【NGOミャンマークラフト支援会】の会報より、活動報告です。

 1)ミャンマー大使館でウ・キン・マン大使へ来日報告兼ねて
  一村一品運動などの話をしてきました。
  大使には、昨年着任後、3月の東京食品展(FOODEX)での
 ミャンマー紅茶紹介や9月の東京ギフトショーでのミャンマー
  商品を紹介する斎藤のブースを視察いただき、懇意に
  していただいています
  今回、所要が重なって、新潟へは来られませんでしたが
  来年5月の新潟でのミャンマー工芸展を、視察いただき
  かつミャンマーの紹介をお願いし承諾得ました。


  
2)アセアンセンター 訪問
  日本とアセアン各国政府によって運営されている機関
  主として日本への輸入のためのサポートをアセアン企業を
  指導したり、各種情報を日本の各企業へ提供している
  機関です。
  ミャンマーの一村一品の情報をお知らせしてきました。


3)JICA 訪問
非公式にミャンマーのCo-operativeMinistryの
  日本への支援希望を伝えてました。
  


4)今、ミャンマー産の製品の有望市場の一つとして
  ステッキ市場を視察。



5)新潟へ移動して、北方文化博物館へ挨拶
  内部を佐藤部長のご案内で見学させてもらいました。



6)十日町織物組合と3年目の交流
  今回は十日町市博物館で織物の歴史などを
  見学させていただいた、
  すくい織のサンプルを渡辺伝統工芸士からいただく
   この技法はミャンマー固有の技法と同じ技法で
  頂いた織物をサウンダー織物学校の博物館へ
   展示することになりました。



7)小千谷市に西脇商店を訪問
  小千谷縮の実践や江戸時代に制作された越後上布の
  現物や芭蕉布、結城紬など全国の代表的織物も
  見せていただく



8)小千谷織物組合の物産館を視察



9)成田空港内の開発途上国一村一品マーケットを
  視察
  世界で開発されたクラフト品の中で頑張っている
  ミャンマー製品をあらためて認識



  帰国につきました。 

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

NGOミャンマークラフト支援会はにいがたNGOネットワークの会員団体です。