公益財団法人AFS日本協会からの【参考情報】です。

「AFS DAY 新潟〜にいがた青少年国際交流会議〜」開催のご案内

AFSDAY新潟〜にいがた青少年国際交流会議〜
 
日程
2012年11月24日(土)13:30〜15:30
 
 
場所
新潟国際情報大学 新潟中央キャンパス 9階講堂
新潟市中央区上大川前通7番町1169
市内バス「本町」より徒歩1分
交通案内を見る
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
〜にいがた青少年国際交流会議へ集まれ!〜
「グローバル人材輩出No.1都市を目指そう!」をコンセプトに、5年間で100名の留学生を新潟県から輩出するべく、英語圏だけでなくアジアや中南米など世界各国に10代(高校生)で留学できること、10代の留学経験によってどのように世界が広がっていくのかが体感できるイベントを開催します。 参加は無料ですので、皆様お誘いあわせのうえぜひご参加ください。
 
 
【プログラム】
●「グローバル人材」についてのクロストーク
 
篠田昭 新潟市長
上智大学外国語学部卒業。新潟日報社編集局学芸部長兼編集委員、長岡支社報道部長兼編集委員、論説委員兼編集委員などを経て、02年に新潟市長選に立候補し初当選。近隣14市町村との合併をまとめあげ、07年4月、本州日本海側で初の政令指定都市移行を実現。現在3期目。
 
佐々木寛 新潟国際情報大学教授
中央大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学後、立教大学法学部助手、日本学術振興会特別研究員を経て現職。専攻は、国際政治学・平和研究。2008年〜2009年までカリフォルニア大学バークリー校客員研究員。近著として、『地方自治体の安全保障』(共編著)、『戦争と権力』(訳書)など。2007年より、留学などで研鑽を積んだ大学生を県内の小中高校に「国際交流インストラクター」として派遣する地域国際理解事業を推進している。
 
秋葉忠利 AFS日本協会理事長、広島大学学長室特任教授
東京大学理学部数学専攻、マサチューセッツ工科大学で博士号取得、ニューヨーク州立大学、タフツ大学等で教鞭を取る。衆議院議員を3期、広島市長を3期つとめる。広島市長在職中、平和市長会議を5,000を超える都市が加盟・賛同する組織に育てるなど活発な平和活動を展開した。2010年に一連の核廃絶のための活動が評価され、アジアのノーベル賞といわれるマグサイサイ賞を受賞。AFS6期生(1959年〜60年 アメリカ)。
 
司会 関谷亜矢子
1964年東京生まれ。
国際基督教大学卒業後、1988年、日本テレビ入社。アナウンサーとして、主にスポーツ番組や「ザ・サンデー」「ジパングあさ6」などの情報番組を担当。2度の五輪取材も経験。2000年結婚を機に退社。フリーアナウンサーとしてテレビ、イベント・シンポジウム司会や執筆などで活動。現在の担当番組は、BS朝日「がん最前線キャンサーボードTV」、東京MX「ニッポン・ダンディ」のMC。1女の母。AFS29期生(1982年〜83年 アメリカ)
 
 
●外国人留学生による自国紹介
県内の高校に通う外国人留学生たちが、日本と自国の違いを紹介します。
 
 
●パネルディスカッション-にいがた青少年国際交流会議〜NIIGATA100プロジェクト始動!
5年間で100名の高校生を海外に送り出す「NIIGATA100プロジェクト」が始動! 新潟出身の海外留学経験者と、新潟での留学経験を持つ元AFS外国人留学生が、10代留学の意義について話し合います。
 
 
●2013年に海外留学する新潟県の高校生紹介
来年留学が内定している県内約20名の高校生をご紹介します。アメリカ、ヨーロッパ、中南米…と留学先も多国籍です。
 
 
●ネームカード交換会
イベント終了後に、留学生を含む参加者でネームカード交換会を行います。この機会に世界から集まる高校生とつながりを作ろう!
 
 
【対象】
中学・高校生、保護者、教育関係者、国際交流に興味のある方
 
 
【定員】
200名(定員に達し次第締め切り)
 
 
【参加費】
無料
 
 
【お申し込み方法】
件名を「AFSDAY新潟 申込」として下記1〜3を明記のうえ、E-mailまたはFAXでお申し込みください。
 1 氏名
 2 メールアドレス
 3 参加人数と内訳(例)高校生1名・保護者1名
E-mail:event@afs.or.jp FAX:03-3507-4300
 
 
【イベント・応募に関するお問い合わせ】
(公財)AFS日本協会 広報担当
 TEL:03-6206-1920(平日9:00〜17:00)
 E-mail:event@afs.or.jp
 
公益財団法人AFS日本協会・新潟国際情報大学 共催
後援:新潟県、新潟市、新潟県教育委員会、新潟市教育委員会、新潟日報社、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、NST、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、(財)新潟県国際交流協会、(公財)新潟市国際交流協会



情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
ツイッター@niigatango
http://www.facebook.com/niigatango