クロスパルにいがたで、新潟国際フェスティバルの運営会議を開催しました。

テントの利用やパネルの展示方法、役割分担、50人近いスタッフ・ボランティアのまかないについてなど、最終調整しました。

まだ書店にも並んでいない、出来たてほやほやの新刊「ムスタン爺さまの戯言/近藤亨著」を見せていただきました!
ネパール・ムスタン地域開発協力会の事務局長の事務局長、原千賀子さんのイラスト入り、新潟日報に連載していたコラムが本になりました。



会議の後で、新潟ふるさと村に下見に行って来ました。


イベント広場には、屋根があるので、お天気の心配もありません。



たたみの展示スペースもあります。

にいがたNGOネットワークで主催する初めての大きなイベントです。
みんなの知恵と経験を持ち寄って、取り組んでいます!