年の年が明けました。今年はサル年です。サルって団体で行動していますよね。
強いサルが弱いサルを助けて餌なんかも皆で分け与えて生きている印象が強いのですが何となく共存して生きていこうと考えているフェアトレードの精神に通じるものがあるかな〜などと新年から考えていました。とにかく今年も宜しくお願い致します。
 昨年の下半期(7月〜12月)の活動を振り返ってみますと9月6日に、にいがたNGOネットワーク主催のにいがた国際フェスティバルに参加させて頂きました。前の年は参加が出来なかったので昨年は参加出来て良かったです。舞台の上でフェアトレード製品の紹介などもさせて頂き、つたない私の説明に耳を傾けて頂いた皆さまにこの場を借りて感謝の気持ちをお伝えします。ありがとうございました。
そして10月5日には、にいがたフェアトレード推進委員会主催の「フェアトレードが変えるネパールの女性」の講演会に参加させて頂き、生の生産者の声を聴けたのは本当に貴重な経験でした。これはナルニアも提携しているNPOシャプラニール=市民による海外協力の会の活動紹介(キャラバン)の一環で来県したものです。
シャプラニールは1972年創立の、草の根の立場で海外協力を実践している民間NGO団体です。活動地はバングラデシュ、ネパール、インドの南アジアの国々で、社会や援助団体から「取り残された人々」を支援しています。
にいがたNGOネットワークも昨年5月にネパール地震災害救援募金で集めた支援金をこの団体に送金して現地復興の為に役立てて頂いたのは記憶に新しいと思います。

今回写真で紹介させて頂いた2種類のフェアトレードの製品もシャプラニールが技術指導をして製品化になったものです。バックは今回来県された代表の方が所属しているネパールのWSDOと言う団体の製品です。この団体は1975年に政府によって設立されましたが、1990年に独立してポカラ(ヒマラヤの麓で観光地として有名な都市)を中心に活動しており、伝統的な手織布を用いたバッグなどを作っています。生産者は、カーストの低い人や障害者、ハンセン病の人を優先的に採用し、現在では100人以上を雇用しています。 WSDO内で糸の紡ぎ、染めも行い、布を織り上げています。WSDOが作る手織布の特徴は、その織り方にあります。 私たちがよく目にする機(はた)を使わず、「地機織(じばたおり)」という手法で織られます。特徴はタテ糸を腰でつり、必要な時にだけタテ糸に張力をかけることができます。 そのため、独特の風合いが出ます。

もう一つ紹介している石鹸の写真のShe with Shapla Neer(シー・ウィズ・シャプラニール)は、バングラデシュとネパールからお届けする、アーユルヴェーダソープブランドです。
何千年もの間この地方で受け継がれてきたアーユルヴェーダ。そのレシピを用いてスキンケアのための新しいハンドメイドソープが生まれました。 1972年に日本の国際協力NGOの先駆けとして南アジアの支援活動を始めたシャプラニール。
She with Shapla Neer は、世界でも最貧国といわれるバングラデシュとネパールの中で、過酷な生活を余儀なくされている女性たちに焦点を当てたフェアトレードプロジェクト。
さまざまな事情から、仕事がなく、一家離散や売春をせざるを得なかった女性たちが、苦難を乗り越えた末に新しい仕事としてアーユルヴェーダソープ作りを始めました。そしてシャプラニールは彼女たちに寄り添い支えていきます。
子どものため、家族のために、アーユルヴェーダソープを作り販売していくこの取り組みは、彼女たちそれぞれの「生きることへの挑戦」なのです。(シャプラニールHP文より)
実際に手に触れて感触を確認したい方は是非ナルニアへ足を運んでくださいね。

ナルニア店主 丸田祥子

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
 
  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ナルニア

フェアトレードショップ ナルニア活動予定とフェアトレードの紹介

 こんにちは。
上半期も終わりいよいよ2015年下半期に突入です。
下半期のナルニアの活動としては9月6日(日)に予定されている新潟ふるさと村で行われる、にいがたNGOネットワーク主催の国際フェスティバルに出店の予定です。
その他にはクリスマスイベントなどがあれば積極的に参加していきたいと思っています。
 
 今回のフェアトレードの紹介とNGO紹介はフィリピンで活動しているDAWNを取り上げたいと思います。
DAWN(Development Action for Women Network:本部マニラ)は、日本から帰国したフィリピン女性エンターティナーとその子どもである(JFC:Japanese Filipino Children)の生計支援・エンパワーメント活動に携わっているNGOです。
DAWNは移住と海外労働契約に関する問題に援助するために1996年スタートしました。今日では、DAWNには帰還者、その子供たち、家族、地域のための幅広いサービスの基礎があります。まず、その社会的サービスを通して、DAWNは帰還者に対し緊急時の援助を提供しています。相談活動、法的援助、健康管理、そして教育と財政に関わる支援が例に挙げられます。また、スタッフとその他の居住民と共に、帰還した女性達と子供が生き、彼女ら・彼らが、地域と家族に再び溶け込むのを助けるために、一時避難所を経営しています。
 次に、その調査、教育、擁護の方法を用いて、移民がフィリピンに戻ってきたときだけではなく、彼らが仕事を求めて海外に行っている際に影響する法的、社会的、経済的条件を深く学んでいます。DAWNは以下の点において公共教育をするために情報を得ています。例を挙げると、
労働契約の裏側にある危険と現実。
女性とその子供たちが戻ってきたときに、彼女たちを地域が受け入れることの重要性(実際に多くの女性帰還者達がひどく非難されて、彼女たちが地域に受け入れられないのが現実です。)
また、DAWNは「テアトロあけぼの」と呼ばれる劇場グループを営んでいます。役者はフィリピン人と日本人との子供たちとそのフィリピン人母親たちです。舞台上で彼女達は経験と感情を混ぜて観客達に見せ、それを観客に伝えます。それに加えて、テアトルあけぼのは毎年来日し、DAWNは子供達が日本人父親に会う計画を立てています。
 
新潟でも過去、新潟市や三条市、長岡市などで公演を行ってきましたのでご覧になられた方も多いと思います。
そしてDAWNは代替生活プログラム、Sikhay(シクハイ)を持っています。Sikhay(シクハイ)プログラムでは、治癒力と収入源を得るために、また彼女たちが自分たちの仕事を始められるように、裁縫や手織物、紐の染色、その他より、彼女達を支える方法を訓練しています。Sikhay(シクハイ)の女性が作ったプリントシャツや服、雑貨はフェアトレード製品としてナルニアでも扱っています。これらの製品の多くは隣国のインドネシアのバテック布を使用してとてもエキゾチックな仕上がりで特に夏には大好評です。
近年は自分たちで染色の技術も習得して自分たちで染めた布を使用して製品作りも行っています。年々、製品のクオリティーも高くなって努力の結果が表れています。
ナルニアでは引き続きこの団体の製品提供を通して活動を支援していきたいと思っています。



文:フェアトレードショップ「ナルニア」店主 丸田祥子

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
 
 
  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ナルニア

沼垂のフェアトレードショップ「ナルニア」

下半期(7月〜12月)はフェアトレード製品と併売で販売しているCDの即売が忙しく、にいがたNGOネットワーク主催の第5回にいがた国際フェスティバルにも出席出来ず本当に残念でした。11月だけは何とか時間が作れて新潟美術学園さん主催の「行く年来る年」展に参加してフェアトレード製品を紹介させて頂いてきました。

 
フェアトレードショップ「ナルニア」は新潟市内の沼垂という昔ながらの古い商店街の一角にあります。以前は賑やかな商店街だったようですが現在は年々お店も減ってきて寂しい街となっていました。ところが去年くらいから沼垂の市場通りに若い店主の方々が移っていらしてカフェや手作り雑貨、古書店、惣菜や、陶芸教室などなど魅力的なお店がぞくぞくとOPENし始めたのです。お店も一軒だけでは何の魅力もありません。
楽しいお店が増えることは本当に嬉しい事です。これを機会に沼垂の街散策をして下さる方が増えたらもっと嬉しいです。
 
 これから当店で扱っているフェアトレード製品を生み出しているNGOを紹介していきたいと思います。今回はパレスチナ・オリーブさんです。パレスチナ・オリーブさんは1998年から「ガリラヤのシンディアナ」のオリーブオイルを、2000年から「ナーブルス石けん工場」のオリーブ石けんと、「イドナ村女性組合」の刺繍製品をフェアトレードで輸入、全国で販売しています。今まで定番で販売していたオリーブ石けん(¥540税込)に2年ほど前からセージとザクロ入り(¥432税込)が発売されました。どちらも美容に良さそうです。

そしてパレスチナ・オリーブさんと言えばオリーブオイルです。(250cc¥1,264税込)無農薬有機栽培で作られたオリーブを搾ったものです。炒め物にはもったいないからパンに浸けて食べてほしいです。こちらのNGOを立ち上げた皆川さんは現在山梨県にお住まいですが出身は新潟市の方で1度、帰省された時にオリーブオイル等を使用してパレスチナ料理の講習会を行い大いに盛り上がった事がありました。これからもご活躍を期待しております。次回もまたNGO紹介続けたいと思いますので宜しくお願いします。
店主:丸田祥子
  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ナルニア

ナルニアより夏のフェアトレード商品の紹介です

「フェアトレードショップ ナルニア」から、近況が届きました。
 
暑いです。まだ今日現在で6月。梅雨も明けていないのに今年の夏は猛暑でしょうか。
毎年やってくる夏とどう向き合って快適に過ごすか。
フェアトレードショップとして2つ提案をさせて頂きます。
 
まずは、足元から涼しく暮らしたいと言う事でジュートサンダルがお薦めです。
これはバングラデシュのNGO団体「ジュート・ワークス」の製品です。
素材は名前の通りジュートで作られています。ジュートはジュート麻としてバッグにもなったりしていますが、とにかく
丈夫です。サンダルの場合は履いていると不思議に足に馴染んできて自分の足の形にへこんできてくれるんですよ。
吸湿性、放湿性に優れていて素足に心地よくさわやかな履き心地の室内専用サンダルです。
当店でも愛用者は多くて、履き始めて今回で3度目の買い替えですよとか遠方から買いに来て頂いたりとリピーターの多い
製品です。サイズはM、L、LLの3種類で価格はLLが¥1,700でMとLが¥1,600です。
なぜか男性ファンが多いのも特徴かな。是非お試しを!
次は石鹸を紹介します。汗ばむ季節はさっぱり石鹸で汗対策したいですものね。
最近は石鹸を含むコスメ系をフェアトレードとして製品化しているNGOが増えています。まずはネパールとバングラデシュを
支援しているシャプラニールさんがアーユルヴェーダ(インド地方の伝統医療)のレシピに基づき手作りされた石鹸を作りました。
生産者は全て女性で、皆さまざまな事情から仕事がなく大変な生活を強いられて苦難を乗り越えた末に、新しい仕事として石鹸を作り始めました。石鹸は顔、体、髪、赤ちゃん用と様々な用途に分けて種類があります。
私は顔用を毎日の洗顔に使用していますが、さっぱりしていながらローズ系のほのかな甘い香りに癒されています。
価格は全て¥1,000前後です。

毎日の暮らしの中に無理なく是非フェアトレード製品を取り入れて爽やかに夏を過ごして下さいね。
今年の後半以降は引き続きショップで素敵なフェアトレード製品を来店された方々に紹介していきたいと思います。
フェアトレードショップ・ナルニア
  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ナルニア

フェアトレードショップ ナルニアさんの活動報告

【Nネット会員フェアトレードショップ ナルニアさんより、会報vol.11に活動報告をお寄せいただきました。】

明けましておめでとうございます。
半年に1度にいがたNGOネットワークの会報を書かせて頂く事によって半年の振り返りが定期的に出来て感謝しています。

去年も各地で自然災害に見まわれた年でした。被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。今年は消費税値上げとか経済が大きく動きそうな気配ですが何があっても季節の移り変わりなどを楽しんで生活出来る気持ちでいられたら良いなと思います。

さて2013年後半7月〜12月の「ナルニア」の活動ですが、いつもの様に基本的には店を構えていますので、ショップ内でのフェアトレードの促進販売が中心ですが、出張販売(?)としては12月に新潟市内にある新潟美術学園さん主催の「往く年来る年」展にフェアトレード製品を展示販売させて頂きました。
その他には12月23日に朱鷺メッセの新潟コンベンションセンターのメインホールにて「フェスタ万代島2013」に参加させて頂きました。何年か前にも出店させて頂いた事がありまして、このイベントは毎年クリスマスの時期に万代島に集う各社が参加して、県民・市民参加型のお祭り形式になっています。
特に昨年は朱鷺メッセ開場10周年と言う事もあり特に盛大に行われました。FMポートさんや似顔絵、フェイスペイント、クリスマス塗絵などもあり楽しいイベントでした。


 

今回も1点フェアトレード製品を紹介したいと思います。冬になるとすっかり定番になったフェアトレードチョコレートです。ミルク、ビター、ナッツなど全5種類あります。100gで1枚あたり¥480と一般のチョコレートよりは多少お値段が高めの設定なのですが食べて頂くとカカオの香りが口いっぱいに広がって素敵です。お砂糖もサトウキビを使用して生産されており乳化剤や他の植物油脂を使わずにココアバターのみで練り合わせてあります。自然の生命力を重視して作られたチョコレート。
是非食べてみて下さいね。

写真は文章内の「フェスタ万代島2013」に出店した様子とフェアトレードチョコレートです。

フェアトレードショップ ナルニア

店主 丸田祥子

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
http://www.niigata-ngo.org/
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
http://niigata-ngo.jugem.jp/

【会員募集中】
にいがたNGOネットワークでは、随時会員を募集しています。
私たちと一緒に国際協力をしませんか。
にいがたNGOネットワークの趣旨にご賛同いただける団体、個人ならどなたでもご入会いただきます。
○会員サービス
・各種イベント、研修会、講習会などの参加
・会報などの配布、各種情報・資料の提供
・ホームページの利用など
○年会費
《 正会員 》 学生 1,000円 個人 5,000円 団体 8,000円
《 賛助会員 》 10,000円(1口以上)
*年会費振込先 郵便振替(口座番号) 0570−8−100387
加入者名 にいがたNGOネットワーク

  • Hatena Bookmark