にいがたNGOネットワーク(Nネット)会報2012年1月号に掲載予定の、NGOミャンマークラフト支援会の2012年の計画です。                       
                               
1、海外交流事業                                
    1、一村一品製品開発による地域振興・自立支援を目標                           
    2、はじめに人の交流をもっと充実する。                           
      現地での印象として、ミャンマーは今、変わろうとしています。しかし、長く国際社会から離れていましたので国際交流について経験なく、どうするかアイデアが少ない。                           
      同様、地域振興を実施したいけど、経験が少なく、アイデアが乏しい。のが現状です。                           
      一方、新潟には、地域振興の成功例としてユネスコ文化遺産登録の越後上布の支援ストーリーなどが有ります。又、それに携わった専門家も居ります。                           
    3、 両者が交流する事で、新潟の成功例をミャンマーへ紹介でき、専門家も新しい経験を得る事が出来ます                           
      ミャンマー側では国際交流を通じて地域振興の企画方法を習得出来ます。                           
    4、この運動にご賛同いただきましたのが、1)新潟県立大学国際地域学部、2)財)北方文化博物館、3)NPO新潟国際ボランティアセンターの皆様などです。これから賛同者を広げるPRを計画します。                           
    5、私達NGOミャンマークラフト支援会は2つの国の事情を理解できます。相互にプラスになる方法を企画し紹介できます。さらにこれがきっかけで、信頼が交流をよび、いろいろな要望が見えてきます。                           
      織物だけでも基礎技術・研究〜デザイン、色の研究など、多岐にわたると想定できます。                           
      小さな分野での交流も含め、要望点をまとめ、出来る事をリストUPする事で、今後の展開が期待できます。                           
    6、最初の行動として、2012年1月 4名で現地の活動拠点を訪問して、政府関係者、学校関係者、農家、クラフト従事者、NGO関係者など多くに人たちと交流してまいります。                         
                               
      新潟には経験者が沢山おります。でも国際交流の経験は少なく、しり込みされているのが現状です。                           
      「やってみましょう。動けば次の世界が見えてきます。」「誰でも何かが出来ます。」                           
      形式上は国際交流ですが、実情は私達自身の新しい世界への挑戦なのです。                           
      こんなコンセプトで今年事業を計画しています。                           
                               


2011年8月招聘・交流事業

     

日麺両国の手織り工芸家の交流                   
                                                               
2、オーガニックコットン・フェアートレード支援事業                                
    1、    3年前から開始しました、オーガニックコットン栽培、かなり目処がついてきました。                       
        ポイントになることが、品質を向上させながら、オーガニックの栽培ルールを維持することです。                       
    2、    栽培ルールの検証で、今年ザガイン地区で10エーカーで成功。                       
        2トンを収穫して、現在紡績に挑戦しています(手紡ぎ風の高級糸です)                       
        2012年1月にはもう一つの候補地を確認に行ってきます                       
        楽しみが、新しい試みによって少しずつ品質が向上している事です。                       
        近藤先生のアドバイスの効果が大きいのですがミャンマーの綿の品質向上が期待できます。                       
                               
        *近藤先生(蠡臉桔太喙萃役で世界26カ国でオーガニックコットンを指導、日本の第一人者、                       
                 東北コットン・プロジェクトの発起人(よくTVで取り上げられています。)                       
                               
                               
11月マンダレーで農業普及員との懇親会に参加
参加者は意欲的でした。


2011年産のオーガニック・コットン
この畑収穫品を使って試験実行中です。
来月にはもっと良い環境が見れる可能性有り
期待しています
                               
3、蓮糸による地域産業振興支援事業                                
    1、    蓮糸は古代日本でも利用されていたようですが、現在ミャンマーはインレー湖地方のみで生産されている、幻の天然繊維です。                       
        日本からの調査協力依頼により、ミャンマー政府への共同調査依頼含めて実施しました。                       
        実際の行動部隊は、インレー湖に近いタンジー市のサウンダー織物学校校長のキンさんが現地調査し、そのバックアップとして前ミャンマー政府一村一品責任者のティンさん、さらには連絡役としてAMC社のスーさんの3名が中心になって動いています。                       
    2、    10-11月、現地訪問して各種調査を実施した結果                       
        1)従来よりかなり細く高品質の糸が製作でき、来年用に製作依頼出来ました。                       
        2)インレー湖以外でも蓮糸の製造可能であり、かつ年中生産が見えてきました。                       
        3)脱色、染色などの応用技術も合せて試験して、今回良い結果が得られました。                       
    3、    以上2の結果、生産量拡大と品質向上の道筋が見えてきました。                       
        ミャンマー政府とも相談して、地域産業として育成を目指します。                       
        さらには、この開発課程のマネジメント・織物技術は日本・ミャンマー両国にとって有益と推定されますので、織物留学、指導者派遣なども含め総合的な支援計画を検討しています。

                       
これが蓮糸です。               
蓮の茎を折ると取れ出せますが根気が必要な仕事です。                 
                               
                               
湖上生活のインレー湖風景                            
                               
4、ミャンマー訪問・交流事業                               
        2012年最初の行事として、下記2つの組織の共同事業として実施します                       
        NGOミャンマークラフト支援会 ミャンマー訪問・交流事業                       
        NPO法人新潟NGOネットワークの「スタディ・ツアー」                       
                               
        参加者 4名                       
        2012年1月7日-1月15日                       
        訪問地区、ヤンゴン・バゴー・マンダレー・バカン・マグエの5地区                       
        交流予定団体:ミャンマー政府一村一品指導関係者、サウンダー織物学校関係者、Hitoセンター関係者、織物工房関係者、有機肥料製造関係者、農業技術普及員と農家の方々、木工工房関係者、NGO現地カウンターパート関係者と多様です。                   
                               
先方の生活環境に入りますので、カルチャーショック含め                       
貴重な体験を得られる事を期待して、4名で行ってまいります。                       
                               
                                以上です。

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
ツイッター@niigatango