にいがたNGOネットワーク(Nネット)会報2013年1月号に、国際教育研究会にパネリストとしてご参加いただいた小黒淳一様より、感想をお寄せいただきました。

「第1回目の国際教育研究会で発表の機会をいただき、心から感謝申し上げます。これまでの自分の取組を振り返り、まとめる良い機会となりました。これほどインターネットが普及し、クリックひとつで情報に容易にアクセスできる世の中になりました。しかしながら、子どもたちがたくさんのことを知り、学んでいるかというと、そうとは限りません。やはり、子どもたちの心に学びと行動のきっかけを与えるのは教員の最大の仕事であり、一旦火をつければ、子どもたちの柔らかい発想と行動力で自ら道を拓いていくことでしょう。そのきっかけと出会い、そして学習の場を、心震える感動とともに創り上げるには、様々な人や機関との連携が欠かせません。この国際教育研究会がひとつの大切な場となり、様々な年代や立場の人たちが関わり合うことで、人と人をつなげ、学校と世の中をつなげ、日本と世界をつなげ、最終的に子どもたちの明るい未来につなげていきたいと思います。優しさとたくましさを身に付けた国際感覚のある子どもたちの育成のために、今後ともよろしくお願い致します。」

小黒淳一

1 国際交流インストラクター事業による授業風景
 
 
2 国際理解教育教員研修における生徒の学習発表


情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
http://www.facebook.com/niigatango