「スリランカスタディーツアー」に参加して

「スリランカスタディーツアー」に参加して               鶴田則之

 2018年3月下旬、私たちは倉田さんご夫妻と共にスリランカボランティア旅行に参加させていただきました。家族全員スリランカもボランティアも初めての旅です。

 リーダーの倉田さんから事前に家族それぞれに役割を頂いており、(1)妻は風呂敷の結び方伝授、(2)娘は書道で子供たちと交流、(3)私は紙風船でレクリエーションでした。

 今回の訪問地は、マータラ、ソリアポクナ村、ハンバントタで交流、その後は観光でした。

 スリランカ到着後、最初の活動はマータラのバンテさんのお寺で、マザーと孤児院の子供たちと共に風呂敷包み作りです。文房具セットを作る人、風呂敷を包む人に分かれて開始。初めて風呂敷の包み方を覚えたマザーや子供たちは上手に計10人で3日間で新潟で用意された風呂敷460枚で包み、他の包みを入れると560個以上作りました。私達もヘトヘトでした。

 翌日、マータラの孤児院に訪問。風呂敷包みを受け取る子供たちは、手渡す私たちに微笑みながら「Thank you!」と元気に返事をしてくれました。みんな目が輝いていて真面目で素直だと感じました。

 次に風呂敷の結び方を説明。「You try?」で実際にやってもらう。見ただけで上手に結んでいきます。風呂敷を学用品バックとして活用し続けてくれたら嬉しいと思いました。

 

 

娘の書道は、まず娘が半紙に「春」を書き披露。次に子供たち全員に半紙を1枚ずつ配り、毛筆で名前をアルファベットで書いてもらいました。その下にシンハラ語の名前を、下段には私達が日本語のカタカナやひらがなを書きました。

 

みんな初めてとは思えないみごとな筆さばきでした!その中で毛筆で半紙にデザイン画を描いた女の子の上手い事、ビックリでした!。此の子がこの特技を生かして、生きて行けるように願わずには居られませんでした。

 

 

左の写真は私の名前です。

シンハラ語は書いてもらいました。     

いまや、私の大切な宝物です。

私は、今回の旅行で多くを学びました。

その中から二つご紹介します。

まず日本とスリランカでは、礼の尽くし方に文化の違いがあることです。スリランカ入国時の空港で、キャビンアテンダントさんが、ご僧侶のバンテさんの前にひざまづき礼を尽くされました。私はその姿に唖然としました。日本では考えられない光景だったからです。その後もスリランカでは何度か同じ光景を見る機会がありました。

次に寄附についてです。いままで私は誰かの役に立つだろう程度の気持ちで寄附をしていました。でも倉田さんご夫妻とスリランカに旅行して初めてわかりました。新潟アピの会のカリーを購入した代金は「倉田さん」を介して「文房具」になり、最後にスリランカの子供たちの「笑顔」につながっていったのです。

寄附をするということはとても大切なことなのだと実感した旅になりました。

最後に、バンテさんはじめ私たちに関わって下さったスリランカ在住の皆様、新潟アピの会様、倉田ご夫妻様、本当に、本当に貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。」と、ご報告していただきました。娘さんと鶴田さんは更に引き続きスリランカ滞在時の感想を又送って下さるそうです。

 

 


2018年上半期

2月24日JICAグローバルセミナーに県立大学榎本未希さん&森川七都実さんが体験発表。

3月22日〜31日まで。スリランカスタディーツアー

5月4,5日 万代アースフェスタに参加。

他、毎月色々なイベントに私達アピの会スタッフは呼ばれて、せっせっとカリーを販売しております。今年も皆様、アピの会スリランカカリーを宜しくお願い致します!

「NGO新潟アピの会」スリランカカリー販売代表 倉田洋子

 

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

 

 

2018.07.01 Sunday 18:14 | 新潟アピの会 | - | -