2月11日(祝)クロスパルにて、NGOスタッフ研修を行いました。
先週の雪がまだ路肩に多く残っていましたが、午後からはさらに雪が降ってきました。
定員30名を超える、県内のNGO/NPOに携わる方々のお申込みをいただきました。



テーマは「『自分がしたいこと』ではなく『社会に求められること』のために、働き続けるチームをつくる!」

第一部の講義では、「多様な資源を獲得するために」
・資金提供者は何を期待しているのか?
・ニーズをどう把握し、表現できるか?
・課題と与件の違い
・目標と現実の差
・内部の資源を最大限に活用しよう!
・事業の自立性と運営形態
・よいプレゼンテーションのために
などのお話しをいただきました。

続く第二部のワークショップでは、
それぞれが4枚の提案書を書き上げ、
さらに、参加者の提案書に付箋でコメント(気づきを促す質問など)をし合いました。



講師の川北秀人さんは、IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]の代表でいらっしゃいます。研修後は、IIHOEが発行している情報誌「NPOマネジメント」を購入されている方の姿も多く見られました。

 

にいがたNGOネットワーク(Nネット)でも、ハイチ大地震災害募金をスタートしました。
講師の川北さんが代表をされているJENでも、現地を支援する活動をされています。