新潟県青年海外協力協会の2017(後期)活動報告と2018(前期)活動計画

 

新潟県青年海外協力協会

  1. 2017(後期)活動報告
  1. JICAボランティアセミナー(ボラセミ)

7月に新潟大学国際ボランティアサークル、新潟県立大学国際地域学部にてJICAボランティアセミナーを開催しました。青年海外協力隊としてエクアドルで野球指導をしてきた齋藤勇太さん(新潟市)とフィリピンで防災教育を指導してきた羽田達也さん(新潟市)による帰国報告を行いました。

 

  1. 協力隊ナビ

今期の協力隊ナビは、地域への情報提供を目的に7月糸魚川、8月小千谷、9月佐渡、10月長岡で開催しました。糸魚川では、地域おこし協力隊、糸魚川大火の被災者などとコラボ、佐渡では、通訳ボランティア団体の定期公演として共催させていただきました。

 

 

  1. 新規派遣隊員表敬&壮行会

921日:2017年度2次隊、12192017年度3次隊を引率し、新潟県国際課などを表敬しました。また、同日に壮行会、2015年度12次隊の帰国報告も実施しました。

 

 

  1. 2018(前期)活動計画
  1. 協力隊ナビ

127日(土)は、長岡国際交流センター「地球広場」にて昨年10月にマダガスカルから帰国した菅沼弘美さん(助産師、長岡市出身)に報告していただきます。

2月からは新潟市に戻り、月末の最終土曜日、ナミテテ、エミタイにて交替で開催します。

 

  1. 【お願い】JICAボランティアOB/OG国際交流のお手伝いをします!

先般、新潟大学の留学生でラオス人の方と偶然知り合い、市内在住のラオス隊員OG2名を紹介して一緒に食事するなど交流がありました。食事中はずっとラオス語で会話が飛び、異様な光景となりましたが、ラオス人にとって久しぶりに母国語で会話ができ、とても喜んでいただけました。

私たち協力隊OB/OGは、派遣国も職種も多様で、任国の文化や習慣、現地語にも精通しています。私たちは、協力隊で得たスキルを活かせる場を探しています。出前報告会などはもちろん、上記のような外国人との交流などでもお手伝いいたします。Nネット会員のみなさまのアシストとして私たちにできることがありましたらぜひお声かけください!

 

にいがた国際フェスティバルでのポスター発表

 

事務局長 渡部悟

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

2018.01.07 Sunday 10:45 | 新潟県青年海外協力協会 | comments(0) | trackbacks(0)

Comments
Post a Comment.
  
Trackbacks
Trackback URL :