2010年9月上旬、ラオス南部サワナケット県のパッカー村(175家族、人口925人)への視察と研修に入りました。「(株)ライオン」より寄贈された石鹸、歯ブラシなどを教材に「民際ラオ」のプログラムに沿った「手洗い」「歯磨き」「プラ塵収集」「植樹」など衛生、環境教育に生徒達と共に汗を流しました。ラオ語の「手洗い歌」には出立前から練習に明け暮れた視察研修団です。帰国後11月には、市内のギャラリー茶房「杜々(とど)」での今年亡くなった立松和平氏の「ラオス写真展」の前座として「研修報告写真展」を、続いて東京のJICA「地球広場」にて開催された「全国ダルニー会議」で研修の成果を見聞していただきました。                                                           

世話人 赤石 隆夫




にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
にいがたNGOネットワーク
ツイッター@niigatango