「第8回 にいがた国際フェスティバル」

にいがた国際フェスティバルを、平成291126日(日)にメディアシップで開催しました。このイベントは、新潟で活動する国際協力団体の活動を、多くの市民の皆様から知っていただくことをテーマの一つとしています。出展団体は新潟国際ボランティアセンター、フェアトレードショップナルニア、NPO法人アジアクラフトリンク、教育と環境の「爽」企画室、NGO新潟アピの会、新潟国際援助学生ボランティア協会、(公財)民際センター新潟ドナー連絡会、夢の橋・多言語紙芝居、特定非営利活動法人新潟県対外科学技術交流協会、新潟県青年海外協力協会、国際教育研究会で、それぞれ活動紹介やフェアトレード商品の販売等を行いました。

また、今回は子どもが世界に興味をもってもらうためのブースを設け、新潟県国際交流協会からお借りした世界地図パズル等のゲームを楽しんでもらいました。

イベント運営には、新潟大学や国際情報大学の多くの学生ボランティアから協力をいただきました。それぞれのNGOブースに学生ボランティアが入り、フェアトレード商品の販売等の活動を手伝い、若さと笑顔でブースを盛り上げました。学生達の存在は、会場を明るくするだけでなく、にいがたNGOネットワークのメンバーにもたくさんのエネルギーを与えてくれました。

ステージ発表では、今年も多くのパフォーマーにご協力いただきました。ベトナム留学生、ホッピーズ、国際情報大学生、スタイリッシュラテンパフォーマンスクラブのダンスや、長岡技術科学大学吹奏楽部の演奏、新潟大学生のよさこい、そして学生達による世界のファッションショーなど、どれも素晴らしいパフォーマンスで、会場を大いに盛り上げました。そして最後のBeth & Makoによるピアノ演奏と歌は、学生達とのコラボもあり、会場全体を一つにする感動的なエンディングでした。

世界のために新潟で活動しているNGOの皆さんの真心と、その活動を支えたいと集まった学生達の純粋な心が一つになる場所。それがこのイベントであり、それがこの活動の魅力であると思います。

最後に、イベントの司会者を担当した、新潟大学大学院の市川麻衣さんの感想を紹介します。「国フェスには2度目の参加で、今回は司会者として参加させていただきました。ボランティア活動、ダンス、ワールドファッションショーなど、様々な発表者の方をステージへ送り出し、紹介させていただける担当はとても刺激的でした。同時に、それだけ多くの方のご協力の下で国フェスは成り立っていることを実感します。多様性に支えられた会場はまるで小さな地球のようで、グローバルな世界がめいっぱいに凝縮され、私自身心が躍りっぱなしでした。同じように感じた方も多かったのではないでしょうか。国際協力や世界について知ってもらいたい人と、気になる人が繋がれる国フェスは、とても素敵なイベントです。参加することができて大変光栄でした。皆さんありがとうございました。」

 理事/にいがた国際フェスティバル 実行委員長 横堀正晴

 

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ