ミャンマーの一村一品運動支援活動の視察計画
                             
ミャンマーのハンディクラフト産業の現状を見聞して、
同国の一村一品運動の支援によって産業育成、人材育成の活動をしている
NGOミャンマークラフト支援会の活動を視察します。                                   
                                   
                                   
日程  2011年11月15日(火曜)〜22日(火曜) 
7泊8日(機中2泊含め)                           
                                   
第1日        夕方新潟発-羽田深夜着                           
11月15日   チャータータクシー予定(自宅から空港まで直行)                       
                                   
第2日        早朝(深夜)羽田発/バンコック 乗換                           
11月16日  バンコク/ヤンゴン 朝 9時30分着 
国内便・乗換でマンダレーへ                           
懇意にしているHitoセンター(NGO運営のマンダレーの日本語学校です)
を訪問して、夕食兼ねて懇親予定。                           
                                   
        マンダレー泊                           
                                   
        現在マンダレー在住の日本人は3名だけです。                           
        内2名は女性でここで日本語講師をされています。                           
        現地活動の現状をお聞きしながら懇親します                           
        海外支援活動の本音が聞けると思います。                           
        http://www.networkhito.org/index.htm                   


マンダレーHitoセンター       
                                   
第3日        有機栽培コットン農場視察                           
11月17日        織物学校視察                    マンダレー泊       
        縫製教室視察、懇親会                           
                                   
                                   
                                                         
                                   
        サウンダー織物学校          



      サウンダー織物学校内、縫製実習室           

100年の歴史のある学校でミャンマーの一村一品運動の織物を
見る事ができます。                           
私達は昨年からこちらで縫製教育プログラム導入の支援をしています。                           
                                   
第4日        古都マンダレーから、遺跡の町バカンへ国内便で移動                           
11月18日  漆器の産地で、懇意にしているUMonMon工房で、
ミャンマー漆器を見学。                           
                            バカン泊       
                                   
                                   
                                                                       
    漆器製造は1000年の歴史があります.                               
    国立の漆工大学を見学して伝統産業育成を視察します。                               
    また、民間の漆工房も見学して                               
    日本とは異なる漆器の製造方法を見学します                       


友人のモンモン氏、元気な人柄です。       
    なお、宿泊は知人のホテルを紹介、アットホームです。             
漆資源回復のために彼と漆植林をしています。           
                                   
第5日        バカン見学                           


11月19日        東南アジアでは有数の遺跡です.                           
        遺跡が日常生活が溶け込んでいます.                           
        朝日のバカンは一見の価値あります                           
        早起きをお勧めします.                           
                                   
        午後の国内便でヤンゴンへ                           
        ヤンゴン泊                           
                                   
第6日        ヤンゴン視察                           
11月20日        ミャンマーの一村一品運動を視察します。                           
日本の中小企業庁に該当する部署が一村一品運動を担当しています。                           
 政府の運営しているアンテナショップも視察し、
運動支援の前責任者と懇親予定。                           
                                   
第7日        ヤンゴン市内見学                           
11月21日        ミャンマー最大のシェッタゴンパゴダなどを見学します                           
                                   
                                        
        夜便でバンコックへ帰路                           
        深夜バンコック乗換で成田へ                           
                                                              
                                   
第8日        早朝成田着   
入国後、一村一品マーケット成田店(JETROが運営)を視察します                           
11月22日        午後新潟着   タクシーで空港から新潟の各自宅まで                           
                                   
                                   
                    費用:一人約20万円                
                    全体の日程はJTBに依頼予定               
                    現地の案内は地元の旅行社へ案内依頼               
                    ビザ必要(JTB手配依頼)・予防接種は希望にて               
                                   
                    マンダレー:人口80万人、ミャンマー第2の都市               
                    マンダレー王朝の古都、多くの伝統工芸が残っています               
                    コットン産業もここが中心です。               
                    当方の織物・縫製関係はここで実施しています。               
                                   
                    バカン:900年前のバカン王朝時代の古都               
                    3000個と言われるパゴダが残り、アンコールワットを               
                    はるかにしのぐ規模と景観               
                    漆器製造も盛んです。               
                                   
                    ヤンゴン:人口300万、旧首都               
                    多くの観光史跡が残っており、ハンディクラフト産業も               
                    多くあります。               
                                   
                    現地全工程日本語ガイド同行予定です。               
                    なお、太平洋戦争中の激戦地です。新発田及び高田               
                    連隊含め15万人の戦没者の慰霊碑も各地にあります。               
                    ご希望があれば、代表的な慰霊碑慰問も可能です。               
                                   
主催        NPO にいがたNGOネットワーク                           
共催        NGO ミャンマークラフト支援会                           

備考                                   
    1、    視察工程の内容についての詳細事前説明会                           
                                   
        11月の視察研修旅行にご参加ご検討の方はぜひご参加ください.[参加費無料)                           
        また、ミャンマーの風景や市民生活の紹介写真も多数あります。                           
        交流会ご参加の方も、ぜひご覧ください。                           
                                   
        日時    8月7日 午後1時〜2時30分                       
        場所    北方文化博物館 正門横 屋根裏ギャラリー                       
            新潟市江南区沢海2-15-25 tel 025-284-6461                       
                屋根裏ギャラリーは入場無料、駐車場無料                   
                                   
    2、    ミャンマーとの交流会                           
                                   
        ミャンマーのサウンダー織物学校の先生2名を招聘して交流会を同上の視察説明会に                           
        先立って、午前中に実施します。                           
                                   
        日時    8月7日 午前11時〜午後1時                       
        場所    財)北方文化博物館 正面横 屋根裏ギャラリー                        
        食事会    同博物館 みそ蔵にて和食会食を予定                       
        内容    上記招聘者2名の他に新潟大学への留学生も招待予定                       
            食事しながら、懇親・交流いたします。                       
            NGO会員主催の交流会ですが、一般の方の参加も歓迎いたします。                       
        参加費    2000円(食事代含め)                       
                                   
問い合わせ先  NGO ミャンマークラフト支援会 事務長 斎藤秀一                       
            新潟市中央区女池北1-5-11  tel 025-284-6461   

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ