教育と環境の「爽」企画室

☆2018年12月24日、「子どもの憩いの村」のクリスマスイブの楽しい集い☆

☆2018年12月24日、「子どもの憩いの村」のクリスマスイブの楽しい集い☆

●「子どもの村」では、クリスマスイブは一年最大行事で、日本からのクリスマスプレゼントも配られます。

●プレゼントをもらって大喜びの子どもたち。

      

●日ごろお世話になっている村人たちも招待されて、子どもたちのステージの芸能会を楽しみます。

 

 

●少年サンタさんの名司会で、恒例の演劇が始まりました。毎年筋は同じでも出演者が変わります。

今年の姫様が誰か、当日でないと分からず、子どもたちはワクワクです。

●お姫様をさらおうと悪者がやって来ますが、天使や村人の協力で追い払う事が出来るのですが、子どもたちの迷演技に皆さん笑ったり、大喝采です。

●最後は、特大のクリスマスケーキ。先生方やスタッフさんが腕によりをかけた手作りケーキです。分けてもらったケーキを、子どもたちは大喜びで食べ、イベントは終了。お休みなさい!よい夢を見てね。

          

☆イベントの中で20年近くも続いた、日本からのクリスマスプレゼントですが、私ども夫婦は高齢となり、郵便局の特大段ボール箱をいくつも荷作りするのが大変になりました。どなたか引き継いでくださる方いらっしゃいませんか?

 

 

  • Hatena Bookmark
AFS日本協会新潟支部学生部

AFS新潟支部学生部 活動報告

AFS新潟支部学生部の新体制が4月に発足し、いろいろと新たなことに挑戦し続けた1年でした。7月には新発田紫雲の郷において、海水浴やBBQやレクを交えた夏合宿を行いました。9月、10月は練習に練習を重ね、11月には天寿園にて学生部が主体となりミュージックパーティーを開催することができました。このイベントでは新潟・長岡・上越三支部の年間留学生、アジアからの架け橋プロジェクトで来日している留学生を迎え、自国の伝統舞踊や音楽を披露してくれました。学生部は朝早くからの会場設営に司会進行、学生部によるパフォーマンスを披露し、大いに盛り上がりました。また今年度は学生部として初めてAFS新潟Tシャツも作成することができました。12月にはAFS東京、関西、名古屋、京都、福岡、神奈川学生部とともにディスカッションを通じ、交流を深めることができました。今年はAFSが独自に行っているICL(異文化推進教育)を取り入れながら一人でも多くの学生にグローバルな視野を持ってもらいたいと考えています。今後も私たちAFS新潟支部学生部は新潟を拠点に国内外を問わずたくさんの学生・留学生とともに世界平和をより推進していきたいと考えています。学生主体ということもあり、まだまだ至らない点も多々ありますが温かい目で見守っていただけたら幸いです。来年もどうぞよろしくお願いいたします!(AFS新潟支部学生部 代表 渡部晴矢)

 

ミュージックパーティー@天寿園。たくさんのパフォーマンスで大いに盛り上がりました!
AFS学生全国ボランティアキャンプ@滋賀 新潟支部学生部の取り組みを全国の学生に紹介することができました。

 

  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ら・なぷぅ

モンゴルのウールに惹かれて

モンゴル2度目の訪問。今回は製作の場を見学したいと思い、モンゴル製品の中でも特に好きなウールのスリッパを視覚障がい者作業所に、カシミア製品を女性たちの作業所にお願いすることが出来た。7/28、ウランバートルに到着して、スリッパ作業所に「明日よろしく」と電話をしたら「訪問はできない」との事。約束した責任者が地方に出かけて不在だからと。まさか夏休み??「海外だから」といえばそうだが、しばし茫然。旅の目的は他にもある。けれど私の中ではメインイベント。ウールスリッパは、洗練されてかわいいものが多いし本当に暖かいので私も数年愛用している。お客様にも好評だ。カシミア製品は手袋、靴下であっても柔らかくて暖かい。モンゴルのマイナス20℃〜30℃が産みだす暖かさに感謝したい。今回のドタキャンは、残念だけれど、その経験を生した報告が、いつか出来ればと思っている。リベンジ?

ら・なぷぅ店主 若井 由佳子

  • Hatena Bookmark
アジアクラフトリンク

2019年を迎えて

 2018年下半期。ミャンマー現地では、上半期の成果をまとめながら、新しい活動のための地盤固めをした、そんな半年でした。

 

 主力事業のひとつ木工産業育成事業では、地域の木工品生産者たちが、品質の高い製品をもっと安定して生産できるよう、現地のサポート体制を強化しました。活動地のバゴー地方では、上半期に挑戦したクラウドファンディングによるご支援を元に、近隣の小学校で、教室を天然木の床に貼り直したほか、給水設備の改修も行い、子どもたちが健康に学べるよう支援しました。

 

 もうひとつの柱、織物教育支援事業では、1年半におよぶJICA草の根技術協力事業が10月に完了しました。事業に参加した、国立サウンダース織物専門学校の教師27名は、海外市場を想定したものづくり、特にデザインと品質管理に関する知識と意識を高め、大きな成長を遂げました。最終課題として製作した草木染め・手織りのコットンショールは素晴らしく、今年、成田国際空港・関西国際空港の一村一品マーケットでご紹介する予定です。今後は、さらに付加価値を高められるよう、オーガニックコットン開発事業との連携を模索すべく、シャン州で調査を継続しています。

 

 一方新潟本部では、より多くの方に私たちの活動を知ってもらい、ご支援いただけるよう、広報活動に注力しました。新潟の皆さまにはおなじみの古町どんどんや、地元・江南区のイベントに参加したほか、ピアBandaiでもミャンマーの手仕事品をご紹介しました。大きなニュースは、会員さま向けのスタディツアーを6年ぶりに実施し、ミャンマー現地での活動状況とその成果に直接触れていただいたことです。

 

2019年は、昨年蒔いた種を大切に育て、さらなる飛躍を目指して一同頑張って参ります。竹産業育成のための商品開発や、ヨーロッパ市場への働きかけなど、心踊る新たな扉への挑戦が少しずつ始まっています。本年もご支援ご協力のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

新潟本部マネージャー 大場 寛之

 

ミャンマーでは、一村一品運動の注目度が上昇中。
元気に学ぶレイ・エ・スー小学校の子どもたち。
JICA事業に全国各地から参加した織物専門学校の教師たち。
オーガニックコットン開発に向けて試験栽培を継続中。
古町どんどん、たくさんのご来場に感謝。
新しい発見が盛りだくさんのツアーを今後も企画。
  • Hatena Bookmark
新潟県青年海外協力協会

【新潟県青年海外協力協会〜活動報告と活動計画】

【新潟県青年海外協力協会〜活動報告】

⑴協力隊ナビ

協力隊ナビは、7、8月は、7月に帰国したOGとシニアOBによる活動報告をいただきました。9月は、長岡で開催し、10月は、新潟市にて協力隊募集期間の為、応募相談を兼ねたナビを開催しました。また、12月はパナマから帰国された齋藤芳子SVによる帰国報告に加え加茂市の中学生による協力隊OB/OGのアンケートを題材としたプレゼンテーションを披露いただきました。

⑵故広川俊男OB追悼展

昨年逝去された元新潟産業大学学長の広川俊男OBS49-1コスタリカ共和国、水泳)の追悼展を新潟産業大学紅葉祭で行いました。昨年コスタリカでは、広川OBの悲報を聞き、TOSHIO HIROKAWA 追悼大会とした全国大会が開催されるほどその功績は、偉大な物でした。

2018-22018-3次隊表敬&壮行会

920日、1218日、これから派遣される県内出身の青年海外協力隊7名、シニア海外ボランティア1名の新潟県国際課表敬に引率しました。その日の夜は、会員と有志による壮行会を開催し、盛大に送り出しました。

【新潟県青年海外協力協会〜活動計画】

⑴協力隊ナビ

協力隊ナビは、毎月最終土曜日にエミタイとナミテテを交互で開催予定です。1月26日は、長岡地球広場にて開催予定です。

協力隊ナビは、青年海外協力隊志願者以外でも楽しく世界の話をしながら協力隊のことを知っていただくことを目的としています。ぜひ、気軽な気持ちでご参加下さい。

(2)協力隊募集

春募集は、3月より募集開始の予定です。応募相談を予定しておりますので当協会のFBページでご確認ください。

 

 

協力隊ナビ(万代市民会館)2016-2次隊、盒恐損劼気鵝淵僖薀哀▲ぁ⊇産師、新潟市出身)

 

広川OB追悼展:コスタリカでの水泳指導風景故広川俊男さん(1974-1 コスタリカ 水泳指導)

 

新潟県国際課表敬(2018-1新潟県出身者)

 

新潟県青年海外協力協会 会長 渡部悟

 

  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

NPO法人 新潟国際援助学生ボランティア協会(NASVIA) 活動報告と活動予定

 ルワンダの教育を考える活動のRwan-Ja(ルワンジャ)は昨年度のルワンダツアーを受けて、今年は街頭や大学祭などで募金を行いました。2019年春には再びルワンダツアーを計画していますので、ツアーに参加する学生さんたちと相談しながら、現地のニーズに合わせ使途を決定させていただきます。

 N-netの行事は様々な活動を知る貴重な機会ですので、学生さん達にもお声掛けしていきたいと思います。10周年記念のチャリティコンサートにも学生さんにお手伝い頂きましたので、以下にご紹介させて頂きます。

事務局 原口 央

 

◆ 昨年11月に行われたチャリティコンサートでは、受付のお手伝いをさせていただきました。Nネット所属団体の活動紹介のビデオや展示もあり、他の団体について知ることもできました。また、準備などの時間でたくさんの方とお話しすることができ、とても良い経験になりました。

今年も2月にルワンダスタディーツアーを計画しています。現地の学校や博物館、特に貧しい地域などを訪問する予定です。今まで街頭募金や物品販売で支援金を集めてきたので、どういった支援が必要なのかを自分の目で見てきて、今後の活動につなげていこうと思っています。

新潟大学 長谷部 千紘

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク法人化10周年記念「国際協力チャリティ―コンサート」を終えて

 会員の皆様、お客様、多くの方々のご協力、ご支援をいただいて無事終える事ができました。

心より有難うございました。ご来場の方々より当方手元へ喜びの感想が寄せられましたので、ここに少しお知らせいたします。

 

〇フェアトレードの言葉に初めて出会い、素直に感動させられました。 

〇映像に登場のこども達と学生さん達の笑顔に救われ、応援したくなり、自分もまた仕事に頑張ろうと活力をいただきました。 

〇とても良い企画で、NGOのパネルや映像にて、活動のご苦労を垣間見させてもらいました。 

〇家庭的な雰囲気の中でアッという間の、すごく楽しいひと時でした。 

〇コンサートでは、ふだん聞けない演奏者のお話しも興味深く嬉しかったです。 

〇素晴らしい演奏に心癒されました。 

〇チェロの迫力、バッハの精神性、よく知るピアノ曲も表現の異なり、豊かさの発見があり、日本歌曲の美しさ楽しさ、オペラの醍醐味と感動しました。 

〇また聴きたい。

などなど他にも感謝感激の「声」が多数寄せられました。

 

映像の企画・制作に溢れるセンスと奮闘の学生さん方、心癒され、温かな演奏の先生方と皆様、無償のご協力にも改めて感謝申し上げます。

 歴史が一歩進む新年、にいがたNGOネットワーク、喜びのスタートとなりました!

 

      夢の橋 荒川久美子

 

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク(Nネット) 活動報告【平成30年7月〜12月】

にいがたNGOネットワーク(Nネット)

活動報告【平成307月〜12月】

 

1 主催事業

 1)  法人化10周年記念「国際協力チャリティーコンサート」

 ヽ詰

日程 1124日(土)、新潟市民プラザ(NEXT21 6F

補助:新潟県国際交流協会(県協会)

後援:新潟県、新潟市、新潟市国際交流協会、新潟日報社、JICA東京

     入場券:一般1,500円、高大学生1,000円、小中学生500円 *当日券は500円増

来場:190

  ◆‘睛

     第1部 国際協力活動の紹介

以下の会員団体等の国際協力活動を、国際映像メディア専門学校(i-MEDIA)の協力を得て制作した映像により紹介し、最後に、スタディツアーに参加した大学生がスピーチ

NVC、新潟アピの会、教育と環境の「爽」企画室、NASVIA、新潟県青年海外協力協会、民際センター、にいがたフェアトレード推進委員会、フェアトレードショップ ナルニア、アジアクラフトリンク、ミャンマーの医療を支援する会、夢の橋・多言語紙芝居、国際教育研究会(RING)、元ネパール・ムスタン地域開発協力会          

     第2部 コンサート

      以下の若手音楽家によるクラシック音楽のコンサート

       チェロ:前田美華氏、ピアノ:安藤未玲氏、ソプラノ:小山瑠美子氏、ピアノ:斉藤晴海氏

   出展

     市民プラザロビー:以下の団体がフェアトレード品等を販売

               NVC、ナルニア、新潟アピの会 

     同ミニギャラリー:以下の団体が活動紹介のパネル等を展示(11/2211/29

                              新潟アピの会、RING、車いすダンス、NVCNネット

    ぁー益

     コンサートの収益は、会員団体が実施するスタディツアー等に参加する学生に助成

 2)  17回〜第20回国際教育研究会(RING)                        

  主催 Nネット、県協会(委託) 

後援 新潟県教育委員会(県教委)、長岡市教委(第17回)、新潟市教委(第1820回)、上越市教委(第19回)、JICA東京

企画運営 国際教育研究会企画委員会(委員長:小黒淳一理事)

【第17回】

日程 728日(土)、ながおか市民センター

主題 世界がもし100人の村だったらワークショップ

参加 講師を含め17

【第18回】

日程 929日(土)、クロスパルにいがた

主題 大学生による国際理解ワークショップ

講師 新潟県立大学国際交流ファシリテーター5

参加 講師を含め31

【第19回】

日程 1110日(土)、上越市市民プラザ

主題 スマホから考える世界・私・SDGs

講師 (特活)開発教育協会(DEAR) 阿部眞理子氏、伊藤容子氏

参加 講師を含め25

【第20回】

日程 121日(土)、クロスパルにいがた

主題 NVCオリジナル教材体験を通したグローバル教材づくり

講師 DEAR 中村絵乃氏、NVC共同代表 三上杏里氏

参加 講師を含め24

 

2 参加・協力等 

1) NVCの「第29回愛のかけ橋バザー&フェスタ」(10/78、ピアBandai)を後援

2) 新潟市協会の「国際交流・国際協力団体発表展示会」(10/1921、クロスパル)に出展しクイズラリーに協力

3) 新潟アピの会の年末恒例カレーパーティーに参加(12/14、アピ会事務所)

 

3 会報

Vol.207月号)発行 600部 *「国際協力チャリティーコンサート」会場で配布

 

4 主な会務等

 1) 平成30年度第3回理事会(出席11人、電磁的表決1人)

日程 1111日(日)、i-MEDIA 1F

内容 上半期の事業・収支報告、10周年記念事業・国際協力人材育成セミナー等の審議

   会議に先立ち、国際協力活動紹介映像を試写

 2) 新潟市市民活動支援センター(新潟市中央区西堀前通6番町894-1 西堀6番館ビル3F)の利用団体に登録(10月)

 

5 当面の主な予定

 1) 平成30年度国際協力人材育成セミナー(県協会委託事業)

日程 32日(土)13:30〜、クロスパル 3F 多目的ルーム1

主題 SDGsを農業から考える 〜協生農法による貧困と環境問題の解決〜

講師 太田耕作氏:一般社団法人シネコカルチャー講師

     

 事務局長 小畑 正敏

 

 

  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

教育と環境の「爽」企画室(2018年7月〜12月の活動報告)

先回の会報で現地訪問の報告をした、ブルタイス・彩也香さんの訪問からしばらくして、インド現地の子どもたちからお便りが届きました。ひらがなで真剣に書いたものです。

★ガンガさん(彼女は2014年9月に、高校生の代表として新潟を訪問しました。)

 おげんきですか?わたしたちは、みなげんきです。さやかさんとたのしいじかんをすごせて、とてもうれしいです。べんきょうもがんばっています。おじいちゃんとおばあちゃんにあいたいです。ローズさん、ルースさんはいつもやさしくしてくれます。おじいちゃんとおばあちゃんにかんしゃしてもしつくせません。(現在は保育専門の学校に在学中。)

★ナンディニちゃん(「子どもの憩いの村」で、ルースさんの手伝いをしています。)

 こんにちは、ナンディニです。かたぎりスクール10ねんせいをこのまえおえました。せいせきもよくできました。さやかせんせいは、にほんごやうたやダンスもおしえてくれました。かたぎりさん、おふたりのことがとってもとってもだいすきです。おふたりがけんこうにすごせますように、かみさまがいつもともにいます。かたぎりさんがしてくれたすべてのことにかんしゃします。ニューホープの孫。(孫だけが漢字!手作りの花を添えて。)

★ヴァムスィ君(とても利発な少年。英語で書いたものを彩也香さんが訳しました。)

 ぼくはヴァムスィです。片桐さんの学校に通う6年生です。片桐さんのお誕生日をみんなで楽しくお祝いしました。ぼくたちはみんな勉強をがんばっています。ぼくたちのためにも、いのってください。もうすぐ試験があって、それが最後の試験になるのです。みんなしっかり勉強しているし、健康です。インドは今とても暑いです。日本はどの季節ですか?(HIVの重い病を持つ子です。絵が得意で手紙と一緒に花の絵を送ってくれました。)

 遠く離れて暮らす子どもたちに、私どもが出来ることは、じれったいほど少ないけど、現地NGO・NEWHOPE(代表ローズ夫妻)が事業を引き継ぎ、家族のいない子どもたちの面倒や、隣接する学校の運営など、責任を持ってやっていますから、安心しています。

 2018年後半には、講演会と展示会、そしてバザーをやりました。クリスマスプレゼントは、私どもの想いを子どもたちに直接伝える、やりがいのある活動です。日本から届いたBoxをスタッフが開けるのを、ワクワク待ちわびる子どもたちの様子が目に浮かびます。

●インドから届いた「ひらがな」の手紙です。

●「憩いの村」でおさらいをする子どもたち

●柏崎市教職員夏季研修会での講演。「人権教育」がテーマでしたが、人権問題は世界共通。(8月)

●新潟クロスパルでのバザーの様子です。カラフルな異国の小物はいつも人気です。(10月)

●「子どもの村」では、みんなが家族。盛り付けもみんなでやり、みんなで仲良く食べます。

●2015年の夏休みに現地訪問した、日本の高校生のバースデーを祝いました!(12月)

 

●日本からクリスマス・ボックスが届きました!何が入っているでしょう。興味津津(12月24日)

●クリスマス・イブの楽しい催しの始まりです。今年の女神様は誰かな?目輝かせて!

(代表 片桐 和子)

 

  • Hatena Bookmark