民際センター 新潟ドナー連絡会

民際センター発祥の地ウドンタニ―へ

 雨季真っ盛りの9月、タイ王国の首都バンコクで札幌ドナー連絡会世話人の山本夏江氏と共に民際センター発祥の地でもあるウドンタニーへ向かいました。静岡ドナー連絡会世話人・畑寛和氏と高校時代のバレーボール部活動で繋がった全国の大学生7名と合流するためです。学生にはNネットより研修補助金を頂いた新潟大学法学部の渡邉将大くんも加わっています。合流後、ウドンより更に車で2時間のパーンコン職業技術専門学校を目指します。そこで更に協力者の先生がたと合流。車に満杯の日本で集めた中古バレーボール用具類の整理し、滞在中に訪問する10中学校のリストに従って寄贈する用具類を分類します【写真1】。訪問先のそれぞれの中学校では、中古バレーボール用具の寄贈と歓迎セレモニー、また学生同士のバレーボール交流が計画されました。また、各中学校でのダル二—奨学生の現状調査が含まれています【写真2】。更に今回の研修では、初めて選抜現地高校生バレーボールチームとの親善試合が組まれていました。訪問した学校での熱烈な歓迎には同行した大学生たちも驚いたようですが、当初の緊張は次第に緩み、中学生とのバレーボール交流も楽しみました【写真3】。研修終盤に計画されていた国際親善試合では、地元TV局が取材に来たこともあり、緊張したのか試合前半部は苦戦します。しかし、さすが後半は実力発揮、盛り返して競り勝ちました。ギャラリーには数百人の学生たちが押し寄せ、賑やかな親善試合となりました。訪問した中学校には規模にもよりますが、各校で数名の奨学生が紹介されました。彼らの状況を調べ、静岡ドナー連絡会の畑氏の2名の奨学生については家庭訪問も行いました。来年度に中学を卒業する女の子の家では弟とお爺さんの3人暮らしでした【写真4】。歓迎会では民族衣装で踊りを披露してくれた彼女ですが、進学は経済的に諦めていました。中学校奨学金支援者の畑氏と面談の場で「進学したいですか?」と彼が尋ねます。「職業専門学校に進みたいけれど・・・」今の家庭状況では確かに無理があります。短い沈黙の後、畑氏が語りかけます「その経費を私が個人的に支援しますよ」彼女は驚いて顔を上げました。お爺さんの了承を頂き、その場で彼女の進学希望が叶いました。居合わせた親類の方々と私が約束の証人になりました。東北タイでは、中学卒業後に職業専門学校へ進学する子どもたちが増えています。卒業後に職を得やすく、家計の助けにもつながるのがその理由のようです。民際センターでもそのような場合の奨学金をスタートさせています。別れ際、畑氏の胸に飛び込んだ彼女の明るい前途を願わずにはいられませんでした。
(公財)民際センター     赤石 隆夫
  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

【スタディツアー参加助成金交付学生感想文】 タイでのバレーボールを通じた支援活動

【スタディツアー参加助成金交付学生感想文】
 団体:民際センター・新潟ドナー連絡会
 事業:タイ東北部ダルニー奨学金大学生バレーボール研修
 日程:2019年8月27日〜9月5日
タイでのバレーボールを通じた支援活動
新潟大学法学部2年 渡邊 将大
 今回の活動では、タイ東北部にあるサコンナコン県やロイエット県の学校を巡り、バレーボールやバレーシューズ、ユニフォームの寄付や、技術的指導、現地の高校生との交流試合、奨学生のリサーチなどを行った。
 特に、奨学生の自宅を訪問したことは印象に残っている。彼らの家にちゃんとした壁があるわけではなく、丈夫な布がかけられているだけで、雨風が凌げるかどうかというものだった。また、奨学生と同居する親族も無職というケースが多く、周りに住む親戚たちに食べさせてもらっている状態だった。
そして、奨学生の子が女性であると、家で家事を任せられていて、進学のため家を出ることに否定的な親族も多いという現状をまざまざと感じた。しかし、進学しないと働いたとしても給与は少なくなり、貧困から抜け出すことは難しくなる。この問題に関しては、当事者間でしか解決できないが、とてももどかしく思った。
他方、貧しい=不幸ではないことに気づかされた。日本はタイより経済的に発展しているが、日本人がタイ人より幸福だとは必ずしもいえない。娯楽施設が整っている、物が豊富にあるなどといったことは、幸せと感じる一要因であるが、それがすべてではない。タイの子供たちと接してみて、初対面の私たちにも無邪気に笑顔を向けてくれたことがとても嬉しかった。
私たちが寄付したバレーボールは1個あるだけで、たくさんの子供たちがともに遊ぶことができる。また、使用済みのバレーボールとはいえ、MIKASAやmolten製の正規品である。主に、安い偽物のバレーボールや型落ちのB級品が使われているタイでは正規品であるというだけでも感動された。バレー部の子供たちはもちろん、バレーボールを初めて触るであろう子供たちも楽しそうにボールを触っていて、ボールが持つ力というものを感じた。
実際に経済的に恵まれていない子供たちと交流し、日本で不自由なく生活を送ることができている私に何ができるのか考えた。日本に帰ってから、民際センターのダルニー奨学金というものを知った。一口14400円で現地の子供の1年間の学費を支援できる。まだ学生で社会人のような収入のない私だが、アルバイト費から1年に一度程度であれば捻出することはかなり現実的な金額といえよう。今回、同行させていただいた畑さんのように、私には、バレーボールやバレーシューズ、ユニフォームを集めるツテはなく、同じような支援をすることは非現実的である。今の私にできることは、地道ではあるが年間に一度はダルニー奨学金を通じて、経済的に恵まれていない子供たちの支援を行うことと、学業に励み将来的に、自分の力となりうる知見を身に付けることである。そして、着々と資力を身に付け、自分にできる支援の形を考え、実践できるようになれば、今回、タイに赴き現地の子供たちと交流した経験が意味を持つのではないかと思う。私は、今回限りでこのような支援を終わらせたくないと強く思う。これから先も継続的にこのような支援が行えるように、今、私にできることを着実にこなしていきたい。
  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

活動報告

 長い10連休の後半、5月3〜5日の3日間、好天のもと恒例の第10回新潟アースフェスティバルが新潟市内で開催されました。ダルニー奨学金の広報に絶好の機会を逃すはずもない民際センター・新潟ドナー連絡会です。とはいえ、3日間はきついので恒例(高齢)の2日間としました。東京での代々木公園タイフェスティバルの向こうを張り、新たな必勝ツールと、多くのベトナム留学生のサポートも得て、更に今年は、長野県佐久ドナー連絡会の世話人・柳沢氏と、船橋より駆けつけた古参ドナー・中村氏を加えての戦陣となりました。

 艶やかなアオザイ姿とベトナム珈琲無料試飲で道行く新潟市民の足を停め、昨年のシニア・イサーン研修にて破格の値引きで入手した販売グッズと、奨学金の広報へと匠に市民を誘導します。折しも其の日はタイ王国では新国王の就任セレモニーで国中が真黄色とか。新潟世話人も急遽、東京事務局の物置から横流して頂いた販売用のタイ王国エンブレム入の黄色のポロシャツで人目を引きつけます。佐久ドナー連絡会世話人の柳沢氏にあっては9月に当地で開催される国際交流フェスティバルの会長でもあり、次なる戦いの参考とするためか、あるいは単に楽しく盛り上がっているだけか、他の NGO ブースの偵察活動に余念がありません。落ち着き払った古参ドナー中村氏にあっては、信玄公に習ってか“不動如山(動かざること山の如し)“で、ブース陣営内に鎮座し、新潟ドナー連絡会の旧戦友の重鎮、クン・ビア斉藤氏と増井氏、そして我らの(いや、留学生たちの)戦いぶりを見守っています。

 そんなこんなで、その日の夕刻は美味しいタイ料理に舌鼓を打ちながらの打ち上げ会となりました。得られた奨学金は2名分を優に超え、懐かしい顔が揃ったこともあり、夜遅くまで今昔ダルニー奨学金武勇伝に花が咲いたのでした。

(公財)民際センター・評議員/新潟ドナー連絡会・世話人 赤石隆夫

 

 

  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

2018年下半期報告「(公財)民際センター・新潟ドナー連絡会」

 今年度下半期(7〜12月)当会の主たる活動として述べるべきは、9月下旬からのタイ王国イサーン地方でのシニア会員を対象とした研修ツアーが実施されたことであろうか。当財団の運営する「ダルニー奨学金」の生まれ故郷でもあるウドンタニー県における久々の研修となった。バンコク支部の EDFにて現地状況のブリーフリングの後(写真1、夜行列車にて現地へ入る。農村の状況も大きな変革期を迎えているイサーン地方では、直播きの米作りが増加している。収量は極端に減少するが手間や人手が省かれ、かつての田植えの風景は消えつつある。それによって生まれた余剰時間を出稼ぎや副業へ裂く傾向が生まれていた。現金経済の更なる浸透である。子供たちも中学卒業後には高校ではなく、職業学校へと志望を変えるなど十年程前の農村の社会状況とは大きく変わってきている(写真2、3)。中学生を対象としてきた従来の奨学金も職業学校へ進学する子供たちへの支給も選択肢の1つとすべき時期に入ったとも思える。 

 今春から当財団の評議員となり中央理事会の執行計画にもの申す立場となったが、Nネットの理事も兼務することとなった。腰回りに余分な重りが加わり 、少々煩わしさも感じる年度とはなったが、会員への情報提供に手を抜く訳にも行かない。天皇皇后両陛下がご参列して7月に明治会館で開催された「ベトナム・日本外交関係樹立45周年記念レセプション」への招待(写真4、 駐日タイ大使をお迎えしての11月学士会館での「民際センター・感謝の会 の実施、報告も終えて安堵とする年末となった。

 しかし 11月下旬に開催された「Nネット10周年記念チャリティーコンサ ート」では理事として充分なお手伝い出来なかったこと、「夢の橋」にご依頼して作製していただいた多言語紙芝居(ベトナム語)の現地での披露が未だ機 会がないことには悔いが残り来年度の優先課題として心に納めておきたいと感じている。

赤石隆夫

民際センター・新潟ドナー連絡会

  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

「この子らの未来の為に」

 東南アジア5カ国(タイ東北部、ラオス、ベトナム、カンボジア、ミャンマー)の子どもたちの里親奨学金(ダルニー奨学金)支援事業を開始して、昨年で発足30歳を迎えた(公財)民際センターです。これまで延べ40万人のもの子どもたちの学習支援と学習環境整備事業を行ってきました。新潟市近在の奨学金支援者のサポート全般を担当する地方民際センターとしての新潟ドナー連絡会ですが、市内で開催される各種イベントでの奨学金の広報に力を入れてきました。この間、今年で10週年を迎える「にいがた NGO ネットワーク(N-ネット)」の創立と、それへの参画などにも関わってきています。今年度からは、不肖N-ネットの理事と、本部民際センターの評議員を仰せつかり、責任の重さを痛感する年となりました。

 

 折しも新潟市内のベトナム留学生の助けを得て(写真1)、ここ数年はベトナムの奨学金支援に奔走してきましたが、日越外交45週年を迎えた今年は新潟ベトナム友好協会の増井氏のご助力や、駐日ベトナム大使館よりのお招きなどで各種祝賀にも招待される栄誉を受けました。何にも増して新潟市在住のベトナム留学生とのより強い交流が生まれている現在を嬉しく思っています。彼らとの共同での「ベトナム奨学生作文プロジェクト」も彼らの協力がなければ実現しなかった企画でした。また、市内ボランティアの会「夢の橋」荒川氏の協力を得て、ベトナム小学校での「多言語紙芝居プロジェクト」がスタートしたことも今後の活動の大きな励みと感じている昨今です。

 今年度夏には「ダルニー奨学金」誕生の地、タイ東北部ウドンタニーへの研修も予定され、民際センターと現地事務局(EDF)の主だったスタッフ共々「活動の原点」に立ち返るべく幾つかの研修行事と会議が計画されています。過去30年に渡る奨学金支援事業の評価を振り返る良い機会となり、今後の新たな活動指針が醸成されることを願っています。

 

(公財)民際センター・評議員

新潟ドナー連絡会・世話人

赤石 隆夫

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

 

  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

(公財)民際センター・新潟ドナー連絡会の活動報告

 

(公財)民際センター・新潟ドナー連絡会

 

 1987年にタイ東北部イサーン地方に始まり、延べ38万人もの東南アジアの子ども達の基礎教育を支援することで彼らの未来を開く手助けをしてきた「ダルニー奨学金」です。きっかけは、タイ東北部の1人の少女、ダルニーでした(写真1)。

 

 

 

奨学金の特徴は、支援する子供達の国の教育省、子どもの在学校教員のバックアップを受けながら、それぞれの現地の事務局(EDF, Education for Development Fund)と教員が主体となって奨学生を選定し、奨学金あるいは学用品を支給管理している点にあります。支援地はタイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、そしてミャンマーと東南アジア5カ国となり、年間約1万人の子供達の奨学金が運用されています(写真2)。

 

 現在では、奨学金のみならず基礎教育環境の整備などにも力を注いでおり、教材整備、学校建設、図書施設・書籍整備、給食普及、通学手段および学生寮建設、学校保健衛生事業、教師研修、ドナー(奨学金支援者)研修など多岐にわたる支援事業を展開しています。

 また、奨学金支援者を中心に全国で40以上の「ドナー連絡会」が任意で立ち上がっており、地方での活動を独自に展開していることも大きな特徴です。新潟においても、2013年よりベトナム奨学金支援を開始したこともあり、ここ数年は市内のベトナム留学生の協力を得て、ベトナム奨学金の獲得に力を入れています(写真3)。

 

 

赤石隆夫

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

Nネットの仲間たちとの「これから」

1987年にタイ東北部イサーン地方に始まり、延べ38万人もの東南アジアの子ども達の基礎教育を支援することで彼らの未来を開く手助けをしてきた「ダルニー奨学金」。奨学金の特徴は、支援する子供達の国の教育省、子どもの在学校のバックアップを受けながら、それぞれの現地の事務局(EDF, Education for Development Fund)が主体となって奨学生を選定し、奨学金を支給管理している点にある。支援地はタイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、そしてミャンマーと東南アジア5カ国となり、年間約1万人の子供達の奨学金が運用されている。
 現在では、奨学金のみならず基礎教育環境の整備などにも力を注いでおり、教材整備、学校建設、図書施設・書籍整備、給食普及、通学手段および学生寮建設、学校保健衛生事業、教師研修、ドナー(奨学金支援者)研修などの支援事業を多岐にわたる。
 また、ドナー個人からの支援アイデアも民際がバックアップし、これまで幾つかの支援事業が実現、実施されてきた。代表的なものとして「ラオス・ポントゥン村美術部プロジェクト」「バレーボール 1,000個プロジェクト」などが挙げられる。また、日本各地には任意団体「ドナー連絡会」が組織されており、日本各地における奨学金の獲得や広報、ドナー間連絡網の整備に力を注いでいることが、支援の広がりを支えている実情がある。連絡会は現在全国に40団体が登録されており、新潟県には「新潟、長岡ドナー連絡会」の2つが存在し、本部事務局との連携のもと独自の活動を行っている。
 講演では新潟での活動については触れなかったが、振り返ると各種イベントでの広報ブース出展、新潟県ドナー研修旅行、全国ドナー連絡会会議開催、各種マスコミでの奨学金広報などが挙げられるが、新潟県国際交流基金によるラオス EDF への車両の寄贈が叶ったことは大きな喜びとなったことを昨日のことのように記憶している。また、長岡市より「米百俵賞」が民際センターに授与されたことは大きな栄誉であり、新潟県のドナーにとって大きな力となったことも忘れられない。
 なお、「にいがた NGO ネットワーク」が誕生し、同じ想いを共有できる多くの仲間や理解者を得たことは私にとって大きな喜びとなった。この仲間たちとの「これから」がどのよう方向性を得て、何を創生するのかをじっくりと眺めてゆきたいと思う今日この頃です。
(公財)民際センター・新潟ドナー連絡会
世話人・赤石隆夫
情報掲載:
  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

第13回全国ドナー連絡会会議のご案内

「第13回全国ドナー連絡会会議」を
11月2、3日、新潟市で開催いたしますので、
興味のお持ちの皆様はご参集ください。
参加費等は無料です(懇親会は規定通り)。
ご不明な点はお尋ね下さい。
なお、内藤眞先生(ミャンマーの医療支援する会会長)
にも以下のお話をお願いしておりますので、奮ってご参加下さい:

第13回全国ドナー連絡会議〜新潟大会「柳華都会議」

日時: 11月2日(土)、11月3日(日)
会場: 新潟会館 (公立学校共済宿泊施設)
新潟市中央区幸西3-3-1 ☎025-247-9307
参加費: 無料(懇親会、4,500円)
申込先: 新潟ドナー連絡会世話人 赤石隆夫
☎025-271-9401 niidaren@mail.goo.ne.jp

*懇親会の参加有無もお知らせ下さい

締切: 10月27日

プログラム
【1日目】 13:00〜17:00(会議) 18:00〜(懇親会)
【2日目】 9:00〜11:00(活動報告)
*詳細は民際HP(www.minsai.org)をご覧下さい。



情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
http://www.facebook.com/niigatango

民際センター・新潟ドナー連絡会は、にいがたNGOネットワークの会員団体です。

【会員募集中】
にいがたNGOネットワークでは、随時会員を募集しています。
私たちと一緒に国際協力をしませんか。
にいがたNGOネットワークの趣旨にご賛同いただける団体、個人ならどなたでもご入会いただきます。
○会員サービス
・各種イベント、研修会、講習会などの参加
・会報などの配布、各種情報・資料の提供
・ホームページの利用など
○年会費
《 正会員 》 学生 1,000円 個人 5,000円 団体 8,000円
《 賛助会員 》 10,000円(1口以上)
*年会費振込先 郵便振替(口座番号) 0570−8−100387
加入者名 にいがたNGOネットワーク
  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

民際センター・新潟ドナー連絡会の活動報告

(財)民際センター・新潟ドナー連絡会より、にいがたNGOネットワーク(Nネット)会報2013年1月号に活動報告をお寄せいただきました。
 
「第12回全国ドナー連絡会会議」
 
2012年11月2、3日に長野県佐久市で開催された会議に出席した新潟ドナー連絡会です。この会議は、全国の「ダルニー奨学金」の協力者が主体となって1年に1回、関東甲信越地区の「ドナー連絡会」が中心となり主催する情報交換会といえます。東京の民際センター本部からも代表、および事務局が参加する今は定例となったイベントでもあります。今回は、昨年より始動した「ベトナム・ダルニー奨学金」が順調に2年目に入ることもあり、新潟市内に在住のベトナム留学生4名(事業創造大学院大学)と会員3名の計7名での参加となりました。
 各地域から参集したドナー連絡会は、南は福岡市、北は新潟市からと約50名内外の協力者が集い、和やかなボラ活動の情報交換会・懇親会となったのでした。同行してくれたベトナム留学生も立派にスピーチを行い、アオザイ姿で自国の文化紹介にも頑張った彼らです。来年は新潟市での秋開催が決まり、「ベトナム留学生グループ」や市内の民際兄弟団体でもある「ラオ・スクール・プロジェクト」との共同主催となる予定です。機会がありましたならNネットの皆様にもご参集をお願い申し上げます。


写真:会議の合間に佐久ドナー連絡会世話人の柳沢氏より長野県飯田市の水引細工の作り方の手ほどきを受けるベトナム留学生です。

赤石隆夫

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
http://www.facebook.com/niigatango
  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

民際センター・新潟ドナー連絡会の活動報告

2010年9月上旬、ラオス南部サワナケット県のパッカー村(175家族、人口925人)への視察と研修に入りました。「(株)ライオン」より寄贈された石鹸、歯ブラシなどを教材に「民際ラオ」のプログラムに沿った「手洗い」「歯磨き」「プラ塵収集」「植樹」など衛生、環境教育に生徒達と共に汗を流しました。ラオ語の「手洗い歌」には出立前から練習に明け暮れた視察研修団です。帰国後11月には、市内のギャラリー茶房「杜々(とど)」での今年亡くなった立松和平氏の「ラオス写真展」の前座として「研修報告写真展」を、続いて東京のJICA「地球広場」にて開催された「全国ダルニー会議」で研修の成果を見聞していただきました。                                                           

世話人 赤石 隆夫




にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
にいがたNGOネットワーク
ツイッター@niigatango
  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

ラオスの今 関心持って/新潟日報

民際センターの赤石隆夫先生の活動が、新潟日報で紹介されました。



記事によりますと

11月13日まで 赤石隆夫さん撮影のラオスの子どもたちの写真展
11月14日 チャリティーフリーマーケット
11月15日〜27日 故・立松和平さんがラオスで撮影した写真展

が「茶ろん杜々」で開催されます。


大きな地図で見る


民際センターは、にいがたNGOネットワーク(Nネット)の会員団体です。

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

日本民際交流センター 新潟ドナー連絡会 

2009年4月1日をもって「日本民際交流センター」は「一般財団法人・民際センター(EDF-JAPAN)」に名称を変えました。

民際センター(EDF-JAPAN) はタイ・ラオス・カンボジアの子どもの就学の夢を叶えるダルニー奨学金を運 営している、国際協力 NGO です。 皆さんの年 1 万円で1人の子どもの人生を変えることができます。20 年度はミャンマー台風被災募金(新潟市内)、全国福祉協議会大会講演および展示(新潟市)、全国ダ ルニードナー連絡会会議(埼玉県)、タイ日市民交流会(新潟市)などの活動をしてきました。来年度 は秋に新潟市において「全国ダルニー奨学金ドナー連絡会会議」が開催され、全国から連絡会代表者が 集まります。これを機会に県内 NGO をはじめ、教育機関、新潟県民への広報を展開、さらに新潟のドナー による奨学金支援地研修も計画されています。 
  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

【にいがたNGOネットワーク団体会員】民際センター 新潟ドナー連絡会

にいがたNGOネットワーク団体会員の紹介】民際センター 新潟ドナー連絡会

 

〒950-003
新潟県新潟市浜谷町1-15-2

 

Email

 

民際センター(EDF-JAPAN) はタイ・ラオス・カンボジアの子どもの就学の夢を叶えるダルニー奨学金を運 営している、国際協力 NGO です。 皆さんの年 1 万円で1人の子どもの人生を変えることができます。20 年度はミャンマー台風被災募金(新潟市内)、全国福祉協議会大会講演および展示(新潟市)、全国ダ ルニードナー連絡会会議(埼玉県)、タイ日市民交流会(新潟市)などの活動をしてきました。来年度 は秋に新潟市において「全国ダルニー奨学金ドナー連絡会会議」が開催され、全国から連絡会代表者が 集まります。これを機会に県内 NGO をはじめ、教育機関、新潟県民への広報を展開、さらに新潟のドナー による奨学金支援地研修も計画されています。

 

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

民際センター・新潟ドナー連絡会の活動報告

 

  • Hatena Bookmark