2018年度事業報告(2018年5月〜2019年4月)

 

1) 各団体は法人格、法人の種類及び敬称、「新潟県」等を省略し、以下のとおり略称で記載

当会:Nネット、新潟県国際交流協会:県協会、新潟市国際交流協会:新潟市協会、教育と環境の「爽」企画室:「爽」企画室、NGO新潟アピの会:アピ会、民際センター・新潟ドナー連絡会:民際、夢の橋・多言語紙芝居:夢の橋、アジアクラフトリンク:ACL、新潟国際援助学生ボランティア協会:NASVIA、新潟国際ボランティアセンター:NVC、にいがたフェアトレード推進委員会:FT推進委、AFS日本協会新潟支部:AFS、フェアトレードショップ ナルニア:ナルニア、日本車いすダンススポーツ連盟新潟県支部:車いすダンス

2) 会場の所在地は、クロスパルにいがた(クロスパル):新潟市中央区礎町通3ノ町2086、新潟市市民活動支援センター(NCCT):新潟市中央区西堀前通6番町894-1   

3) 5月〜12月は2018年、1月〜4月は2019

4) 記載ないときの主催はNネット

 

1 10周年記念事業【収入:521千円、支出:232千円】

 1) 目的

特定非営利活動法人認証10周年を記念してチャリティーコンサートを開催し、多くの市民に当会と会員団体等による国際協力活動を紹介するとともに、収益を、若者の国際協力活動参加促進に活用する。

 2) 概要

  〔松痢々餾欟力チャリティーコンサート

 ◆‘程 11月24日(土)、新潟市民プラザ(NEXT21 6F)

  体制 主催 Nネット

      補助 県協会

      後援 新潟県、新潟市、新潟市協会、新潟日報社、JICA東京

 ぁ.船吋奪函^貳1,500円、高大学生1,000円、小中学生500円 *当日券は500円増

          プレイガイド…えん、ヤマハ、伊勢丹、コンチェルト、ナルニア

 ァ〕莨貅埒堯190人

 3) 内容

  第1部 国際協力活動の紹介

以下の会員団体等の国際協力活動を、国際映像メディア専門学校(i-MEDIA)の協力を得て制作した映像により紹介し、最後に、スタディツアーに参加した大学生がスピーチ

NVC、アピ会、「爽」企画室、NASVIA、青年海外協力協会、民際、FT推進委、ナルニア、ACL、ミャンマーの医療を支援する会、夢の橋、国際教育研究会(RING)、元ネパール・ムスタン地域開発協力会          

  第2部 コンサート

       以下の若手音楽家によるクラシック音楽のコンサート

        チェロ:前田美華氏、ピアノ:安藤未玲氏、プラノ:小山瑠美子氏・ピアノ:斉藤晴海氏

 4) 出展

  〇毀吋廛薀競蹈咫次淵侫Д▲肇譟璽鰭陛販売)…NVC、アピ会、ナルニア 

 ◆‘吋潺縫ャラリー(パネル展示、11/22〜29)… アピ会、RING、車いすダンス、NVC、Nネット

 5) 広報

  .船薀掘_駟鵑畔擦擦7月下旬に会員、関係機関等に送付(一部はポスターを同封)

 ◆.櫂好拭次.廛譽ぅイド、新潟駅連絡通路、クロスパル、JR駅・公民館等に掲示

  告知等 朝日新聞(11/16ガイド)、市民プラザ11月予定表、県協会メルマガ、新潟市協会広報紙、Nネット・会員団体HP、フェイスブック等

 6) 収支

    収入521,367円…チケット421,367円(一般239枚、高大57枚、小中10枚)+県協会100,000円

    支出 231,783円…ホール等86,100円+出演者等52,000円+映像制作30,000円他

    差引289,584円…収益の取扱方針を理事会で議決

 7) 効果 

国際協力活動に関わりのない一般市民が多く来場し、映像やスピーチを通じて、地元で国際協力・国際支援に取り組んでいる団体の活動状況等を知り、関心を高めたことは、今後の新潟における国際協力活動の展開にとって意義深い。

なお、この事業の成功により、当会会員団体が実施する海外へのスタディツアー等に参加する学生へ助成する原資を得ることができた。

※主なアンケート結果(/有効回答)

項目

割合

内訳

国際交流・協力活動に関わっていない

48%

第1部から国際協力について新たな情報や視点を得られた

93%

大いに67%、まあまあ26%

国際協力活動や若者の参加支援に今後協力したい

72%

本日のチャリティーコンサート全体を通じて良かった

97%

とても76%、まあまあ21%

 

2 研修事業【収入:180千円、支出:155千円】

 1) 目的

無耕起、無農薬などにより生態学的最適化状態の有用植物を生産する協生農法が、SDGsが解決を求める多くの課題に効果的であることを、西アフリカのブルキナファソでの実践例などにより学び合うとともに、セミナーに参加した農業関係者に、国際協力についても関心を高めてもらい、今後、国際協力活動に参加するための契機とする。

 2)概要

  〔松痢(神30年度国際協力人材育成セミナー

 ◆ー臑蝓SDGsを農業から考える 〜協生農法による貧困と環境問題の解決〜

  日程 平成30年3月2日(土)、クロスパル3F 多目的ルーム1

 ぁ‖寮 主催 Nネット、県協会[委託:平成30年度NGOスタッフ育成研修]

       後援 新潟県、新潟市、新潟市協会、新潟日報社

 ァ〇臆暖顱〔砧

   参加者数 46人(講師等を含む)

 3) 内容

  々岷蕁、┸聞圈大出恭子理事(グリーン・フィロソフィー)

   演題 「農業で貧困をなくす 〜ブルキナファソでの協生農法の実践」

   講師 太田耕作氏

   (一社)シネコカルチャー講師、螢愁法璽灰鵐團紂璽織汽ぅ┘鵐晃Φ羹螢螢機璽船▲轡好織鵐

  ◆.錙櫂ショップ:人間図書館 ※進行:小黒淳一理事(国際教育研究会RING企画委員会委員長)

      参加者が、以下の5冊の「本」(講師)から選択した「本」を回り、「本」の経験や思いを読んで(聞いて)対話し、最後にアンケートを基にセミナーを振り返る。

太田耕作氏、大出恭子氏、岡田篤志氏 (FT推進委共同代表)、斎藤秀一氏 (ACL理事長)、藤田純子氏 (青年海外協力協会前会長)

 4) 広報

  .船薀掘_駟鵑畔擦擦1月下旬に会員、関係機関等に送付(一部はポスターを同封)

            今回は、県・近隣主要市の農政担当課、農業高校にも送付

 ◆.櫂好拭次.ロスパル、新潟駅連絡通路、新潟市総合福祉会館、会員団体事務所 他

  告知等 新潟日報(2/20)、新潟市協会広報紙「かけはし」、県協会メルマガ、Nネット・会員団体HP、フェイスブック等

 5) 効果

    当初の見込みどおり、多くの農業関係者が参加し、アンケートでは、国際協力等に関して高い評価が得られており、本セミナーは、当初の目的を達成することができた。

    ※主なアンケート結果(/有効回答)

項目

割合

内訳

農業関係者

44%

講演から国際協力について新たな情報や視点を得られた

82%

大いに52%、まあまあ30%

WSから国際協力について新たな情報や視点を得られた

79%

大いに50%、まあまあ29%

セミナー全体を振り返って満足

92%

大変54%、まあまあ38%

 

3 調査研究事業【収入:158千円、支出:148千円】 

   共通事項

      名称 第17回〜第21回国際教育研究会

        主催・後援等      

区分

第17回

第18回

第19回

第20回

第21回 

主催

Nネット・県協会(委託)

Nネット

共催

JICA東京

後援

県教委・JICA東京

県教委

長岡市教委

新潟市教委

上越市教委

新潟市教委

新潟市教委

       主宰 国際教育研究会企画委員会(RING、委員長:小黒理事)

      参加費 無料

【第17回国際教育研究会】 

 日程 7月28日(土)、ながおか市民センター

 主題 世界がもし100人の村だったらワークショップ

 目的 国際理解教育などに関心ある人や参加型教材の手法に興味がある人等への入門編

 内容 クイズや役割カードを通して、世界の多様性と貧富の差を体験的に学ぶ

    参加者 17人

    アンケート…大変満足34%、まあまあ満足66% 

【第18回国際教育研究会】

 日程 9月29日(土)、クロスパル 多目的ルーム2

 主題 大学生による国際理解ワークショップ

 目的 参加者の国際理解を深め、大学生ファシリテーターのスキルアップも目指す。

 内容 県立大学の5人のファシリテーターが国際理解ワークショップを展開

    参加者 31人 

    アンケート…大変満足84%、まあまあ満足11%、やや不満5% 

【第19回国際教育研究会】

 日程 11月10日(土)、上越市市民プラザ

 主題 スマホから考える世界・私・SDGs

 内容

  第1部 講師 (特活)開発教育協会(DEAR)阿部眞理子氏・伊藤容子氏

   内容 スマホに不可欠なレアメタル産出国の紛争やフェア・フォンの事例などを紹介

  第2部 講師 村上市立荒川中学校教諭 増田有貴氏

   演題 地域貢献活動×SDGs(総合的な学習の時間での取組)

 参加 25人(うち大学生12人、教員9人)

 アンケート 今回のセミナーに満足100%(大変79%、まあまあ21%)

【第20回国際教育研究会】

 日程 12月1日(土)、クロスパル

 主題 NVCオリジナル教材体験を通したグローバル教材づくり

 講演 講師 DEAR:中村絵乃氏

 演題 グローバル教材・プログラムづくりの視点

 ワークショップ 講師 NVC共同代表:三上杏里氏、同:中野伊吹氏

  テーマ NVCオリジナル教材体験

 参加 24人(うち学生・生徒5人、教員7人)

 アンケート 今回のセミナーに満足100%(大変89%、まあまあ11%)

【第21回国際教育研究会】

 日程 2月2日(土)、クロスパル 

 主題 JICA教師海外研修報告会 

 講師等 新潟清心女子高校教諭 関山茂樹氏、加茂農林高校教諭 加藤歩氏・同校生徒3人

  新潟県教育庁 菅一典氏(行政官コース)他

 参加 47人(うち学生・生徒10人、教員19人)

 アンケート 今回のセミナーに満足100%(大変88%、まあまあ12%)

 

4 スタディツアー事業 【収入:0千円、支出:0千円 】

     10周年記念事業の収益を活用する会員団体のスタディツアー等に参加する学生への助成について、取り扱い方針及び2019年度からの助成を決定

 

5 国際支援事業 【収入:0千円、支出:0千円 】

    該当事業なし   

 

6  参加・協力事業 【収入:80千円、支出:73千円 】

 1) 関係団体の会合・イベント等に参加・協力 

  )代アースフェスタ2018に協力 【収入80千円、支出71千円】

 主催 万代アースフェスタ実行委員会(万代シテイ商工連合会商店街振興組合、NST等)

 協力 Nネット(協力内容:出展、キッズコーナー、民族衣装ファッションショー)

 日程 5月3日(木)〜5日(土)

 会場 万代シテイ *出展場所はワールドヴィレッジ(ガルベストン通り)

 出展 青年海外協力協会、NASVIA、民際、ナルニア、アピ会、NVC、AFS

 ボランティア 新潟大学・新潟国際情報大学学生等

 ◆々餾欷鯲・国際協力団体発表展示会に参加 【収入0千円、支出2千円】

 主催 新潟市協会

 日程 10月19日(金)〜21日(日) *新潟市中央公民館文化祭同時開催

 会場 クロスパル2階(共同利用室)

 出展 パネル展示

 景品 クイズラリーに出題し、景品にフェアトレードハーブティー(ナルニア)を提供

  にいがた国際交流・協力団体ネットワーク会議(主催:新潟市協会)に出席

 主催 新潟市協会

 日程 5月12日(土)、クロスパル 

 お話 「地域における団体運営について」…三上杏里NVC共同代表

 ぁ.▲垈颪稜末恒例カレーパーティーに参加(12/14、アピ会事務所)

 ァ/軍禪立生涯学習センターの「平成30年度自作映像・視聴覚教材コンクール」で奨励賞受賞

    国際協力チャリティーコンサート第1部「国際協力活動紹介の映像」を出品(表彰式3/14)

 Α仝協会の「国際理解教育推進協議会」に理事長が出席(3/7、朱鷺メッセ)

 А仝協会の「平成31年度国際交流連絡会議」に2人出席(4/26、朱鷺メッセ)

 2)  会員団体等の事業を支援 

  〃狠弔△韻椶凌軍禪演及び交流事業(主催:劇団あけぼの新潟公演実行委員会)を後援

                        FT推進委とナルニア等で構成

     公演:5/27・なじらね沼垂しんこ屋、交流会:5/28・新潟市内小学校

 ◆‖30回愛のかけ橋バザー&フェスタ(主催:NVC)を後援  

     日程 10/6〜7、ピアBandai「ピアテラス」 

  2019ミャンマー展(主催:ACL、4/20〜5/11、北方文化博物館)を後援

 

7 啓発普及【収入0千円、支出183千円】

 1) 会報【収入0千円、支出129千円】

 vol.20(7月号)600部、Vol.21(1月号400部)を発行

 2) ホームページ【収入0千円、支出54千円】

  ‐霾麋信力を強化しスマートフォンからも読みやすくするために、サイトをリニューアル

 ◆〃佝饑畍困里燭瓠▲機璽弌爾鬟蹈螢櫂奪廚吠儿…ドメイン(アドレス)変更なし 

 

8 主な会務等

 1) 2018年度通常総会等を開催 【収入34千円、支出92千円】

  〃荵惨萄

 開催 5月20日(日)10:30〜、クロスパル305講座室

     出席 監事2人、立会い2人

 ◆‖1回理事会

 日程 6月10日(日)11:00〜、クロスパル交流ホール2

 議事 総会付議事項等を議決

     出席 理事8人(うち電磁的表決2人)+監事2人+オブザーバー1人

  通常総会

  ・ 総会

      日程 6月10日(日)13:00〜、クロスパル交流ホール2

      議事 平成29年度事業報告・決算、平成30年度事業計画・予算を議決

定款第13条第1項第3号を改正…理事定数を「10人以内」から「15人以内」に

役員を選任…全役員を再任し、新理事に赤石隆夫氏・丸田祥子氏を選任

      出席 23人(来賓・オブザーバーを含む) *委任状を含む正会員出席者は29人

   ・ 記念講演

      講師 小林香織様

          NPO法人ジャパンパラダンススポーツ協会 日本車いすダンススポーツ連盟新潟支部 公認インストラクター

      演題 つながる だれかがそばにいてくれるとうれしいなと想う時間

          〜臨終心理学から地域社会へのインクルージョン〜

   ・ 法人化10周年記念祝賀会    

      参加者19人(参加費2,000円) 

 ぁ‖2回理事会

 日程 6月10日(日)13:50〜、クロスパル交流ホール2

 議事 理事長・副理事長・常務理事の互選…全員再任を議決

     出席 理事8人+監事2人

 ァ‖3回理事会

 日程 11月11日(日)、i-MEDIA 1F

 内容 上半期の事業・収支報告、10周年記念事業・国際協力人材育成セミナー等を審議

     会議に先立ち、国際協力活動紹介映像を試写

     出席 理事10人(うち電磁的表決1人)+監事2人

 Α‖4回理事会

 日程 4月14日(日)、NCCT研修室

 内容 下半期の事業報告・収支見込み、2019年度事業計画・収支予算、2019年度通常総会

   スタディツアー参加助成の取扱い方針

 出席 理事11人(うち電磁的表決3人)+監事2人

 2) 所轄庁(新潟市)へ報告

     7月10日に事業報告書等、役員変更届出書並びに定款変更届出書を提出

 3) NCCTの利用団体に登録(10月)

 

 

 

2018年度決算報告

1.収支計算書

2.貸借対照表

3.財産目録

2019年度事業計画

2019年度収支予算

 

にいがたNGOネットワーク