Nネットの仲間たちとの「これから」

1987年にタイ東北部イサーン地方に始まり、延べ38万人もの東南アジアの子ども達の基礎教育を支援することで彼らの未来を開く手助けをしてきた「ダルニー奨学金」。奨学金の特徴は、支援する子供達の国の教育省、子どもの在学校のバックアップを受けながら、それぞれの現地の事務局(EDF, Education for Development Fund)が主体となって奨学生を選定し、奨学金を支給管理している点にある。支援地はタイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、そしてミャンマーと東南アジア5カ国となり、年間約1万人の子供達の奨学金が運用されている。
 現在では、奨学金のみならず基礎教育環境の整備などにも力を注いでおり、教材整備、学校建設、図書施設・書籍整備、給食普及、通学手段および学生寮建設、学校保健衛生事業、教師研修、ドナー(奨学金支援者)研修などの支援事業を多岐にわたる。
 また、ドナー個人からの支援アイデアも民際がバックアップし、これまで幾つかの支援事業が実現、実施されてきた。代表的なものとして「ラオス・ポントゥン村美術部プロジェクト」「バレーボール 1,000個プロジェクト」などが挙げられる。また、日本各地には任意団体「ドナー連絡会」が組織されており、日本各地における奨学金の獲得や広報、ドナー間連絡網の整備に力を注いでいることが、支援の広がりを支えている実情がある。連絡会は現在全国に40団体が登録されており、新潟県には「新潟、長岡ドナー連絡会」の2つが存在し、本部事務局との連携のもと独自の活動を行っている。
 講演では新潟での活動については触れなかったが、振り返ると各種イベントでの広報ブース出展、新潟県ドナー研修旅行、全国ドナー連絡会会議開催、各種マスコミでの奨学金広報などが挙げられるが、新潟県国際交流基金によるラオス EDF への車両の寄贈が叶ったことは大きな喜びとなったことを昨日のことのように記憶している。また、長岡市より「米百俵賞」が民際センターに授与されたことは大きな栄誉であり、新潟県のドナーにとって大きな力となったことも忘れられない。
 なお、「にいがた NGO ネットワーク」が誕生し、同じ想いを共有できる多くの仲間や理解者を得たことは私にとって大きな喜びとなった。この仲間たちとの「これから」がどのよう方向性を得て、何を創生するのかをじっくりと眺めてゆきたいと思う今日この頃です。
(公財)民際センター・新潟ドナー連絡会
世話人・赤石隆夫
情報掲載:
2017.07.01 Saturday 10:21 | 民際センター 新潟ドナー連絡会 | comments(0) | trackbacks(0)

第13回全国ドナー連絡会会議のご案内

「第13回全国ドナー連絡会会議」を
11月2、3日、新潟市で開催いたしますので、
興味のお持ちの皆様はご参集ください。
参加費等は無料です(懇親会は規定通り)。
ご不明な点はお尋ね下さい。
なお、内藤眞先生(ミャンマーの医療支援する会会長)
にも以下のお話をお願いしておりますので、奮ってご参加下さい:

第13回全国ドナー連絡会議〜新潟大会「柳華都会議」

日時: 11月2日(土)、11月3日(日)
会場: 新潟会館 (公立学校共済宿泊施設)
新潟市中央区幸西3-3-1 ☎025-247-9307
参加費: 無料(懇親会、4,500円)
申込先: 新潟ドナー連絡会世話人 赤石隆夫
☎025-271-9401 niidaren@mail.goo.ne.jp

*懇親会の参加有無もお知らせ下さい

締切: 10月27日

プログラム
【1日目】 13:00〜17:00(会議) 18:00〜(懇親会)
【2日目】 9:00〜11:00(活動報告)
*詳細は民際HP(www.minsai.org)をご覧下さい。



情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
http://www.facebook.com/niigatango

民際センター・新潟ドナー連絡会は、にいがたNGOネットワークの会員団体です。

【会員募集中】
にいがたNGOネットワークでは、随時会員を募集しています。
私たちと一緒に国際協力をしませんか。
にいがたNGOネットワークの趣旨にご賛同いただける団体、個人ならどなたでもご入会いただきます。
○会員サービス
・各種イベント、研修会、講習会などの参加
・会報などの配布、各種情報・資料の提供
・ホームページの利用など
○年会費
《 正会員 》 学生 1,000円 個人 5,000円 団体 8,000円
《 賛助会員 》 10,000円(1口以上)
*年会費振込先 郵便振替(口座番号) 0570−8−100387
加入者名 にいがたNGOネットワーク
2013.10.21 Monday 22:19 | 民際センター 新潟ドナー連絡会 | comments(0) | trackbacks(0)

民際センター・新潟ドナー連絡会の活動報告

(財)民際センター・新潟ドナー連絡会より、にいがたNGOネットワーク(Nネット)会報2013年1月号に活動報告をお寄せいただきました。
 
「第12回全国ドナー連絡会会議」
 
2012年11月2、3日に長野県佐久市で開催された会議に出席した新潟ドナー連絡会です。この会議は、全国の「ダルニー奨学金」の協力者が主体となって1年に1回、関東甲信越地区の「ドナー連絡会」が中心となり主催する情報交換会といえます。東京の民際センター本部からも代表、および事務局が参加する今は定例となったイベントでもあります。今回は、昨年より始動した「ベトナム・ダルニー奨学金」が順調に2年目に入ることもあり、新潟市内に在住のベトナム留学生4名(事業創造大学院大学)と会員3名の計7名での参加となりました。
 各地域から参集したドナー連絡会は、南は福岡市、北は新潟市からと約50名内外の協力者が集い、和やかなボラ活動の情報交換会・懇親会となったのでした。同行してくれたベトナム留学生も立派にスピーチを行い、アオザイ姿で自国の文化紹介にも頑張った彼らです。来年は新潟市での秋開催が決まり、「ベトナム留学生グループ」や市内の民際兄弟団体でもある「ラオ・スクール・プロジェクト」との共同主催となる予定です。機会がありましたならNネットの皆様にもご参集をお願い申し上げます。


写真:会議の合間に佐久ドナー連絡会世話人の柳沢氏より長野県飯田市の水引細工の作り方の手ほどきを受けるベトナム留学生です。

赤石隆夫

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
http://www.facebook.com/niigatango
2012.12.28 Friday 13:02 | 民際センター 新潟ドナー連絡会 | comments(0) | trackbacks(0)

民際センター・新潟ドナー連絡会の活動報告

2010年9月上旬、ラオス南部サワナケット県のパッカー村(175家族、人口925人)への視察と研修に入りました。「(株)ライオン」より寄贈された石鹸、歯ブラシなどを教材に「民際ラオ」のプログラムに沿った「手洗い」「歯磨き」「プラ塵収集」「植樹」など衛生、環境教育に生徒達と共に汗を流しました。ラオ語の「手洗い歌」には出立前から練習に明け暮れた視察研修団です。帰国後11月には、市内のギャラリー茶房「杜々(とど)」での今年亡くなった立松和平氏の「ラオス写真展」の前座として「研修報告写真展」を、続いて東京のJICA「地球広場」にて開催された「全国ダルニー会議」で研修の成果を見聞していただきました。                                                           

世話人 赤石 隆夫




にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
にいがたNGOネットワーク
ツイッター@niigatango
2011.01.07 Friday 06:00 | 民際センター 新潟ドナー連絡会 | comments(0) | trackbacks(0)

ラオスの今 関心持って/新潟日報

民際センターの赤石隆夫先生の活動が、新潟日報で紹介されました。



記事によりますと

11月13日まで 赤石隆夫さん撮影のラオスの子どもたちの写真展
11月14日 チャリティーフリーマーケット
11月15日〜27日 故・立松和平さんがラオスで撮影した写真展

が「茶ろん杜々」で開催されます。


大きな地図で見る


民際センターは、にいがたNGOネットワーク(Nネット)の会員団体です。

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
2010.11.09 Tuesday 12:03 | 民際センター 新潟ドナー連絡会 | comments(0) | trackbacks(0)

日本民際交流センター 新潟ドナー連絡会 

2009年4月1日をもって「日本民際交流センター」は「一般財団法人・民際センター(EDF-JAPAN)」に名称を変えました。

民際センター(EDF-JAPAN) はタイ・ラオス・カンボジアの子どもの就学の夢を叶えるダルニー奨学金を運 営している、国際協力 NGO です。 皆さんの年 1 万円で1人の子どもの人生を変えることができます。20 年度はミャンマー台風被災募金(新潟市内)、全国福祉協議会大会講演および展示(新潟市)、全国ダ ルニードナー連絡会会議(埼玉県)、タイ日市民交流会(新潟市)などの活動をしてきました。来年度 は秋に新潟市において「全国ダルニー奨学金ドナー連絡会会議」が開催され、全国から連絡会代表者が 集まります。これを機会に県内 NGO をはじめ、教育機関、新潟県民への広報を展開、さらに新潟のドナー による奨学金支援地研修も計画されています。 
2009.04.01 Wednesday 21:15 | 民際センター 新潟ドナー連絡会 | comments(0) | trackbacks(0)