NGO ミャンマークラフト支援会 2012年前期活動報告(会報20-22から抜粋)です。

A,2012年1月                                   
    NPOにいがたNGOネットワークと共同企画でミャンマースタディ・ツアーを1月7-15日実施。                               
    現地の一村一品育成について現地NGOなど各機関との共同活動を視察しました。   

 
                                    
                                   
    1,各種工房(織物、縫製、木工、金箔など)を視察・懇親  

         

2,オーガニックコットンをミャンマーで初めて導入にむけ共同実施している、地元のNGOと懇親して、試験農地見学や運営している農家の人達と懇親しました。                               

                  

3,マーケットで材料を買い込み料理したり、庶民の移動方法(自転車)など体験して日本人墓地(15万人が戦死した激戦地)もお参りして、文化に触れてきました。        

  
                                   
4,マンダレーやヤンゴンにて共同活動している地元のNGOやYMCA機関などと親しく懇親してきました。 


B、国際交流の広がりめざし学生の活動と交流 (2012年3月及び5月)                           
                                   
   
    ヤンゴンで秋田国際教養大学                万代アースフェアで県立大学生              

1) 3月秋田国際教養大学のミャンマースタディツアーを支援して、その後学生活動としてのフェアートレードを支援する為に、ミャンマーの関係者を紹介し今後の活動支援を継続します。 
 5月、新潟県立大学学生の支援を受け万代アースフェスタへ出店しました。          

C, 第8回ミャンマー工芸展を北方文化博物館で開催(2012年4月-5月)       


                    期間中、3381名の入場者を迎えて               
                    木の食器や新しい草木染、それに特注で作った               
                    有機栽培の紅茶など大変好評でした。               
                                   
                    経費のぞいた売上金を活動経費として利用   
                                                                       
D, 第4回ミャンマー交流展を北方文化博物館で開催(2012年5-6月)

                                   
                    今回、は当NGOと               
                    「ミャンマーの医療を支援する会」               
                    「ミャンマーで遺骨収集を支援する会」 の               
                    3つのグループ共同で活動紹介展を開催しました。               
                                                                       
E, 第1回ミャンマーセミナー (北方文化博物館 新味噌蔵) 2012年6月1日       
                                   
                    ミャンマーの現状を各分野の専門の方より               
                    ご紹介いただくセミナーを開催しました。               
                    講師は               
                    1,ミャンマー政府、小企業庁副長官や現地の               
                      一村一品運動の責任者など3名を招聘               
                    2,JETROヤンゴン前支店長 小島様               
                    3,日本のオーガニックコットン第一人者で               
                      現地で指導されている近藤様               
                    参加者は44名でした。               
                                   
F、第1回ミャンマー交流会 (北方文化博物館・沢海カフェ2F) 2012年6月2日

                                   
                市民目線でミャンマーを例にとって国際交流を話し合いました。                   
                地方の特色を生かした産業育成などでの地域振興を題材に                   
                各分野の専門家、オーガニック・コットン開発ー近藤先生                   
                天然繊維(小千谷縮)-西脇先生、土地改良-藤井先生、                   
                そしてミャンマーの一村一品運動指導者3名のご参加得て                   
                県外から15名含め34名で良い勉強会ができました。                   
                                   
G, ミャンマーとの交流事業 新潟への招聘と交流、第3回目  2012年5月28日-6月5日     
                                   
    
大使と面談           

第3回の今年はミャンマーの一村一品関係の責任者を3名                   
招聘して、新潟を題材に交流事業を実施しました。                   
具体的には上記B-Fの各事業を今回の招聘事業に合わせて実施しました。                   
更に、東京ではJICAやミャンマー大使館で打ち合わせし                   
新潟の織物伝統産地と交流をしました。                   
                                   
今回大使の所要重なり、新潟訪問が実現できなかったので                   
来年には新潟訪問約束いただきました。ミャンマーの紹介を
大使からお話頂く予定です。                   
                                   
    十日町市で                                 小千谷市で               
                                   
H, 2012年後期に向け
    1)NPOへの改組を申請中
    よりフェアーに、より充実した活動をめざしてNGOよりNPOへの改組を申請中です
    2) 秋には第9回ミャンマー工芸展を財)北方文化博物館で開催予定
    3)ミャンマーでオーガニックトッコンや蓮糸での地域振興の充実めざして活動中です。
 
I, 私達のスタンス                                   
 
 
 
物作りを通して、自立を得ます、私たちは”世界のオンリーワン作り”へ行動参加します。
双方協力し、双方が満足する事業を発展させて行く、私達のNGO活動です。
 しかし、海外で物作りをすることは、容易ではありません。私達もできる事を、出来る方法で、出来る人が実行することが必要になってきます。相互に切磋琢磨して、新しい事を創造する、自分への挑戦でもあります。
一般的な一村一品運動にマイクロファイナンスやフェアートレードの要素を加えて活動して
います。
                                                     以上

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

NGOミャンマークラフト支援会はにいがたNGOネットワークの会員団体です。