にいがたNGOネットワーク

ニュース

【主催イベント】

2019.10.27(日)にいがたフェアトレードフェスティバル(於:NEXT21)

 

【会員団体イベント】

2019.6.23 「胤森なお子さん講演会『日本のフェアトレードタウン運動』にいがたフェアトレード推進委員会

 

【お知らせ】

2019.7.15 会報vol.22(2019年7月号)が完成しました。

 

2018.11.29 にいがたNGOネットワーク会員活動紹介ビデオを一般公開しました

 

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログのアクセス数 Access log

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

2019年6月のアクセス数は

 

2325

 

でした。

2019年5月2106

2019年4月:1567

2019年3月:1443

2019年2月:4093

2019年1月:2253

 

2018年の合計は【36488】でした。

2018年12月は1982

2018年11月は1378

2018年10月は1567

2018年9月は1797

2018年8月は2657

2018年7月は4078

2018年6月は2416

2018年5月は1537

2018年4月は1259

2018年3月は8743

2018年2月は4601

2018年1月は4473

 

2017年の合計は30256

2017年12月は4364

2017年11月は2716

2017年10月は2263

2017年9月は2530

2017年8月はデータなし

2017年7月は5433

2017年6月は2130

2017年5月は1871

2017年4月は1985

2017年3月は1853

2017年2月は1569

2017年1月は3536

 

2016年の合計は26782

2016年12月は1689

2016年11月は3507

2016年10月は4674

2016年9月は1883

2016年7月・8月データなし

2016年6月は1724

2016年5月は2104

2016年4月は2684
2016年3月は2849
2016年2月は3089
2016年1月は2579

2015年の合計は24407(但し10月の数が含まれていません)
2015年12月は2579
2015年11月は1548
(2015年10月データなし)
2015年9月は3060
2015年8月は2096
2015年7月は2447
2015年6月は2021
2015年5月は1538
2015年4月は1621
2015年3月は2623
2015年2月は2241
2015年1月は2633

2014年の合計は23441
(但し1月〜2月の数が含まれていません)
2014年12月は2029
2014年11月は1547
2014年10月は1740
2014年9月は2147
2014年8月は1465
2014年7月は2520
2014年6月は2572
2014年5月は3731
2014年4月は3788
2014年3月は1902

2013年の合計は52427(前年より+19061)
2012年の合計は33366(前年より+2756)
2011年の合計は30610

2010年12月は1333
2010年11月は1578
2010年10月は1392
2010年9月は1943
2010年8月は1376
2010年7月は1188

たくさんのご訪問ありがとうございました。
ツイッター @niigatngo
http://www.facebook.com/niigatango
 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告(2019年1月〜2019年6月)

にいがたNGOネットワーク活動報告(20191月〜20196月)

 

注) にいがたNGOネットワーク=Nネット 

   新潟県国際交流協会=新潟県協会  

   新潟市国際交流協会=新潟市協会と略

 

01 主催事業

 1) 2018年度国際協力人材育成セミナーを開催(主催:Nネット、新潟県協会[委託])

  日程 32日(土)、クロスパル

  主題 SDGsを農業から考える 〜協生農法による貧困と環境問題の解決〜

  講演 農業で貧困をなくす 〜ブルキナファソでの協生農法の実践

  講師 太田耕作氏

    (一社)シネコカルチャー講師、螢愁法璽灰鵐團紂璽織汽ぅ┘鵐晃Φ羹螢螢機璽船▲轡好織鵐

  ワークショップ(人間図書館方式)

  コーディネーター 小黒淳一氏(国際教育研究会RING企画委員会委員長)

 「本(講師)」 太田耕作氏、大出恭子氏(グリーン・フィロソフィー、総合司会)、岡田篤志氏(にいがたフェアトレード推進委員会(FT推進委)共同代表)、斎藤秀一氏 (アジアクラフトリンクACL理事長)、藤田純子氏 (新潟県青年海外協力協会(JOCA新潟)前会長)

  参加 46人(講師等を含む)

  後援 新潟県、新潟市、新潟市協会、新潟日報社

 2) 第21回国際教育研究会を開催(主催:Nネット 共催:JICA東京)

  日程 22日(土)、クロスパル 

  主題 2018年度JICA教師海外研修報告会 

  講師・報告者 新潟清心女子高校教諭 関山茂樹氏、加茂農林高校教諭 加藤歩氏・同校生徒3人、新潟県教育庁 菅一典氏(行政官コース)他

  参加 47人(うち学生・生徒10人、教員19人)

  後援 新潟県教委、新潟市教委

 

02 参加・協力

 1) 新潟県協会主催「国際理解教育推進協議会」(3/7、朱鷺メッセ)に出席

 2) 新潟県協会主催「平成31年度国際交流連絡会議」(4/26、朱鷺メッセ)に出席

 3) 「万代アースフェスタ2019」(5/35、万代シテイ)に協力

  出展 AFSFT推進委、NASVIANVC、アピの会、ナルニア、JOCA新潟、民際センター

 ボランティア 新潟大学・新潟経営大学の学生・留学生等がキッズコーナーを運営し、民族衣装ファッションショーに出演

 4) ACL主催「2019ミャンマー展」(4/205/11、北方文化博物館)を後援

 5) 新潟市協会主催「令和元年度にいがた国際ネットワーク会議」(6/1、クロスパル)に出席

 

03 会報

  Vol.211月号)発行 400部 

 

04 会議関係

 2018年度第4回理事会

 日程 414日(日)、新潟市市民活動支援センター

 内容 2019年度事業計画・収支予算、スタディツアー等参加助成の取扱い方針等を議決

 出席 13人(電磁的表決3人を含む)

 2019年度第1回理事会

 日程 69日(日)、クロスパル

 内容 2019年度通常総会付議事項を議決、副理事長に赤石隆夫氏(民際センター)を選任

 出席 14人(電磁的表決及びオブザーバー各1人を含む)

 2019年度通常総会

 日程 69日(日)、クロスパル

 内容 2018年度事業報告・決算報告、2019年度事業計画・収支予算を議決、理事に岡田篤志氏(FT推進委)を選任

 出席 29人(委任状8人及び来賓3人を含む)

 

05 今後の主な予定

 1) にいがたフェアトレードフェスティバル2019を開催

  日程 1027日(日)、NEXT21 1階アトリウム

  目的 フェアトレードの啓発普及

  企画 実行委員会(新潟国際情報大学学生サークルNUISFTFT推進委等で構成)

  内容 会員団体等によるブースでのフェアトレード品等の販売、パネル展示、ワークショップ、ステージでの民族舞踊やファッションショー・活動紹介

 2) 国際教育研究会RINGを開催

    9月以降に県内各地で5回の開催を予定

 3) 国際交流・国際協力団体発表展示会(新潟市協会主催)に参加

    日程 1025日〜27日、クロスパル

 4) 2019年度第2回理事会を開催(1110日)

 5) スタディツアー等参加学生に助成

    会員団体のスタディーツアー等に参加する学生に11万円を助成(1団体3人まで)

 

事務局長 小畑正敏

  

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

わたしたちについて

にいがたNGOネットワーク とは

私たち、にいがた NGO ネットワーク(通称 N ネット)は新潟県内に拠点を置く国際協力 NGO とサポーターの集まりです。
会員同士で情報交換をしながら、イベントなど、お互いの活動を助け合っています。

組織概要

名称
特定非営利活動法人にいがた NGO ネットワーク
通称
N ネット(エヌネット)
住所
新潟県新潟市中央区堀之内南2-15-1
設立日
平成20年(2008年)11月28日
目的
会員相互の情報交換や連携、協力を図るとともに新潟県、市町村、国際交流協会などの国際関係団体と連携して、国際協力を推進し国際化の進展に寄与する。
主な活動
  • 国際協力
  • 国際交流
  • 地域共生
  • フェアトレード
会員数
正会員 団体 12名 個人 21名 学生会員 1名 賛助会員 10名・団体(2019年6月9日現在)
通常総会

役員(任期:2020年度通常総会まで)

顧問
   本間 榮三郎(前理事長)
顧問
   関 昭一(学校法人新潟青陵学園理事長)
理事長
荒 幸男(特定非営利活動法人 新潟国際援助学生ボランティア協会理事長)
副理事長
町屋 隆
副理事長(役職新任)
赤石 隆夫(公益財団法人 民際センター理事・新潟ドナー連絡会世話人、新潟大学医学部医学科総合医学教育センター教育支援員)
常務理事
小畑 正敏(兼事務局長)
理事
青山 清道(特定非営利活動法人 にいがた森林の仲間の会顧問)
理事
大出 恭子(グリーン・フィロソフィー)
理事(新任)
岡田 篤志(兼事務局次長、にいがたフェアトレード推進委員会共同代表)
理事
小黒 淳一(国際教育研究会企画委員会委員長、佐渡市立新穂中学校教諭)
理事
金子 洋二(特定非営利活動法人 新潟国際ボランティアセンター理事、大正大学地域創生学部准教授)
理事
倉田 洋子(NGO新潟アピの会会長)
理事
原 千賀子(元ネパール・ムスタン地域開発協力会理事)
理事
丸田 祥子(フェアトレードショップ ナルニア)
理事
横堀 正晴(国際フェスティバル企画委員会委員長、新潟県立長岡高等学校副校長)
監事
荒川 久美子(夢の橋 多言語紙芝居)
監事
原口 央(特定非営利活動法人 新潟国際援助学生ボランティア協会事務局長、新潟県立出雲崎高等学校教頭)
  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

通常総会の報告等について

2019年度通常総会を開催しました。

ご出席いただきました会員、ご来賓の皆様、有難うございました。

また、委任状のご提出等につきましても、併せて、御礼申し上げます。

 

総会では、2018年度事業報告・決算報告、2019年度事業計画・収支予算を、提案のとおりご承認いただきました。

今年度は、1027日(日)に、NEXT211Fアトリウムで、「にいがたフェアトレードフェスティバル2019」を開催いたします。

また、例年のとおり、国際教育研究会や国際協力人材育成セミナーを予定しています。

 

なお、総会において、にいがたフェアトレード推進委員会共同代表の岡田篤志さんが、新しく、理事に選任されました。

岡田さんには、事務局次長を務めていただくことも、ご快諾いただきました。

また、総会に先立って開催された第1回理事会において、民際センターの赤石隆夫理事が、副理事長に選任されました。

町屋副理事長とともに、副理事長2人体制となります。

 

総会後の記念講演では、国際教育研究会(RING)の小黒理事から、SDGsや国際理解教育とRINGの取組みなどについて、真摯な思いを込めて、分かりやすくお話しいただきました。

また、交流会では、楽しく、親しく、和やかに、参加者が交流しました。

 

今年度もよろしくお願いいたします。

理事会
赤石新副理事長
総会
岡田新理事
小黒講師
交流会

 

     Nネット事務局長 小畑正敏

 

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

2018年度事業報告(2018年5月〜2019年4月)

2018年度事業報告(2018年5月〜2019年4月)

 

1) 各団体は法人格、法人の種類及び敬称、「新潟県」等を省略し、以下のとおり略称で記載

当会:Nネット、新潟県国際交流協会:県協会、新潟市国際交流協会:新潟市協会、教育と環境の「爽」企画室:「爽」企画室、NGO新潟アピの会:アピ会、民際センター・新潟ドナー連絡会:民際、夢の橋・多言語紙芝居:夢の橋、アジアクラフトリンク:ACL、新潟国際援助学生ボランティア協会:NASVIA、新潟国際ボランティアセンター:NVC、にいがたフェアトレード推進委員会:FT推進委、AFS日本協会新潟支部:AFS、フェアトレードショップ ナルニア:ナルニア、日本車いすダンススポーツ連盟新潟県支部:車いすダンス

2) 会場の所在地は、クロスパルにいがた(クロスパル):新潟市中央区礎町通3ノ町2086、新潟市市民活動支援センター(NCCT):新潟市中央区西堀前通6番町894-1   

3) 5月〜12月は2018年、1月〜4月は2019

4) 記載ないときの主催はNネット

 

1 10周年記念事業【収入:521千円、支出:232千円】

 1) 目的

特定非営利活動法人認証10周年を記念してチャリティーコンサートを開催し、多くの市民に当会と会員団体等による国際協力活動を紹介するとともに、収益を、若者の国際協力活動参加促進に活用する。

 2) 概要

  〔松痢々餾欟力チャリティーコンサート

 ◆‘程 11月24日(土)、新潟市民プラザ(NEXT21 6F)

  体制 主催 Nネット

      補助 県協会

      後援 新潟県、新潟市、新潟市協会、新潟日報社、JICA東京

 ぁ.船吋奪函^貳1,500円、高大学生1,000円、小中学生500円 *当日券は500円増

          プレイガイド…えん、ヤマハ、伊勢丹、コンチェルト、ナルニア

 ァ〕莨貅埒堯190人

 3) 内容

  第1部 国際協力活動の紹介

以下の会員団体等の国際協力活動を、国際映像メディア専門学校(i-MEDIA)の協力を得て制作した映像により紹介し、最後に、スタディツアーに参加した大学生がスピーチ

NVC、アピ会、「爽」企画室、NASVIA、青年海外協力協会、民際、FT推進委、ナルニア、ACL、ミャンマーの医療を支援する会、夢の橋、国際教育研究会(RING)、元ネパール・ムスタン地域開発協力会          

  第2部 コンサート

       以下の若手音楽家によるクラシック音楽のコンサート

        チェロ:前田美華氏、ピアノ:安藤未玲氏、プラノ:小山瑠美子氏・ピアノ:斉藤晴海氏

 4) 出展

  〇毀吋廛薀競蹈咫次淵侫Д▲肇譟璽鰭陛販売)…NVC、アピ会、ナルニア 

 ◆‘吋潺縫ャラリー(パネル展示、11/22〜29)… アピ会、RING、車いすダンス、NVC、Nネット

 5) 広報

  .船薀掘_駟鵑畔擦擦7月下旬に会員、関係機関等に送付(一部はポスターを同封)

 ◆.櫂好拭次.廛譽ぅイド、新潟駅連絡通路、クロスパル、JR駅・公民館等に掲示

  告知等 朝日新聞(11/16ガイド)、市民プラザ11月予定表、県協会メルマガ、新潟市協会広報紙、Nネット・会員団体HP、フェイスブック等

 6) 収支

    収入521,367円…チケット421,367円(一般239枚、高大57枚、小中10枚)+県協会100,000円

    支出 231,783円…ホール等86,100円+出演者等52,000円+映像制作30,000円他

    差引289,584円…収益の取扱方針を理事会で議決

 7) 効果 

国際協力活動に関わりのない一般市民が多く来場し、映像やスピーチを通じて、地元で国際協力・国際支援に取り組んでいる団体の活動状況等を知り、関心を高めたことは、今後の新潟における国際協力活動の展開にとって意義深い。

なお、この事業の成功により、当会会員団体が実施する海外へのスタディツアー等に参加する学生へ助成する原資を得ることができた。

※主なアンケート結果(/有効回答)

項目

割合

内訳

国際交流・協力活動に関わっていない

48%

第1部から国際協力について新たな情報や視点を得られた

93%

大いに67%、まあまあ26%

国際協力活動や若者の参加支援に今後協力したい

72%

本日のチャリティーコンサート全体を通じて良かった

97%

とても76%、まあまあ21%

 

2 研修事業【収入:180千円、支出:155千円】

 1) 目的

無耕起、無農薬などにより生態学的最適化状態の有用植物を生産する協生農法が、SDGsが解決を求める多くの課題に効果的であることを、西アフリカのブルキナファソでの実践例などにより学び合うとともに、セミナーに参加した農業関係者に、国際協力についても関心を高めてもらい、今後、国際協力活動に参加するための契機とする。

 2)概要

  〔松痢(神30年度国際協力人材育成セミナー

 ◆ー臑蝓SDGsを農業から考える 〜協生農法による貧困と環境問題の解決〜

  日程 平成30年3月2日(土)、クロスパル3F 多目的ルーム1

 ぁ‖寮 主催 Nネット、県協会[委託:平成30年度NGOスタッフ育成研修]

       後援 新潟県、新潟市、新潟市協会、新潟日報社

 ァ〇臆暖顱〔砧

   参加者数 46人(講師等を含む)

 3) 内容

  々岷蕁、┸聞圈大出恭子理事(グリーン・フィロソフィー)

   演題 「農業で貧困をなくす 〜ブルキナファソでの協生農法の実践」

   講師 太田耕作氏

   (一社)シネコカルチャー講師、螢愁法璽灰鵐團紂璽織汽ぅ┘鵐晃Φ羹螢螢機璽船▲轡好織鵐

  ◆.錙櫂ショップ:人間図書館 ※進行:小黒淳一理事(国際教育研究会RING企画委員会委員長)

      参加者が、以下の5冊の「本」(講師)から選択した「本」を回り、「本」の経験や思いを読んで(聞いて)対話し、最後にアンケートを基にセミナーを振り返る。

太田耕作氏、大出恭子氏、岡田篤志氏 (FT推進委共同代表)、斎藤秀一氏 (ACL理事長)、藤田純子氏 (青年海外協力協会前会長)

 4) 広報

  .船薀掘_駟鵑畔擦擦1月下旬に会員、関係機関等に送付(一部はポスターを同封)

            今回は、県・近隣主要市の農政担当課、農業高校にも送付

 ◆.櫂好拭次.ロスパル、新潟駅連絡通路、新潟市総合福祉会館、会員団体事務所 他

  告知等 新潟日報(2/20)、新潟市協会広報紙「かけはし」、県協会メルマガ、Nネット・会員団体HP、フェイスブック等

 5) 効果

    当初の見込みどおり、多くの農業関係者が参加し、アンケートでは、国際協力等に関して高い評価が得られており、本セミナーは、当初の目的を達成することができた。

    ※主なアンケート結果(/有効回答)

項目

割合

内訳

農業関係者

44%

講演から国際協力について新たな情報や視点を得られた

82%

大いに52%、まあまあ30%

WSから国際協力について新たな情報や視点を得られた

79%

大いに50%、まあまあ29%

セミナー全体を振り返って満足

92%

大変54%、まあまあ38%

 

3 調査研究事業【収入:158千円、支出:148千円】 

   共通事項

      名称 第17回〜第21回国際教育研究会

        主催・後援等      

区分

第17回

第18回

第19回

第20回

第21回 

主催

Nネット・県協会(委託)

Nネット

共催

JICA東京

後援

県教委・JICA東京

県教委

長岡市教委

新潟市教委

上越市教委

新潟市教委

新潟市教委

       主宰 国際教育研究会企画委員会(RING、委員長:小黒理事)

      参加費 無料

【第17回国際教育研究会】 

 日程 7月28日(土)、ながおか市民センター

 主題 世界がもし100人の村だったらワークショップ

 目的 国際理解教育などに関心ある人や参加型教材の手法に興味がある人等への入門編

 内容 クイズや役割カードを通して、世界の多様性と貧富の差を体験的に学ぶ

    参加者 17人

    アンケート…大変満足34%、まあまあ満足66% 

【第18回国際教育研究会】

 日程 9月29日(土)、クロスパル 多目的ルーム2

 主題 大学生による国際理解ワークショップ

 目的 参加者の国際理解を深め、大学生ファシリテーターのスキルアップも目指す。

 内容 県立大学の5人のファシリテーターが国際理解ワークショップを展開

    参加者 31人 

    アンケート…大変満足84%、まあまあ満足11%、やや不満5% 

【第19回国際教育研究会】

 日程 11月10日(土)、上越市市民プラザ

 主題 スマホから考える世界・私・SDGs

 内容

  第1部 講師 (特活)開発教育協会(DEAR)阿部眞理子氏・伊藤容子氏

   内容 スマホに不可欠なレアメタル産出国の紛争やフェア・フォンの事例などを紹介

  第2部 講師 村上市立荒川中学校教諭 増田有貴氏

   演題 地域貢献活動×SDGs(総合的な学習の時間での取組)

 参加 25人(うち大学生12人、教員9人)

 アンケート 今回のセミナーに満足100%(大変79%、まあまあ21%)

【第20回国際教育研究会】

 日程 12月1日(土)、クロスパル

 主題 NVCオリジナル教材体験を通したグローバル教材づくり

 講演 講師 DEAR:中村絵乃氏

 演題 グローバル教材・プログラムづくりの視点

 ワークショップ 講師 NVC共同代表:三上杏里氏、同:中野伊吹氏

  テーマ NVCオリジナル教材体験

 参加 24人(うち学生・生徒5人、教員7人)

 アンケート 今回のセミナーに満足100%(大変89%、まあまあ11%)

【第21回国際教育研究会】

 日程 2月2日(土)、クロスパル 

 主題 JICA教師海外研修報告会 

 講師等 新潟清心女子高校教諭 関山茂樹氏、加茂農林高校教諭 加藤歩氏・同校生徒3人

  新潟県教育庁 菅一典氏(行政官コース)他

 参加 47人(うち学生・生徒10人、教員19人)

 アンケート 今回のセミナーに満足100%(大変88%、まあまあ12%)

 

4 スタディツアー事業 【収入:0千円、支出:0千円 】

     10周年記念事業の収益を活用する会員団体のスタディツアー等に参加する学生への助成について、取り扱い方針及び2019年度からの助成を決定

 

5 国際支援事業 【収入:0千円、支出:0千円 】

    該当事業なし   

 

6  参加・協力事業 【収入:80千円、支出:73千円 】

 1) 関係団体の会合・イベント等に参加・協力 

  )代アースフェスタ2018に協力 【収入80千円、支出71千円】

 主催 万代アースフェスタ実行委員会(万代シテイ商工連合会商店街振興組合、NST等)

 協力 Nネット(協力内容:出展、キッズコーナー、民族衣装ファッションショー)

 日程 5月3日(木)〜5日(土)

 会場 万代シテイ *出展場所はワールドヴィレッジ(ガルベストン通り)

 出展 青年海外協力協会、NASVIA、民際、ナルニア、アピ会、NVC、AFS

 ボランティア 新潟大学・新潟国際情報大学学生等

 ◆々餾欷鯲・国際協力団体発表展示会に参加 【収入0千円、支出2千円】

 主催 新潟市協会

 日程 10月19日(金)〜21日(日) *新潟市中央公民館文化祭同時開催

 会場 クロスパル2階(共同利用室)

 出展 パネル展示

 景品 クイズラリーに出題し、景品にフェアトレードハーブティー(ナルニア)を提供

  にいがた国際交流・協力団体ネットワーク会議(主催:新潟市協会)に出席

 主催 新潟市協会

 日程 5月12日(土)、クロスパル 

 お話 「地域における団体運営について」…三上杏里NVC共同代表

 ぁ.▲垈颪稜末恒例カレーパーティーに参加(12/14、アピ会事務所)

 ァ/軍禪立生涯学習センターの「平成30年度自作映像・視聴覚教材コンクール」で奨励賞受賞

    国際協力チャリティーコンサート第1部「国際協力活動紹介の映像」を出品(表彰式3/14)

 Α仝協会の「国際理解教育推進協議会」に理事長が出席(3/7、朱鷺メッセ)

 А仝協会の「平成31年度国際交流連絡会議」に2人出席(4/26、朱鷺メッセ)

 2)  会員団体等の事業を支援 

  〃狠弔△韻椶凌軍禪演及び交流事業(主催:劇団あけぼの新潟公演実行委員会)を後援

                        FT推進委とナルニア等で構成

     公演:5/27・なじらね沼垂しんこ屋、交流会:5/28・新潟市内小学校

 ◆‖30回愛のかけ橋バザー&フェスタ(主催:NVC)を後援  

     日程 10/6〜7、ピアBandai「ピアテラス」 

  2019ミャンマー展(主催:ACL、4/20〜5/11、北方文化博物館)を後援

 

7 啓発普及【収入0千円、支出183千円】

 1) 会報【収入0千円、支出129千円】

 vol.20(7月号)600部、Vol.21(1月号400部)を発行

 2) ホームページ【収入0千円、支出54千円】

  ‐霾麋信力を強化しスマートフォンからも読みやすくするために、サイトをリニューアル

 ◆〃佝饑畍困里燭瓠▲機璽弌爾鬟蹈螢櫂奪廚吠儿…ドメイン(アドレス)変更なし 

 

8 主な会務等

 1) 2018年度通常総会等を開催 【収入34千円、支出92千円】

  〃荵惨萄

 開催 5月20日(日)10:30〜、クロスパル305講座室

     出席 監事2人、立会い2人

 ◆‖1回理事会

 日程 6月10日(日)11:00〜、クロスパル交流ホール2

 議事 総会付議事項等を議決

     出席 理事8人(うち電磁的表決2人)+監事2人+オブザーバー1人

  通常総会

  ・ 総会

      日程 6月10日(日)13:00〜、クロスパル交流ホール2

      議事 平成29年度事業報告・決算、平成30年度事業計画・予算を議決

定款第13条第1項第3号を改正…理事定数を「10人以内」から「15人以内」に

役員を選任…全役員を再任し、新理事に赤石隆夫氏・丸田祥子氏を選任

      出席 23人(来賓・オブザーバーを含む) *委任状を含む正会員出席者は29人

   ・ 記念講演

      講師 小林香織様

          NPO法人ジャパンパラダンススポーツ協会 日本車いすダンススポーツ連盟新潟支部 公認インストラクター

      演題 つながる だれかがそばにいてくれるとうれしいなと想う時間

          〜臨終心理学から地域社会へのインクルージョン〜

   ・ 法人化10周年記念祝賀会    

      参加者19人(参加費2,000円) 

 ぁ‖2回理事会

 日程 6月10日(日)13:50〜、クロスパル交流ホール2

 議事 理事長・副理事長・常務理事の互選…全員再任を議決

     出席 理事8人+監事2人

 ァ‖3回理事会

 日程 11月11日(日)、i-MEDIA 1F

 内容 上半期の事業・収支報告、10周年記念事業・国際協力人材育成セミナー等を審議

     会議に先立ち、国際協力活動紹介映像を試写

     出席 理事10人(うち電磁的表決1人)+監事2人

 Α‖4回理事会

 日程 4月14日(日)、NCCT研修室

 内容 下半期の事業報告・収支見込み、2019年度事業計画・収支予算、2019年度通常総会

   スタディツアー参加助成の取扱い方針

 出席 理事11人(うち電磁的表決3人)+監事2人

 2) 所轄庁(新潟市)へ報告

     7月10日に事業報告書等、役員変更届出書並びに定款変更届出書を提出

 3) NCCTの利用団体に登録(10月)

 

 

 

2018年度決算報告

1.収支計算書

2.貸借対照表

3.財産目録

2019年度事業計画

2019年度収支予算

 

にいがたNGOネットワーク

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

収支予算

にいがたNGOネットワーク

2019年度収支予算 【2019年5月1日〜2020年4月30日】

 

単位:円

科目 2018年度 予算比 2019年度 備考(予算内訳)
予算 a 決算 b c=d-a 予算 d
I 収入の部
 1 会費収入 309,500 298,210 -13,500 296,000

1) 正会員

210,500 199,360 -13,500 197,000 団体(8,000円)12団体
個人(5,000円)20人
学生(1,000円)1人

2)賛助会員

99,000 98,850 0 99,000 (10,000円)10人・団体
 2 委託料・補助金 400,000 438,714 60,000 460,000

1)業務委託料

360,000 338,714 0 360,000 県協会:教育研究会 180,000円
県協会:育成セミナー 180,000円

2)補助金

40,000 100,000 60,000 100,000 県市協会:フェスティバル 100,000円
 3 寄付金 5,000 6,460 0 5,000

1)一般寄付金

5,000 6,460 0 5,000

2)国際支援寄付金

0 0 0 0
 4 事業収入 390,000 549,827 -225,000 135,000 万代アースフェスタ協力費 80,000円
交流会参加費 20,000円
 5 雑収入 1,000 2 0 1,000 利息等
 当期収入合計 A   1,105,500 1,293,213 -208,500 897,000
 前期繰越収支差額 311,284 311,284 206,771 518,055 うち10周年記念収益 289,584円
 収支合計 B 1,416,784 1,604,497 -1,729 1,415,055
II 支出の部
 1 事業費 956,000 787,761 -70,000 886,000

1)フェスティバル

200,000 200,000 NEXT21(1Fアトリウム)

1)10周年記念事業

260,000 231,783 -260,000

2)研修

160,000 154,263 0 160,000 人材育成セミナー(県協会委託)

3)調査研究

160,000 147,013 0 160,000 国際教育研究会(県協会委託)

4)スタディツアー

100,000 0 1,000 101,000 会員団体の参加学生に助成等

5)国際支援

1,000 0 0 1,000

6)参加・協力

80,000 72,242 0 80,000 万代アースフェスタ等

7)啓発普及

195,000 182,460 -11,000 184,000

_駟

130,000 128,248 0 130,000 vol 22・vol23 各500部

▲曄璽爛據璽

65,000 54,212 -11,000 54,000 管理費、サーバー・ドメイン使用料
 2 管理費 249,500 238,681 -8,500 241,000

1)会議費

100,000 91,017 -15,000 85,000 総会、理事会等 65,000円 
交流会 20,000円

2)旅費

10,000 10,000 0 10,000 出張旅費等

3)通信費

120,000 120,000 0 120,000 連絡経費等

4)共通管理費

19,500 17,664 6,500 26,000 県協会賛助会費他
 3 予備費 100,000 60,000 -20,000 80,000
 当期支出合計 C 1,305,500 1,086,442 -98,500 1,207,000
当期収支差額 A-C -200,000 206,771 -110,000 -310,000
特別準備金操出額 D 0 0 0 0
次期繰越収支差額 B-C-D=E 111,284 518,055 96,771 208,055 うち10周年記念収益 189,585円
特別準備金残高 1,500,000 1,500,000 0 1,500,000 定期預金
合計 E+F=G 1,611,284 2,018,055 96,771 1,708,055

 

2018年度 事業報告

2018年度 決算報告

1 収支計算書

2 貸借対照表

3 財産目録

2019年度 事業計画

2019年度 収支予算

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

2019年度事業計画 【2019年5月〜2020年4月】

にいがたNGOネットワーク

2019年度事業計画【2019年5月〜2020年4月】

 

機ヾ靄槓針

 1 2002年度に設立され、200811月に特定非営利活動法人に移行した本会(「Nネット」)は、移行後10年の活動を通じて、組織体制が定まり、事業の多様化が図られてきたが、昨年の「法人化10周年記念 国際協力チャリティーコンサート」の成功を機に、次の10年においても、県内NGOとともに、国際協力活動の一層の推進を図る。

2 近年、減少傾向にある会員の拡大を図りながら、広範に寄附を募るなど、収支改善に努めるとともに、将来的な事業拡大や運営改革に備えた特別準備金を現状で維持する。また、10周年記念事業の収益は、若者の国際協力活動参加促進に向けた特定財源とする。

※会費納入会員数(2019年度は予算)

年度

2012

2013

2014

2015

2016

2017

2018

2019

団体会員

11

11

13

12

12

11

12

12

個人会員

25

33

28

29

27

23

22

20

学生会員

 

 

 

 

 

 

1

1

賛助会員

8

8

14

13

14

12

10

10

44

52

55

54

53

46

44

43

 

供〇業方針

 1 フェスティバル【収入100千円、支出200千円】

  1)  目的

    従前の「にいがた国際フェスティバル」をあらため、新たなコンセプトとして、フェアトレードの啓発、普及を主たる目的とする一般市民対象のイベントを開催し、併せて、会員団体の国際協力活動の普及と財政的支援を図る。

  2) 概要

   名称 にいがたフェアトレードフェスティバル2019

   主催 Nネット

   日程 2019年10月27日(日)

   会場 NEXT21 1F アトリウム

   補助 県協会、新潟市協会

   後援 新潟県、新潟市、新潟日報社等

   内容 パネル展示、ブース物販、ゲームコーナー、ステージ(音楽、ダンス等)  

 

 2 研修事業 【収入180千円、支出160千円】 

  1)  目的

    国際協力・支援活動に携わっている団体・個人やこれからNGO活動を始めたいと考えている人、次代の活動を担う学生等を対象に、専門家を講師として招き、NGOやNPOの人材育成、自立運営に資する研修会を、会員団体の協力を得て開催する。

  2) 概要 

   名称 2019年度国際協力人材育成セミナー

  委託 県協会

  主催 Nネット、県協会

  日程 2020年2月〜3月

  会場 クロスパル

  主題 県協会の意向を踏まえ、会員団体と連携し時宜に即したテーマを設定

 

 3  調査研究事業 【収入180千円、支出160千円】 

  1)  目的

国際理解・協力教育に携わっている教員など教育・行政関係者や大学生等を主たる対象に、県内各地で研究会を開催し、外部講師や海外研修教師などの講演等により国際教育の促進を図る。

  2)  概要

  名称 第22回〜第26回国際教育研究会(RING)

  企画運営 国際教育研究会企画委員会(委員長:小黒理事)

  各回の細目    

区分

第22回

第23回

第24回

第25回

第26回

テーマ

児童労働

(ACEチェンジの扉ダイアログツアー)

世界一

大きな授業

大学生ファシリテーターによるワークショップ

未定

JICA

教師海外

研修報告

主催

Nネット・県協会

Nネット

委託

県協会

共催

JICA東京

後援

県教委、開催地市教委、JICA東京

県教委・

新潟市教委

時期

9月以降

会場

長岡市

佐渡市

新潟市

上越市

新潟市

  

 4 スタディツアー事業 【収入0千円、支出101千円】

    次代の国際協力・国際支援の人材育成を目指し、国際協力の現場を体験するスタディツアー等への若者の参加を促進するため、10周年記念チャリティーコンサートの収益を原資として、会員団体が実施するスタディツアー等への参加学生に対して、別掲の取扱い方針に基づき、助成金を交付する。

    また、引き続き、当会がスタディーツアーを円滑に実施するための諸課題について、会員団体と連携して検討を進める。

 

 5 国際支援事業 【収入0千円、支出1千円】

   開発途上国において国際的な支援が必要な大規模災害が発生した際に、募金活動など支援に取り組む。  

 

 6 参加・協力事業 【収入80千円、支出80千円】 

  1)  万代アースフェスタ2019

  主催 万代アースフェスタ実行委員会(万代シテイ商工連合会商店街振興組合等)

  協力 Nネット(協力内容:出展、キッズコーナー、民族衣装ファッションショー)

  日程 5月3日(金)〜5日(日)

  会場 万代シテイ *出展場所はワールドヴィレッジ(ラブラ2正面)

  2)  国際交流・国際協力団体発表展示会

  主催 新潟市協会

  日程 10月25日(金)〜27日(日) *新潟市中央公民館文化祭同時開催

  会場 クロスパル

  出展 パネル展示

 3) 関係団体会議・交流会 

  ,砲いた国際交流・協力団体ネットワーク会議(主催:新潟市協会)…6月1日(土)

 ◆々餾殕解教育推進協議会(主催:県協会)…3月(理事長が委員)

  国際交流連絡会議(主催:県協会)…4月

 4) 後援等

   会員団体の事業並びに当会の設置目的に合致する事業等を名義後援等で支援

  仝絮

   チャリティーダンスパーティー  *7月28日(日)、燕市吉田産業会館

   主催:ジャパンパラダンススポーツ協会 日本車いすダンススポーツ連盟新潟県支部

 

 7 啓発普及事業 【収入0千円、支出184千円】

  1) 会報発行

    年2回発行…vol.22(2019年7月)、vol.23(2020年1月) 各500部

  2)  ホームページ

    当会及び会員(団体)の活動状況を、積極的に周知・広報する。

 

 8 主な会議等

   6月  9日(日)通常総会…2018年度事業報告・決算、2019年度事業計画・予算等 

          第1回理事会…総会付議事項の議決等(総会前)    

   11月10日(日)第2回理事会…上半期事業報告等

   4月12日(日)第3回理事会…2020年度事業計画・予算等

 

 

2018年度 事業報告

2018年度 決算報告

1 収支計算書

2 貸借対照表

3 財産目録

2019年度 事業計画

2019年度 収支予算

 

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

2018年度決算報告 3 財産目録

 

 

にいがたNGOネットワーク

2018年度決算報告

3 財 産 目 録

(2019年4月30日現在)

(単位:円)
 

科目 期末金額 A 期首金額 B 増減額 A-B=C 備考
I 資産の部
 1 流動資産

現金預金

2,018,055 1,811,284 206,771

 手元現金

0 0 0

 普通預金

518,055 311,284 206,771

第四銀行普通預金

228,470 311,284 -82,814 にいがたNGOネットワーク

第四銀行普通預金

0 0 0 フィリピン台風募金7/6解約

第四銀行普通預金

0 0 0 ネパール地震募金
       第四銀行普通預金 289,585 0 289,585 Nネット10周年記念

 定期預金

1,500,000 1,500,000 0

第四銀行定期預金

1年定期:満期2019/10/1

1,000,000 1,000,000 0 特別準備金

第四銀行定期預金

1年定期:満期2020/4/21

500,000 500,000 0 特別準備金

流動資産合計 a

2,018,055 1,811,284 206,771
 2 固定資産

(なし)

0 0 0

固定資産合計 b

0 0 0

資産合計 a+b=c

2,018,055 1,811,284 206,771
II 負債の部
 1 流動負債

(なし)

0 0 0

流動負債合計 d

0 0 0

 

 2 固定負債 

(なし)

0 0 0

固定負債合計 e

0 0 0
 負債合計 d+e=f 0 0 0
正味財産 c-f=g 2,018,055 1,811,284 206,771

 

 

2018年度 事業報告

2018年度 決算報告

1 収支計算書

2 貸借対照表

3 財産目録

2019年度 事業計画

2019年度 収支予算

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

2018年度決算報告 2 貸借対照表

2018年度決算報告

2.貸借対照表

(2019年4月30日現在)

単位:円

科目 金額 科目 金額
I 資産の部 II 負債の部
 1 流動資産  1 流動負債
   手元現金 0    (なし) 0
   現金預金 2,018,055
    普通預金 518,055
    定期預金(特別準備金) 1,500,000
  流動資産合計 2,018,055   流動負債合計 0
 2 固定資産  2 固定負債
   (なし) 0    (なし) 0
 固定資産合計 0  固定負債合計 0
資産合計 a 2,018,055 負債合計 b 0
III 正味財産の部
 前期繰越正味財産 c 1,811,284
 当期正味財産増減額 d 206,771
正味財産合計 c-d=e 2,018,055
負債及び正味財産合計 e-b=f 2,018,055

※a=f

 

にいがたNGOネットワーク

2018年度 事業報告

2018年度 決算報告

1 収支計算書

2 貸借対照表

3 財産目録

2019年度 事業計画

2019年度 収支予算

 

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

2018年度決算報告 1 収支計算書 【2018年5月1日〜2019年4月30日】

2018年度決算報告

1.収支計算書【2018年5月1日〜2019年4月30日】

単位:円

科目 予算額 a 決算額 b 差引 b-a 備考
I 収入の部
1会費収入 309,000 298,210 -11,290

1) 正会員

210,500 199,360 -11,140

団体会員(8,000円)12団体

個人会員(5,000円)22人

学生(1,000円)1人

2)賛助会員

99,000 98,850 -150 (10,000円)10人・団体
2委託料・補助金 400,000 438,714 38,714

1)業務委託料

360,000 338,714 -21,286

県協会:教育研究会 158,714円

県協会:育成セミナー 180,000円

2)補助金

40,000 100,000 60,000 新潟市協会:チャリティーコンサート

3寄付金

5,000 6,460 1,460

1)一般寄付金

5,000 6,460 1,460

2)国際支援寄付金

0 0 0
4 事業収入 390,000 549,827 159,827

万代アースフェスタ協力費 80,000円

チャリティーコンサートチケット売上 421,367円

祝賀会参加費 34,000円

5 雑収入 1,000

2

-998 利息等
当期収入合計 A 1,105,500 1,293,213 187,713
前期繰越収支差額 311,284 311,284 0
収支合計 B 1,416,784 1,604,497 187,713
II 支出の部
1 事業費 956,000 787,761 -168,239

1)10周年記念事業

260,000 231,783 -28,217 会場使用料、出演者謝金等

2)研修

160,000 154,263 -5,737 人材育成セミナー(県協会委託)

3)調査研究

160,000 147,013 -12,987 国際教育研究会(県協会委託)

4)スタディツアー

100,000 0 ‐100,000 2019年度から助成開始

5)国際支援

1,000 0 -1,000

6)参加・協力

80,000 72,242 -7,758 万代アースフェスタ等
7)啓発・普及 195,000 182,460 -12,540
   _駟 130,000 128,248 -1,752 vol.20: 600部、vol.21: 400部
  ◆.曄璽爛據璽 65,000 54,212 -10,788 管理費、サーバー(変更)・ドメイン使用料
2 管理費 249,500 238,681 -10,819

1)会議費

100,000 91,017 -8,983

総会、理事会等 56,781円

交流会 34,236円

2)旅費

10,000 10,000 出張旅費等

3)通信費

120,000 120,000 連絡経費等

4)共通管理費

19,500 17,664 ‐1,836

県協会賛助会費他 10,000円

3 予備費 100,000 60,000 ‐40,000 HPリニューアル謝金
当期支出合計 C 1,305,500 1,086,442 -219,058
当期収支差額 A-C -200,000 206,771 406,771
特別準備金操出額 D 0 0 0
次期繰越収支差額 B-C-D=E 111,284 518,055 406,771 うち10周年記念収益 289,585円
特別準備金残高 F 1,500,000 1,500,000 0 定期預金
合計 E+F=G 1,611,284 2,018,055 406,771

 

にいがたNGOネットワーク

 

2018年度 事業報告

2018年度 決算報告

1.収支計算書

2.貸借対照表

3.財産目録

2019年度 事業計画【2019年5月〜2020年4月】

2019年度 収支予算【2019年5月1日〜2020年4月30日】

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

万代アースフェスタ2019

5/35/5に開催される万代アースフェスタに、例年のとおり、にいがたNGOネットワークの会員団体が出展します。

場所は、LoveLa2と万代シルバーホテルの間のガルベストン通りです。

 

また、3日間、ボランティアの大学生により、ゲームなどが楽しめるキッズコーナーを設け、5/511:30頃から、民族衣装ファッションショーを予定しています。

      3日(金) ナルニア、アピの会、青年海外協力協会、ルワンジャ&ラオスク

      4日(土) 民際センター、アピの会、フェアトレード推進委員会、ルワンジャ&ラオスク

      5日(日) 民際センター、NVCAFS学生部、ルワンジャ&ラオスク

 

 

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク総会

にいがたNGOネットワークの総会を開催いたします。

 

2019年6月9日(日)

13:00〜 通常総会

14:10〜 記念講演 国際教育研究会RING 企画委員長 小黒淳一

15:20〜 交流会(参加費1,000円、学生500円)

クロスパルにいがた 5F 交流ホール1

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

※満員御礼※ 3/2(土)国際協力人材育成セミナー 参考資料について

おかげさまで、3月2日(土)に開催する国際協力人材育成セミナー「SDGsを農業から考える〜協生農法による貧困と環境問題の解決」には、定員の40名を超えるお申し込みをいただきました。

 

当日の参考資料へのリンクです。

下記(1)の資料は配布予定です。

(2)は参考資料です。会場で配布はいたしませんので、興味のある方は、一般社団法人シネコカルチャーのサイトよりご覧ください。

 

1.ITUジャーナル「持続可能な開発目標(SDGs)−協生農法ー」

 

2.論文「人間による生態系の拡張:食料生産と科学の2045年目標」邦訳

※株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 舩橋 真俊さんの論文 “Human augmentation of ecosystems: objectives for food production and science by 2045” を同研究所リサーチアシスタント 兼 (社)シネコカルチャー講師・太田耕作さんが訳したものです。)

 

 

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

国際協力人材育成セミナー「SDGsを農業から考える 〜協生農法による貧困と環境問題の解決〜」

※満員御礼※

定員を超え、期限が過ぎましたので、お申し込みを締め切りました。お申し込みありがとうございました。

 

平成30年度国際協力人材育成セミナー

 SDGsを農業から考える 〜協生農法による貧困と環境問題の解決〜

 

参加無料

 

特別講師       太田 耕作 氏 

一般社団法人シネコカルチャー 講師

演題「農業で貧困をなくす 〜ブルキナファソでの協生農法の実践〜」

    ・地球環境と貧困の現状と課題

    ・協生農法について

    ・ブルキナファソでの協生農法実践例

    ・国内での実践例

人間図書館ワークショップ

 

2019年3月2日(土) 13:30〜16:30 *受付開始13:00

クロスパルにいがた 3階多目的ルーム1

(新潟市中央区礎町通3ノ町2086)  

 

定員40名

参加をご希望の方は、メールまたはFAXにて、氏名、電話番号、住所、団体名(所属している方のみ)をご記入の上、2月24日(日)までにお申し込みください。

 

申し込み・お問い合わせ先

TEL&FAX  025-247-2478

Mail   obata-m@ma.tlp.ne.jp

 

主催      (特活)にいがたNGOネットワーク、(公財)新潟県国際交流協会

後援  新潟県、新潟市、(公財)新潟市国際交流協会、新潟日報社

                            

講師プロフィール【太田 耕作 氏

1991年生まれ。青森県五所川原市出身。千葉大学教育学部スポーツ科学課程、東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻で学んだ後、より良い持続可能な社会を作るためには人間とその他の生物を統合的に扱う農業の研究が必要だと実感し、農学生命科学研究科博士課程に進学。2012年より舩橋真俊氏が提唱する協生農法(シネコカルチャー)の研究に参加し、実験農園での実践、講師としての協生農法の紹介活動と広く活躍。特技は整体。

一般社団法人シネコカルチャー 講師

(株)ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL) リサーチアシスタント

東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻博士後期課程 在学中

 

協生農法(英語名:シネコカルチャー)とは

無耕起、無施肥、無農薬、種と苗以外一切持ち込まないという制約条件の中で、植物の特性を活かして生態系を構築・制御し、生態学的最適化状態の有用植物を生産する露地作物栽培法。近年、持続可能な開発目標(SDGs)が解決を求める多くの課題、特に貧困や環境問題の解決に効果的として、国内外で注目を集める。

協生農法は、(株)桜自然塾 大塚隆氏による原形を元に、(株)ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL) 舩橋真俊氏が実践と改良を重ねている。一般社団法人シネコカルチャーは、協生農法研究の成果を社会に還元するために設立され、普及活動を行う。協生農法は、小さな土地があればどなたにでも実践可能。

 

人間図書館ワークショップ

県内NGO関係者や農業分野で国際協力に携わる人たちが「本」となって、自身の経験を語り、参加者と自由に対話する。

 

 

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク法人化10周年記念「国際協力チャリティ―コンサート」を終えて

 会員の皆様、お客様、多くの方々のご協力、ご支援をいただいて無事終える事ができました。

心より有難うございました。ご来場の方々より当方手元へ喜びの感想が寄せられましたので、ここに少しお知らせいたします。

 

〇フェアトレードの言葉に初めて出会い、素直に感動させられました。 

〇映像に登場のこども達と学生さん達の笑顔に救われ、応援したくなり、自分もまた仕事に頑張ろうと活力をいただきました。 

〇とても良い企画で、NGOのパネルや映像にて、活動のご苦労を垣間見させてもらいました。 

〇家庭的な雰囲気の中でアッという間の、すごく楽しいひと時でした。 

〇コンサートでは、ふだん聞けない演奏者のお話しも興味深く嬉しかったです。 

〇素晴らしい演奏に心癒されました。 

〇チェロの迫力、バッハの精神性、よく知るピアノ曲も表現の異なり、豊かさの発見があり、日本歌曲の美しさ楽しさ、オペラの醍醐味と感動しました。 

〇また聴きたい。

などなど他にも感謝感激の「声」が多数寄せられました。

 

映像の企画・制作に溢れるセンスと奮闘の学生さん方、心癒され、温かな演奏の先生方と皆様、無償のご協力にも改めて感謝申し上げます。

 歴史が一歩進む新年、にいがたNGOネットワーク、喜びのスタートとなりました!

 

      夢の橋 荒川久美子

 

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク(Nネット) 活動報告【平成30年7月〜12月】

にいがたNGOネットワーク(Nネット)

活動報告【平成307月〜12月】

 

1 主催事業

 1)  法人化10周年記念「国際協力チャリティーコンサート」

 ヽ詰

日程 1124日(土)、新潟市民プラザ(NEXT21 6F

補助:新潟県国際交流協会(県協会)

後援:新潟県、新潟市、新潟市国際交流協会、新潟日報社、JICA東京

     入場券:一般1,500円、高大学生1,000円、小中学生500円 *当日券は500円増

来場:190

  ◆‘睛

     第1部 国際協力活動の紹介

以下の会員団体等の国際協力活動を、国際映像メディア専門学校(i-MEDIA)の協力を得て制作した映像により紹介し、最後に、スタディツアーに参加した大学生がスピーチ

NVC、新潟アピの会、教育と環境の「爽」企画室、NASVIA、新潟県青年海外協力協会、民際センター、にいがたフェアトレード推進委員会、フェアトレードショップ ナルニア、アジアクラフトリンク、ミャンマーの医療を支援する会、夢の橋・多言語紙芝居、国際教育研究会(RING)、元ネパール・ムスタン地域開発協力会          

     第2部 コンサート

      以下の若手音楽家によるクラシック音楽のコンサート

       チェロ:前田美華氏、ピアノ:安藤未玲氏、ソプラノ:小山瑠美子氏、ピアノ:斉藤晴海氏

   出展

     市民プラザロビー:以下の団体がフェアトレード品等を販売

               NVC、ナルニア、新潟アピの会 

     同ミニギャラリー:以下の団体が活動紹介のパネル等を展示(11/2211/29

                              新潟アピの会、RING、車いすダンス、NVCNネット

    ぁー益

     コンサートの収益は、会員団体が実施するスタディツアー等に参加する学生に助成

 2)  17回〜第20回国際教育研究会(RING)                        

  主催 Nネット、県協会(委託) 

後援 新潟県教育委員会(県教委)、長岡市教委(第17回)、新潟市教委(第1820回)、上越市教委(第19回)、JICA東京

企画運営 国際教育研究会企画委員会(委員長:小黒淳一理事)

【第17回】

日程 728日(土)、ながおか市民センター

主題 世界がもし100人の村だったらワークショップ

参加 講師を含め17

【第18回】

日程 929日(土)、クロスパルにいがた

主題 大学生による国際理解ワークショップ

講師 新潟県立大学国際交流ファシリテーター5

参加 講師を含め31

【第19回】

日程 1110日(土)、上越市市民プラザ

主題 スマホから考える世界・私・SDGs

講師 (特活)開発教育協会(DEAR) 阿部眞理子氏、伊藤容子氏

参加 講師を含め25

【第20回】

日程 121日(土)、クロスパルにいがた

主題 NVCオリジナル教材体験を通したグローバル教材づくり

講師 DEAR 中村絵乃氏、NVC共同代表 三上杏里氏

参加 講師を含め24

 

2 参加・協力等 

1) NVCの「第29回愛のかけ橋バザー&フェスタ」(10/78、ピアBandai)を後援

2) 新潟市協会の「国際交流・国際協力団体発表展示会」(10/1921、クロスパル)に出展しクイズラリーに協力

3) 新潟アピの会の年末恒例カレーパーティーに参加(12/14、アピ会事務所)

 

3 会報

Vol.207月号)発行 600部 *「国際協力チャリティーコンサート」会場で配布

 

4 主な会務等

 1) 平成30年度第3回理事会(出席11人、電磁的表決1人)

日程 1111日(日)、i-MEDIA 1F

内容 上半期の事業・収支報告、10周年記念事業・国際協力人材育成セミナー等の審議

   会議に先立ち、国際協力活動紹介映像を試写

 2) 新潟市市民活動支援センター(新潟市中央区西堀前通6番町894-1 西堀6番館ビル3F)の利用団体に登録(10月)

 

5 当面の主な予定

 1) 平成30年度国際協力人材育成セミナー(県協会委託事業)

日程 32日(土)13:30〜、クロスパル 3F 多目的ルーム1

主題 SDGsを農業から考える 〜協生農法による貧困と環境問題の解決〜

講師 太田耕作氏:一般社団法人シネコカルチャー講師

     

 事務局長 小畑 正敏

 

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク団体活動紹介ビデオ

にいがたNGOネットワーク団体活動紹介ビデオ

 

 

取材協力(国際協力団体)

(特活)新潟国際ボランティアセンター(NVC)

NGO新潟アピの会

教育と環境の「爽」企画室

新潟国際援助学生ボランティア協会(NASVIA)

新潟県青年海外協力協会

(公財)民際センター・新潟ドナー連絡会

新潟フェアトレード推進委員会

フェアトレードショップナルニア

特例認定NPO法人アジアクラフトリンク(ACL)

ミャンマーの医療を支援する会

夢の橋・多言語紙芝居

国際教育研究会(RING)

元ネパール・ムスタン地域開発協力会(M.D.S.A)

 

映像制作協力

学校法人 国際総合学園

国際映像メディア専門学校(i-MEDIA)

 

映像監修

梨本 諦鳴(i-MEDIA)

 

映像編集

飯野 聡生(i-MEDIA)

内山 瑛介(i-MEDIA)

 

ナレーション

仲山 美佳(新潟大学人文学部)

 

制作・著作

(特活)にいがたNGOネットワーク

 

 

 

  • Hatena Bookmark