ミャンマーの医療を支援する会〜活動報告(2019年7月〜12月)
ミャンマーの医療を支援する会代表 内藤 眞
私は2000年に初めてミャンマーを訪れ、それを契機に留学生の教え子をパートナーとしてミャンマーの医療支援を続けてきました。来年、私のミャンマー活動は20周年を迎えます。2020年1月にヤンゴン第二医科大学で記念講演をすることになりました。また、新潟大学はミャンマー感染症研究拠点を設立して5年目の記念式典と研究成果報告会を1月11日にヤンゴンで開催することになりました(図1)。新潟大学からは学長、医学部長も参加します。式典のプログラムによりますと、ミャンマー保健大臣、学長、研究責任者に続いて、私と私の教え子のヤデナ医師、チン教授、チーダ教授も20年間の交流とその成果について話すことになっています。式典のタイトルは「新潟大学とミャンマー保健省との連携協力20周年記念―5年間の研究成果報告」であり、私の始めた活動が両国の感染症プロジェクトの基礎になったことを評価していただいたものと思っています。現地で多くの知人に会えることを楽しみに、大学や病院に提供する試薬や抗体の準備に追われています。
 

写真1 記念式典のポスター。筆者の写真(左端)も掲載されている。