団体設立20周年記念およびインド支援15周年の活動記録

『インド・子どもの憩いの村』建設・運営および国内活動
団体設立20周年記念およびインド支援15周年の活動記録
〜ゆめに向かって!!〜
(2017.5学校玄関前)
教育と環境の「爽(さわやか)」企画室
2017年7月
インド・ビシャカパトナム
「子どもの憩いの村」ファイル
愛しい子どもたちよ
愛しい子どもたちよ
小さな背中に か細い肩に
つらい 数え切れない悲しみを
背負った子どもたちよ
ここにおいでよ
あたたかい食事と寝るところと
背中をなでてくれる
やさしい手が待っているよ
深い愛のまなざしに包まれて
安心して 眠るといいよ
明日は きっと
いいことがあるよ
(2003年9月〜)    
・ビレッジでは今も床にお皿を置いて
・印・日交流で訪問した中・高生と       
・新しい学校の教室で学ぶ子ども
 
・東日本大震災の鎮魂セレモニー
・Mr.Roseパパ と Mrs.Ruthママ    
・シンボルツリ―・マンゴーの大樹    
・新しい校舎へ子どもたちに導かれ
✧「憩いの村・ビレッジ」では、子どもたちは温かい家族的雰囲気の中で育てられます。大きくなるにつれ、女の子はお姉さん、男の子はお兄さんとなり、小さな子どもの世話をしたり、家庭の仕事を分担したりしながら、知らず知らずのうちに、家族の一員となり、社会人となる準備をしていきます。やがては、自分に誇りを持ち、自分の目指す、大きな夢に向かって飛び立っていきます。
決して迷うことなかれ
たとえ 小さな集まりでも
思いやり深く
志高くあれば
やがて
世界を変えることができる
教育と環境の「爽」企画室 室是
「子どもの憩いの村」の子どもたち〜みんな家族だよ!!
「インド・子どもの憩いの村」建設・運営および国内活動
団体設立20周年記念およびインド支援15周年の活動記録
2017年7月1日 発行
教育と環境の「爽」企画室(代表 片桐 和子)
   
「教育は人生のために」(片桐昭吾さん、片桐和子さんの言葉より)
引用文:
“魚を与えたならば、その日のうちに食べきってしまうだろう。しかし、もし魚の釣り方を教えたならば、一生魚を食べることができるだろう”
片桐子ども村と片桐スクールは、衣食住に困窮している貧しい子どもたちや身寄りのない子どもたちを支援し、応援しています。わたしたちは主にインドのアンドラ・プラディッシュ州の貧困地域を対象にしており、生活を立て直す機会と、体を休める場所、生活の支援と教育を提供しています。
コンセプトノート (構想):
教育は全ての子どもたちに与えられた基本的な権利の一つです。人生で良い教育を受けた子どもたちは世界のリーダーとして、ビジネスや政治などの分野で活躍することができます。将来医療に従事したり、経営者となったり、工業や食品製造など様々な場面で社会に貢献することができます。より質の高い教育を受けていればより能力の高い農家となります。地方セクターは国全体の経済発展や貧困の減少によって良い影響を受けますが、それには基礎教育が必須です。しかし、低所得国の地方の初等学校は国の中心の教育機関から離れているために抱えている問題も多いのが現実です。加えて、国の就学モデルは都会の学校を対象として作られていることが多く、地方の学校にとって適切ではありません。地方の家庭は高額な学費を稼ぐことも、都市にある質の高い学校へ子どもを通わせるチャンスもないのです。
片桐スクールのミッション:身寄りのない子どもと地方の貧困家庭の子どもに対して、総合的なアプローチを行い、質の高い教育を提供する。
片桐スクールのビジョン:
全ての子どもたちが質の高い教育を受け、経済的にも余裕のある生活を送っている。そして栄養のある食事と、安心して暮らせる場所がある。それが次の世代の健康や、教育機関の改善にもつながっていく。やがてはそれが健康的な環境と健康的な国家を創り出していく。
方針 活動 片桐スクールの強み さらなる発展のために
1)より多くの子どもたちに教育の機会を提供する。
1)身寄りのない子どもたちとカウンセリングをすることで教育の重要性の意識を持たせる。(貧困家庭ともカウンセリングを行い、子どもを学校に行かせるようにする。女子にも等しい権利を保障する)   
1)地方のコミュニティーの中で強力なネットワークが築かれていること。
※現在305人の生徒が在学。
※片桐スクールに通うことに関心を持つ子どもたちが増えている。
1)教員と管理職が継続して地域の村やコミュニティーを訪問する。
※2017〜18年で102人の生徒が新たに片桐スクールへの通学の機会を得た。
※新しい教室4部屋増設
※実験室1室増設
※教員用の部屋1室増設
2)身寄りのない子どもたちや地方の貧困層の子どもたちに質の高い教育を提供する。 
2)より良い教室環境を整える。
※訓練を受け、経験のある有資格の教員を雇用する。
※子どもに優しい教育メソッドを導入する。
※デジタル教材のような効果的な教材を導入する。
※実験道具等が整った理科室を設ける。
※最新の書物を備えた図書館を設ける。   
2)片桐スクールには整備された教室がある。
※優れた有資格の教員が現在20名在籍
※管理職を含め、19名の支援者が在籍
※片桐スクールはこれまでに子どもたちの生活支援と教育の豊富な経験がある
※片桐村では立派な図書館を利用できる。  
2)常により良い教室を目指して環境改善に努めている。
※他校に教員を派遣し、研修を受けて指導力向上を図っている。
※教員に毎月給料と医療保険を支払っている。そうすることで教員が家庭の心配をすることなく働くことができ、より深く目の前の子どもたちと関わることができる。
3)体育教育を通じて子どもたちを勇気づけ、将来スポーツで生計を立てることができる機会も与える。体育教育は身体的な体力を高めるだけでなく、集団行動の習慣や訓練を重ねること、勝利のために自制心を持って決断することなどを学ぶことができる。 
3)片桐スポーツグラウンドを効果的に絶え間なく使用する。
※訓練を受けた、経験のある教員やスポーツインストラクターを選任する。
※インド国家の権威を受けた州や地区のスポーツ協会と共同していく。
3)よく整備された片桐グラウンドが使用可能である。
※よく訓練を受けた教員が在籍する。
※良い質の運動用具が利用可能である(片桐夫妻からの贈呈)。
3)片桐スポーツグラウンドは子どもたちが安全に練習できるよう、毎日整備管理されている。
※1台新しいスクールバスを体育教育のために購入。
周辺の24の学校から、1年におよそ1200名の生徒がバスで来ている。毎週25〜30名の生徒が片桐スポーツグラウンドで運動をしているということになる。
※毎日片桐スポーツグラウンドを整備管理するために専門に新しいスタッフを配置した。
4)家庭、学校、地域と建設的な関係を持続的に築いていく。 
   4)毎月地域のコミュニティーと情報交換の場を設けていく。  
  4)片桐スクールとスポーツグラウンドはインドのアンドラ・プラディッシュ州政府から認められている。
※スポーツグラウンドは地域の権威あるスポーツ協会からヴィジャナガラム県の運動教育の場として選ばれている。
※教員や生徒のスポーツトレーニングには、県の職員も一緒に参加する予定である。 
   4)州規模、地区規模のスポーツ大会が年に2回開催される。地域の60の学校が参加する。
※片桐スポーツグラウンドがこの大会で使用される。
※片桐昭吾さん、片桐和子さんの名からとってつけられた、
「サワヤカ カップ」が導入された。

 

2017年5月19日
・校長 Ch.Satyanarayana  ・経営者 Rangeet T.Rose  ・幹事・事務長 Ruth T. Rose 
・委員長 及び 管理者 Eliazar T. Rose   
翻訳:佐藤 桃子さん(東京都千代田区麹町中学校 英語教諭)
情報掲載:
2017.07.09 Sunday 06:57 | 教育と環境の「爽」企画室 | comments(0) | trackbacks(0)

Trackbacks
Trackback URL :