アジアクラフトリンク会報1より

一休み

A ザガイン街道
マンダレーからイワラジ河を渡るとザガイン州に入り、モイワまでザガイン街道が続きます
アメリカ合歓の木の巨木が両側から木のトンネルの美観を作っています。
この道を時速100劼2時間とばしてコットンの試験地アラカパ村へ行ってきました。






昼過ぎ、街道傍の運転手お勧めの食堂でチャーハンを注文。
日本の2倍くらいのボリュームが出てきます
インデカ米なので美味しいのですが半分袋に詰めてお土産にしました。

B 新型都市間バス







長距離バスの状況が1年で大幅に向上しています。
従来、長距離バスは丈夫な日本製の中古車バスがほぼ100%のシェア。なにせ夜、長距離走ります。
しかし、大きな変化です。たぶん価格政策で攻勢かけているのでしょうけど、中心のヤンゴン-
マンダレー間のバスは写真の北欧スカニア製の新型バスへ6−70%置き換わりました。
バス会社は民間です。コストが会うから新型を導入します。サービズも良く、写真のように3列シートは700km乗って1600円それには写真の特製パンとジュースそしてウオーターボトルと歯磨きセット
がついて、魅力的です。シートは新潟-大阪間の3列バスより乗り心地良く、よく眠れました。
なにせ大きな北欧人に合わせたシート、席は計31席でした。アジア人にはゆったりです
日中は4列シート車が走り、こちらは料金1050円。質、価格で日本の長距離バス凌駕しました。
急激に変わるミャンマーの1面を感じました。

C 環境NGO FREDAR と面談してきました。


主としてマングローブの再生に取り組んでいるミャンマーのNGOと辻先生のご紹介で会いました。
中部乾燥地帯での活動で当方のコットンを生かした地域振興策と共同できる面がありそうです

D 黒檀をつかったカトラリー



ひねりを入れたデザイン好評でしたので全11種類に増やして試作しました。
5月の北方文化博物館での第11回展示会に向け完成させます

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ