新潟国際援助学生ボランティア協会

ルワンダ・スタディ・ツアー

 【新潟国際援助学生ボランティア協会NASVIA

◆ルワンダ・スタディ・ツアー◆

 RWAN-JA(ルワンジャ)はこれまで募金活動などを行ってきましたが,2月16日〜25日に初めてのスタディ・ツアーを実施,2名の大学生が現地を訪問しました。現地を訪問した中山さんのレポートを掲載します。なお,スタディ・ツアーの実施にあたっては,永久瑠マリールイズさん,藤田御夫妻を始め,多くの方々にご協力を頂きました。深く感謝申し上げます。

 ******************

    『ルワンダを訪ねて』

               中山美智子

 ナスビアのRWAN-JAは、2016年に設立しました。RWAN-JAは、アフリカ・ルワンダの子供たちの教育支援を目的としています。私が活動し始めた当時は、国際協力もルワンダについても全くわからない状態でした。しかし、素敵な出会いとつながりで少しずつ活動を進めることができました。そして、2018216日から10日間のルワンダツアーを企画し、現地視察に行ってきました。2年間活動しながらも、本当に現地の子供たちが必要としているものは何か、本当の国際協力とは何か、疑問に思っている自分がいました。それを今回のツアーでは自分の目で確かめ、ルワンダを肌で感じて、今後RWAN-JAとしてどのような活動をしていくべきか考えるという目的をもって挑みました。

 ツアーでの現地滞在は8日間でした。NPO法人ルワンダの教育を考える会の永久瑠マリールイズさんとルーシーさんにご協力いただき、現地のウムチョムイーザ学園の視察やジェノサイドメモリアルと被害者の体験談、大使館訪問、ルワンダの町の視察など貴重な体験をさせていただきました。なかでも、ウムチョムイーザ学園の視察では日本の教育システムが取り入れられ、想像以上に教育環境が整っていることに驚きました。子供たちも積極的に授業に参加し、楽しそうに勉強している姿が印象的でした。しかし、課題もまだあり、給食費や中学校への進学費を払えない子がいるという現状もあります。このような資金的な援助を今後RWAN-JAの活動の目標としていきたいと思いました。このような発展した教育が受けられる子供たちがいる一方、ルワンダ北部の高原のミヨベ地区では、着る服もなく、寒さに震える子供たちにも会うことができました。彼らは笑うこともしなかったそうですが、今は少しずつ支援が入り私たちが視察に訪れた時は、笑顔でパンやおかゆを差し出してくれていました。

ルワンダは大虐殺という悲しい歴史を持つ国ですが、今では国民全員で前を向いて頑張っている姿がうかがえました。貧富についても格差があり課題はまだまだ多いようです。今回のツアーでは、目で見たものはもちろんですが、たくさんの人との出会いも私に強く印象を残しました。現地で活躍される日本人やアフリカを旅する先生、またツアーを共にしたメンバーの皆さんもそれぞれルワンダを訪れる理由を持ち、強い意志でツアーに参加していました。また国際協力とは、ただ単にお金をあげるだけ、足りないものをあげるだけではない難しさも感じました。そんな中でも、私たちには何ができるのか考え、小さなことからでも行動することが大切なのだと学びました。今回のように自分が全く知らないものに触れ、世界を広げ、人のことを考えながら生きるということは素晴らしいと感じました。私は、大学をもう卒業してしまいましたが、この体験をもっと多くの若者に経験してほしいと心から思いました。これからは私の経験を伝え、若者のサポートもしていきたいと思います。

******************

 

◆万代アースフェスタ◆

 5月3日〜5日にかけて,万代アースフェスタに参加しました。ルワンダ土産のアガセチェ〜ルワンダで嫁入りに持参される縁起物の籠〜は通りすがった人たちに「かわいい!」と評判でした。新しいメンバーも加わり,これからも楽しく活動できそうな予感のする3日間でした。

        NPO NASVIA事務局 原口 央

 

 

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

NASVIAの活動報告と活動予定

◆にいがた国際フェスティバル2017

 1126日にときメッセで行われた同フェスティバルにブース参加しました。ルワンジャの学生の皆さんは主にステージの方で活躍していましたので、今回は活動紹介が中心でした。ルワンダで入手したそろいの衣装でしたがおきお気づきだったでしょうか?2月には学生さんたちがルワンダを訪問する予定です。どのような経験をされるか大変楽しみにしています。また、ブースの方では、国際理解活動をしている中学生さんたちも来てくださり、ラオスの民族衣装の意匠や飾りの違いなどに興味を持っていただくことができました。

新潟国際援助学生ボランティア協会(NASVIA事務局 原口 央

 

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

新潟国際援助学生ボランティア協会(NASVIA)

新潟国際援助学生ボランティア協会(NASVIA)
◆万代アースフェスタ2017
 5月3日〜5日に参加しました。RWAN-JAの皆さんを中心に、ブースを展開しました。ルワンダの学校教育の発展への協力を訴えることができました。
◆RWAN-JA講演会
 5月27日(土)にクロスパル新潟で、【ルワンダ×日本】新潟の若者がつなぐ!!〜いま私たちができること〜と題しまして、「NPO法人ルワンダの教育を考える会」の永久瑠マリールイズさんと永久瑠ルーシーさんをお招きして講演会を行いました。1部にマリールイズさんから現在の活動につながるまでの経緯などお話をしていただき、2部では、「平和」について考えるワークショップを行いました。講師と参加者で様々な意見交換ができ、とても有意義な時間になりました。また、今回は企画運営をほぼすべて学生で行うことができ、学生にとっても貴重な経験になりました。 (RWAN-JA 新潟大学 中山 美智子)
※本講演会は新潟市国際交流協会の助成を受けて実施されました。
事務局 原口 央
情報掲載:
  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

【ルワンダ×日本】新潟の若者がつなぐ!! 〜今私たちができること〜

【ルワンダ×日本】新潟の若者がつなぐ!! 〜今私たちができること〜
・5月27日(土)13時〜16時(予定)
・新潟市中央公民館クロスパル
・500円(コーヒー付)
第一部:ルワンダの大虐殺を乗り越え、現在日本からルワンダの教育支援活動を行っているマリー・ルイーズさん(NPO法人ルワンダの教育を考える会)をお招きし講演会を行います。...
第二部:第一部の講演会を受け、ルワンダと日本をつなぐ活動に取り組むRWAN-JAの大学生さんたちによるワークショップを行います。
ルワンダのコーヒーを味わいながら、私たちにできることを考えてみませんか?
主催:NPO法人新潟国際援助学生ボランティア協会
助成:新潟市国際交流協会助成事業

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

 

  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

新潟国際援助学生ボランティア協会(NASVIA)会報2017年1月号

 当会ではこれまでラオスク(ラオ・スクール・プロジェクト)として、ラオスの小学校の奨学事業や学校図書館運営に協力をしてまいりました。今年度も国際フェスティバルなどでラオスの文化や活動紹介を行いました。今後も、図書の充実などのため、各種イベントへの参加や募金活動などを続けてまいりますので、引き続き、ご協力をお願いいたします。
 また、本年度より、ルワンダの教育活動に協力する学生さんたちの活動「RWAN-JA」(ルワンジャ)をバックアップしていくことなりました。以下に学生の代表である市川麻衣さん(新潟大学大学院生)からの活動紹介を掲載しますので、広くご支援を賜りますよう、お願いいたします。
「RWAN-JAはルワンダの子供たちの教育支援を目的とした、県内の大学生によるボランティア団体です。具体的な活動目標はー鹽團ガリ市内の学校に手洗い用貯水タンクを設置する▲Ε爛船腑爛ぁ璽恭惘爐膨未子供たちの給食費支援をする手洗い活動普及のための手洗いソングを作る、の3つです。これらの目標達成に向けて、国際系イベントでコーヒーやRWAN-JAタオルの販売による支援金集めをするほか、1月からは募金活動も始めます。また、私たちの活動は、ルワンダ出身のマリールイズさんが代表を務める『ルワンダの教育を考える会』、そして、この会に協力している藤田純子さんにご協力頂き、相談を重ねながら進めています。多くの方との縁に恵まれ、2016年5月の立ち上げから今日まで活動することができました。2017年も人との出会いを大切にし、目標を達成するため邁進していきたいと思います!(文責・市川麻衣)」
事務局 原口 央
7月3日マリールイズさんとの懇談会にて
11月20日国際フェスティバルにて
情報掲載:
  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

新潟国際援助学生ボランティア協会

  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

新潟国際援助学生ボランティア協会の活動報告

◆新潟国際フェスティバル(9月6日)
 ラオ・スクール・プロジェクト(ラオスク)としてブース出展し,ラオスの雑貨販売や民族衣装の紹介などを行いました。昨年ラオス訪問時に入手した民族衣装も,学生ボランティアさんに着ていただき,初披露することができました。また,ラオス・コーヒーの試飲など,新潟ダルニー連絡会様からもご協力を頂きました。
 なお,新年度に向けて新しい取り組みも計画しておりますので,引き続き皆様のご協力をお願いいたします。
 
  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

【にいがたNGOネットワーク団体会員】新潟国際援助学生ボランティア協会

にいがたNGOネットワーク団体会員】新潟国際援助学生ボランティア協会


 
【名称】
特定非営利活動法人 新潟国際援助学生ボランティア協会
Niigata Association of Student Volunteers for International Aid (NASVIA)
【目的】
この法人は国際交流及び国際援助活動を行う児童、生徒、学生及びその協力者に対して、その活動支援に関する事業を行い国際交流の発展を進めるとともに、青少年の健全育成に寄与することを目的とする。

HP http://www.geocities.jp/npo_nasvia/

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
新潟国際援助学生ボランティア協会の活動レポート
 
  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

NPO法人新潟国際援助学生ボランティア協会(NASVIA)活動報告

 5月3日〜5日の三日間,新潟市万代シティで行われた「万代シティアースフェスタ2015」にブースを出しました。募金や民族衣装の試着などを行いました。


 
 5月23日,24日に東京の代々木公園で行われた「ラオスフェスティバル2015」にて,ラオスの学校図書館建設・運営などでお世話になっている,民際センター様のブースにお伺いし,一緒に募金や水運び体験の案内などをしました。今年は日本・ラオス外交関係樹立60周年記念ということもあり,会場には例年以上の参加者が訪れていました。


 
  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

新潟国際援助学生ボランティア協会(NASVIA)のラオス研修旅行

1.新潟国際フェスティバル(9月7日)
 ブース出展し,ラオス雑貨の販売や民族衣装の展示などを行いました。
 
2.ラオス研修旅行(12月20日〜27日)
 今年度は,新潟県立大学の学生4名,上越教育大学の大学院生1名,社会人2名でラオス・スタディツアーを実施しました。
サワナケート県サイヤペット村には3年連続で訪問し,親交を深めました。当会が建設を支援した学校図書館に図書の追加寄贈を行うとともに,先生方と利用状況や今後の展望について意見交換を行いました。以前は小中学校しかなかった村ですが,子どもの数が増え,中学校校舎を利用してそのまま高校まで併設して運用している状態でした。図書の内容もそれに合わせて,見直しを進める必要がありそうです。


【図書館ミーティング】
宿泊では,プータイ族の皆さんが暮らすフォンヤナン村にお世話になりました。400年以上前にできた村だと,巨大な古木を見上げながら誇らしげに話す人々の表情が素敵な村です。同村の小学校には図書室は無いため,管理用の箱入り図書セットを寄贈し,子ども達と交流しました。「おむすびころりん」の紙芝居に始まって,最後はひたすら追いかけっこに!
【フォンヤナン村歓迎バーシー】


【小学校で紙芝居】

研修最後は世界文化遺産都市ルアンプラバンへ。古都でランサーン王国の歴史などを学ぶとともに,世界的観光地の現状を実感しました。ちょうどモン族のお正月『ピー・マイ・モン』が開催されていたので祭会場にも行きました。モン族華やかな衣装も,素材やデザインがどんどん現代的になっている様子が大変興味深いものでした。
***************************************************************************
 
「今回のラオスツアーでは、ラオスの人たちとの交流が印象的でした。特に、滞在したフォンヤナン村の子どもたちの、明るく元気な姿に驚き、大人の方たちとの宴では、その温かさに触れることができました。今回のツアーで、改めてラオスの魅力を知ることができました。」(新潟県立大・川嶋志歩さん)


【フォンヤナンの子ども達と】
 
NASVIA事務局 原口 央
  • Hatena Bookmark