新潟国際ボランティアセンター(NVC)の2017年7月〜2017年12月までの活動報告

 ◆人生が変わった!!ベトナムスタディツアー◆

8月25日〜31日にかけて、支援事業を行っているベトナムのホーチミン市の孤児院、ラムドン省の孤児院、ロンアン省のシェルター、ベンチェ省のビンカンドン村小学校などを訪れるスタディツアーを実施いたしました。大学生から人生のベテラン世代の方まで総勢12名の方々に参加していただき、ベトナムを満喫してきました♪

今回のスタディツアーでは、NVCでアルバイトやインターンをしている大学生が中心となって準備を行った様々なアクティビティが現地の子どもたちに大人気でした。参加した大学生は、現地でしか感じることができない国際協力の雰囲気を味わい、自らが持っていた偏見に気づいたり、人生が変わるような衝撃に出会い、忘れられない夏になりました。

 

ラムドン省の孤児院にて。「てのひらアート」を実施。
ビンカンドン村の小学校にて、ドラえもんの福笑いをしている様子。

 

◆第29回!愛の架け橋バザー開催◆

107日・8日には、NVCの原点とも言える「愛の架け橋バザー&フェスタ」を開催いたしました。寄付していただいた企業様や個人様、多くのご来場の皆様、そして会場には来られないものの応援してくださったたくさんの方おかげで、前年度の売り上げを超える収益を上げることができました。このお金は支援先のベトナムの子どもたちのために使わせていただきます。本当にありがとうございました。次回はとうとう30回目!!感謝の気持ちを込めて、盛大に開催したいと考えておりますので、2018年もNVCをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

おそろいのTシャツは、ベトナムの女の子たちが作ったフェアトレードの服です。
チャリティピンボールは、子どもたちにはもちろん大人の方にも大人気でした。

 

◆みんなでNVCの未来を語ろう!の会◆

1216日には、“NVCのこれから”を考えるために、ざっくばらんに話し合いを行うワールドカフェ形式のワークショップを開催いたしました。大きく分けて「人材・資金をどう集めるか」「国内外の事業をどう発展させていくか」「フェアトレードグッズの商品化について」という3つのテーマに基づき、会員の方はもちろん大学生やベトナム人留学生など多くの方に参加していただき、アイディアが溢れる充実した時間を過ごすことができました。

ワークショップ中の様子。
フェアトレードのチュニック。これから商品化、ブランド化を目指していきます。

 

NVC 広報担当スタッフ

五井 晃

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

 

 

2018.01.05 Friday 18:43 | NVC新潟国際ボランティアセンター | comments(0) | trackbacks(0)

Trackbacks
Trackback URL :