インド・バングラデシュの結婚式に参加するために、両国を訪問してきました。12月23日から1月2日までで、クリスマスや新年を外国で迎える初めての体験です。新郎新婦二人とも東京で働いていますが、長岡技大の留学生でした。私たちをホストファザー・マザーとして招待してくれたのです。異国の結婚式は興味深いですし、どこの国でも楽しいものでしょう。特に今回は、彼らの日本での生活や勉強、就職の苦労を見ていただけに嬉しさもひとしおです。感激でした。



そして第2の目的であるところの、フェアトレード団体訪問も忘れていません。が、何しろ両国の時間の流れは「新潟時間」なんてものでは無いのです。街中いたるところにあふれかえる人とモノと色と音と…とにかくすべてが私の許容範囲を超えている両国ですから、移動も一苦労。その毒気?にやられて帰国後もまだ頭がザワザワした感じです。両国とも生産者を訪ねる事は難しかったので、団体の経営するショップに行くことができました。



ショップは、インド・バングラとは思えないほど(笑) 落ち着いていて整然としていて、安心できる空間でした。笑顔がサービスと言う考え方が無い国にあって、笑顔で対応してくれる店でした。喧噪の中のオアシス…。「ら・なぷぅ」も見習いたいところです。ショップ訪問はまさに「ネコにかつおぶし」日本では見慣れないデザインなど仕入れができましたので、新年から店頭に並べます。よかったら、お出かけください。



ら・なぷぅ 店主 若井由佳子

情報掲載:
にいがたNGOネットワーク
にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ