(公財)民際センター・新潟ドナー連絡会の活動報告

 

(公財)民際センター・新潟ドナー連絡会

 

 1987年にタイ東北部イサーン地方に始まり、延べ38万人もの東南アジアの子ども達の基礎教育を支援することで彼らの未来を開く手助けをしてきた「ダルニー奨学金」です。きっかけは、タイ東北部の1人の少女、ダルニーでした(写真1)。

 

 

 

奨学金の特徴は、支援する子供達の国の教育省、子どもの在学校教員のバックアップを受けながら、それぞれの現地の事務局(EDF, Education for Development Fund)と教員が主体となって奨学生を選定し、奨学金あるいは学用品を支給管理している点にあります。支援地はタイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、そしてミャンマーと東南アジア5カ国となり、年間約1万人の子供達の奨学金が運用されています(写真2)。

 

 現在では、奨学金のみならず基礎教育環境の整備などにも力を注いでおり、教材整備、学校建設、図書施設・書籍整備、給食普及、通学手段および学生寮建設、学校保健衛生事業、教師研修、ドナー(奨学金支援者)研修など多岐にわたる支援事業を展開しています。

 また、奨学金支援者を中心に全国で40以上の「ドナー連絡会」が任意で立ち上がっており、地方での活動を独自に展開していることも大きな特徴です。新潟においても、2013年よりベトナム奨学金支援を開始したこともあり、ここ数年は市内のベトナム留学生の協力を得て、ベトナム奨学金の獲得に力を入れています(写真3)。

 

 

赤石隆夫

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

2018.01.05 Friday 13:53 | 民際センター 新潟ドナー連絡会 | comments(0) | trackbacks(0)

Comments
Post a Comment.
  
Trackbacks
Trackback URL :