Nネット理事からの【参考情報】です。

災害・復興科学研究所『防災・減災』シンポジウム

日時:平成24年4月13日(金)13:00〜17:45
会場:ユニゾン・プラザ(対象:自治体、市民)
 
 
シンポジウム次第
開 会
13:00〜13:05 開会挨拶 新潟大学長:下條文武
研究所活動報告
13:05〜13:25 災害・復興科学研究所長:丸井英明
「災害・復興科学研究所活動報告」
13:25〜13:30 (質疑)
基調講演
13:30〜14:00 UNESCO防災担当局長:バダウィ・ルーバン氏
「自然災害の軽減に向けたUNESCOの役割と戦略」
14:00〜14:10 (質疑)
研究所活動計画
14:10〜15:40 司会(災害・復興科学研究所教授:森井俊廣)
○ 最近の気象災害と今後の研究計画
     災害・復興科学研究所:本田准教授
「気象レーダーによる豪雨予測」
災害・復興科学研究所:河島准教授
「豪雪災害への対応」
○ 今後想定される災害への対応
        医歯学総合研究科:
            「緊急医療支援」:高橋昌准教授
災害・復興科学研究所:安田准教授
「津波の遡上による氾濫予測」
15:40〜16:00 (休憩)
パネルディスカッション/気候変動と自然災害
16:00〜17:40 モデレーター(新潟大学教授:丸井英明)
   パネリスト ウイーン農科大学山地災害研究所教授:ヨハネス・ヒューブル氏
         クロアチア・スプリット大学教授:オグニエン・ボナッチ氏
クロアチア・リエカ大学教授:ネヴェンカ・オザニッチ氏
信濃川下流河川事務所長:日下部隆昭氏
         UNESCO防災担当局長:バダウィ・ルーバン氏(コメント担当)
閉 会
17:40〜17:45 閉会挨拶 新潟大学理事・副学長:仙石正和
 
意見交換会   18:30〜20:30 場所:ANAクラウンプラザホテル新潟

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
ツイッター@niigatango