Nネットの仲間たちとの「これから」

1987年にタイ東北部イサーン地方に始まり、延べ38万人もの東南アジアの子ども達の基礎教育を支援することで彼らの未来を開く手助けをしてきた「ダルニー奨学金」。奨学金の特徴は、支援する子供達の国の教育省、子どもの在学校のバックアップを受けながら、それぞれの現地の事務局(EDF, Education for Development Fund)が主体となって奨学生を選定し、奨学金を支給管理している点にある。支援地はタイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、そしてミャンマーと東南アジア5カ国となり、年間約1万人の子供達の奨学金が運用されている。
 現在では、奨学金のみならず基礎教育環境の整備などにも力を注いでおり、教材整備、学校建設、図書施設・書籍整備、給食普及、通学手段および学生寮建設、学校保健衛生事業、教師研修、ドナー(奨学金支援者)研修などの支援事業を多岐にわたる。
 また、ドナー個人からの支援アイデアも民際がバックアップし、これまで幾つかの支援事業が実現、実施されてきた。代表的なものとして「ラオス・ポントゥン村美術部プロジェクト」「バレーボール 1,000個プロジェクト」などが挙げられる。また、日本各地には任意団体「ドナー連絡会」が組織されており、日本各地における奨学金の獲得や広報、ドナー間連絡網の整備に力を注いでいることが、支援の広がりを支えている実情がある。連絡会は現在全国に40団体が登録されており、新潟県には「新潟、長岡ドナー連絡会」の2つが存在し、本部事務局との連携のもと独自の活動を行っている。
 講演では新潟での活動については触れなかったが、振り返ると各種イベントでの広報ブース出展、新潟県ドナー研修旅行、全国ドナー連絡会会議開催、各種マスコミでの奨学金広報などが挙げられるが、新潟県国際交流基金によるラオス EDF への車両の寄贈が叶ったことは大きな喜びとなったことを昨日のことのように記憶している。また、長岡市より「米百俵賞」が民際センターに授与されたことは大きな栄誉であり、新潟県のドナーにとって大きな力となったことも忘れられない。
 なお、「にいがた NGO ネットワーク」が誕生し、同じ想いを共有できる多くの仲間や理解者を得たことは私にとって大きな喜びとなった。この仲間たちとの「これから」がどのよう方向性を得て、何を創生するのかをじっくりと眺めてゆきたいと思う今日この頃です。
(公財)民際センター・新潟ドナー連絡会
世話人・赤石隆夫
情報掲載:
2017.07.01 Saturday 10:21 | 民際センター 新潟ドナー連絡会 | comments(0) | trackbacks(0)

Comments
Post a Comment.
  
Trackbacks
Trackback URL :