NVC新潟国際ボランティアセンター

NVC活動報告

皆さんこんにちは!
NVC啓発担当の相馬優花です。
今回は2019年の7月〜12月にかけてのNVCの活動報告をさせていただきます。
今年一年は「この団体の存在意義や活動を知って頂くだけでなく、新潟で同じ志を持つ仲間をもっと増やし、この地を中心として世界をよりよくする波を作っていく一年にしよう」という目標を掲げてNVCは活動してきました。
様々なイベントやセミナーなどに参加させていただいたおかげで、新聞やTV、ラジオ等のマスコミに取り上げて頂く機会も増え、より多くの方々に私たちNVCという団体や、その活動を知ってもらうことができたと思っています。
中でも主なNVCの活動としてご紹介したいのが、8月の「ベトナムスタディツアー」と、台風の影響により開催日を10月から11月に延期して実施した「愛のかけはしバザー」です。
8月の16日から23日にかけて、毎年恒例のNVCスタディツアーを実施しました。今年は東京在住の方やベトナム現地から参加される方も多く、今まで以上に多種多様な方々が揃い、大変新鮮なツアーになりました。参加した学生からの新商品提案企画もあり、縫製製品製作を通じた自立支援事業を展開しているキムチシェルターで、今まで生産してきたチュニックやワンピース等の洋服だけでなく、その余った布を活かしてブックカバー等の小物を作成してみる、というチャレンジをしました。シェルター側に提案が無事通り、現時点では制作段階にあります!今年2月に進捗状況を確認しにキムチシェルターを訪問できることが今から楽しみです!
そして、NVCの一大イベント、「愛のかけはしバザー」。1ヶ月以上も延期しての開催だったため、多くの人が来場できないかもしれないと心配しておりましたが、予想以上に多くの方が足を運んでくださり、当日は天気にも恵まれ、例年以上に大盛況でイベントを終えることができました。参加してくださった全ての方々に感謝するのと同時に、新潟という地でいかにNVCという団体が皆様に愛されているのかが実感できる1日でした。
12月末には、今年最後の運営委員会と忘年会があり、そこになんと、スペシャルゲストとして元奨学生の方がベトナムから来てくれ、NVCのこれからについて共に意見を交わしました。ベトナムと新潟が交流できるとても有意義で素敵な時間を過ごせました♪
今年一年は、新潟とベトナムという地を起点として、NVCという団体がより大きく成長できた1年でした。NVCは来年もまた、さらに成長し、世界と繋がり、よりよい世界の実現に努めていきたいと思っています。皆様、また今年もどうぞよろしくお願いいたします!
キムチシェルターにて 
会う度にスキルアップしていて感動です♪
愛のかけはしバザーにて 大賑わいのピア万代!!
  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

豊かな心

  年末年始に飛び込んできたニュースの人物に、無欲てんたん恬淡な人生と貪欲りんしよく吝嗇な人生の対照的な姿を見ました。前者はボランティア活動に命を捧げた中村哲医師です。後者はそれぞれのご想像におまかせしたいと思います。
  無欲恬淡と似た言葉に「清貧」があります。これは決して貧しさを称賛するものではなく、「質素でも豊かな心を持って生きること」と理解しています。その姿は、ボランティアに携わる方々の共通の思いと言って良いでしょう。
  Nネットは、昨年10月27日にフェアトレードフェスティバルを開催いたしました。自立支援と、貧困からの脱出を図るフェアトレードの活動は、共生を願う私たち自身の在り方生き方をも問うものだと思っています。
  フェアトレードのみならず教育・医療・スポーツ・芸術等をとおして、さまざまな形で国際協力に携わる会員の皆様をはじめボランティアを志す方々の豊かな心が、世界の中でなお一層輝きを増すことを信じてやみません。

                      理事長  荒 幸男

  • Hatena Bookmark
アジアクラフトリンク

【新年1/11@新潟市】トークセッション&上映会、来場者募集

「国際協力トークショー&ミャンマー映画上映会 〜東南アジア文化に触れる1日〜」ぜひご来場ください!

2020年1月11日(土)、ミャンマーをはじめ世界各国で活動を続ける4人が事例発表し、多様な国際協力のあり方や、キャリアをテーマにトークセッションを行います。

アジアクラフトリンクからはスタッフ大場が登壇。そして、新潟の国際交流・国際協力活動を推進するJICA新潟デスクの宮さん、タイで海外協力隊として活躍された理学療法士の山田さん、ミャンマー駐在をはじめNGOや財団法人での活動経験をもつ大場翠さんが、それぞれの経験を語り、意見を交わします。

イベント後半は、ミャンマー映画「ナガのドラム」の、新潟初となる上映会。東京、岡山、福岡など全国各地ほか、東京藝大でも上映が続く、井口 寛氏が手がけた話題の記録映画です。

JICA海外協力隊の説明会も兼ねたイベントのため、終演後は、経験者から直接話を聞ける個別相談会が行われます。ほかにもミャンマー雑貨のセレクトショップ「Sapibi」による販売会や、ミャンマーお菓子の試食もできます!

これだけ盛りだくさんの内容で、参加費無料。どの時間からでも自由に参加できます。会場は、公共交通でも自家用車でも来やすいユニゾンプラザ。気軽に遊びに来てください!

「国際協力トークショー&ミャンマー映画上映会 〜東南アジア文化に触れる1日〜」
会期:2020年1月11日(土)
時間:午後1時〜午後4時(4時〜個別相談)
会場:新潟ユニゾンプラザ5階 特別会議室(新潟市中央区上所2-2-2)
料金:無料
主催:JICA東京、NPO法人アジアクラフトリンク
イベントページ: https://www.facebook.com/events/908074522923238/

<当会は、一般財団法人日本国際協力システムの助成による、広報拡充事業の一環として、当活動を実施しています>

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

フェアトレードフェスティバルに寄せて

 今回、当会はフェアトレードフェスティバルのステージ発表のほうに、参加させていただきました。私どもの本拠地は、ドイツのミュンヘンにあり、年何回か、日本の本部がある東京のほうに、海外から講師をお呼びして、ワークショップや強化合宿を開催しております。今年は、ドイツ、ポーランド、韓国から仲間が来日する予定になっております。

当会は、フェアトレード商品を実際に扱っているわけではありませんが、折りに触れて、会員や集う人々が触れられるような配慮を行っております。

 

 フェアトレードフェスティバルのステージ発表では、イギリス・オランダ・ドイツを中心に発展してきた車いすダンススポーツのコンビスタイルのクラス競薀謄鵐▲瓮螢ンのカテゴリーを、発表させていただきました。

 今回、国内外を問わず、障がい者アートにおける舞台芸術の分野が認知されるきっかけとなり、障がいを問うことを超えて、新たな表現を生み出す可能性を目指さなければならないと思います。この芸術ムーブメントに対して、アートではなく、障がい者が、がんばっている単なる自己満足ではないかと、人は批判するかもしれません。舞台芸術の水準は、一定の基準は超えていると思うが、一般の演劇大賞を取れるかというと、まだ難しいところがあります。今、演劇大賞を取る作品の多くが海外とのコラボレート作品です。

 少し前までは、パフォーマンスというと「表現力」や「感性」、「情操」の教育というところで語られていましたが、今は、制作課程における「コミュニケーション能力の向上」というところで、注目されていきます。

 パフォーマンスというのは、対等な関係を作りやすく、社会との接点を増やしていくには、演劇や演劇的仕掛けが大きな役割を果たすと考えられています。

 私どもは、「We」の関係性であり、「障がい」をストーリーの外に置くことを大切にしています。そこには、障がい者であるか、そうでないかというカテゴリーはなく、ただ人としての原点に立ち返ることを大事にしていくことが求められます。

 福祉政策の中だけで捉えられるのではなく、そこの視点を変えていけるかが次の10年を決める大事なことだと思います。

 私どもにとって、揺さぶられるような舞台表現との出会いは、一緒に活動する仲間から様々な人生の美しさを見せつけられることに共鳴をし、これからも一緒に活動をし誰かの心を揺さぶる演技をして、国際交流のなかから学び歩んでいきたいと思います。

 

内閣府所轄NPO法人日本車いすダンススポーツ連盟 新潟県支部

小林香織

 

 

 

  • Hatena Bookmark
アジアクラフトリンク

「ミャンマー・地方の町で名産品づくりを学ぶツアー」

【2020年2月21日-26日】スタディツアー募集開始のお知らせ!
2020年2月21日(金)〜26日(水)、スタディツアー「ミャンマー・地方の町で名産品づくりを学ぶツアー」を開催します。

成田空港発着の4泊6日、ヤンゴンまでは全日空直行便利用!一般価格17万円、学生価格13万と、非常にリーズナブル!

アジアクラフトリンクが木工品生産者を支援する地方の町、古都バゴーにゆっくりと滞在し、人々の暮らしに触れ、交流による学び合いを体験する、特別なツアープログラムです。

地元の職人さんに教えてもらいながら、世界に一つだけの木工雑貨づくりにも挑戦できます!

申込み・問合せは、株式会社ピース・イン・ツアー(TEL:03-3207-3690)へ。詳しいツアー内容は、公式facebookページ(https://www.facebook.com/asiacraftslink/)や、画像のチラシをご覧ください!

<当活動は、一般財団法人日本国際協力システム、およびにいがたNGOネットワークの助成による、広報強化活動の一環として実施しています>

 

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

  • Hatena Bookmark
新潟アピの会

「NGO新潟アピの会」2019年度下半期の活動報告

「NGO新潟アピの会」2019年度下半期の活動報告

7月6日「NPO法人いわむろや」で、アピ会カレーが販売されました。
7月28日「新津国際交流クラブ」(NICE)さんの恒例BBQ大会にお邪魔して、当会の活動紹介とカレーキッドを販売してきました。ホントにNICE素敵な会でした!
7月18日「つけめん・らーめん猫満」さんにて、期間限定カレーつけ麺開始、大好評‼
9月27日新潟県立翠江高校「世界の文化」に県立大学生森川七都美さんの特別授業を実施。
10月21日国際ソロプチミスト新潟―西主催「桂歌助チャリティ寄席」に国際貢献PRと
カレーの試食販売。ホテルオークラのシェフが検食後に販売開始。流石ですね。
10月26・27日新潟市「クロスパル文化祭」に参加。毎年のリピーター様に感謝です。
10月27日NGOネットワーク主催「フェアートレード・フェスティバル」に参加。
11月23日〜12月21日まで、県立大学4年生町田卓弥さんをスリランカ児童施設に派遣。
12月4日6年前に突然姿を消したスリランカ元サルボダヤスタッフのラリータ女史が私に連絡後来日。5年間探し求めてやっと無事な姿の彼女に会えました。
12月~ 通販Bace始めました。http://apiniigata.thebase.in/ 試行錯誤の毎日です。
12月15日南魚沼六日町にある「ケロハウス&ナナシのベース」ケロハウスさんにて 
ケロケロカレーの会に参加。ホントに作り手によって、カレーは変わると実感。
今年も又、カリーに始まりカリーで終わりました。驚くことに最近はプロの料理家の方々が当会のカリースパイスを基にご自分の得意素材(麹使用等)で、格別のキーマカリーを
お店の味としてお客様に提供しております!どのお店も全店大好評という事が凄いです!
                          NGO新潟アピの会 倉田洋子

今年Nネットより助成金を交付して頂いた町田卓弥さんの報告です。
2019年11月23日から1ヶ月間スリランカに滞在、ボランティア活動をさせていただきました。今回が初めてのスリランカ滞在、ボランティア活動でした。
今回の活動を報告します。南部のマータラとハンバントタではPreschoolの子供達と交流し、卒業セレモニーに参加しました。また孤児院の子供達とクリケットなどのスポーツを中心に交流をしました。それから中部に向かって、エッラ、ヌワラエリヤ、キャンディを周りました。その他ソリヤポクナ村にて現地調査、アピの会のカリーに使用するスパイスの調達を行いました。
滞在期間中にシンガポールなどの方々もボランティアに来ていて、一緒に幼稚園や孤児院の訪問、セレモニーに参加しました。彼らは、「世界中で寄付を利用した詐欺や不正がある。だから自分達で実際に足を運び、寄付が確実に正しく使われているか、役に立っているかを確認しに来る。」と言っていました。今回私はソリヤポクナ村の建設中のパゴダと新潟工業高校の寄付による水タンクの様子を見てきました。また、アピの会が援助しているハンバントタの孤児院を訪問、子供達と交流、そこでは子供達の笑顔や元気でたくましい姿が見られました。普段何気なく寄付をするのではなく、どのように、確実に寄付金が利用されているか知ってから寄付することが、寄付をする側受ける側の両方にとって大切なことだと思いました。
スリランカ滞在前から「子供達或いは周りの人に何を与えられるのか、どんな影響を与えられるのか、自分には何ができるか」を考えていましたが、答えはなかなか出ず、自分がここに来て良かったのか、自分で良かったのか悩みました。しかし、孤児院の子供達に突然、真剣な顔で言われた一言に救われました。『あなたは私たちのお父さんだ。』 この言葉を聞いて少しは頼りにしてもらえたと思えましたし、スリランカに来て良かったなと思えました。
 「国際協力」と言うと少し大事のように感じてしまいますが、寄付をする、カリーを買って食べてみることも立派な「国際協力」です。間接的であっても誰かの笑顔に繋がります。寄付をする側と受ける側の両方が笑顔になる、これからもそんな協力ができたら良いなと思います。
新潟県立大学国際地域学部4年 町田卓弥
  • Hatena Bookmark
ミャンマーの医療を支援する会

ミャンマーの医療を支援する会〜活動報告(2019年7月〜12月)

ミャンマーの医療を支援する会〜活動報告(2019年7月〜12月)
ミャンマーの医療を支援する会代表 内藤 眞
私は2000年に初めてミャンマーを訪れ、それを契機に留学生の教え子をパートナーとしてミャンマーの医療支援を続けてきました。来年、私のミャンマー活動は20周年を迎えます。2020年1月にヤンゴン第二医科大学で記念講演をすることになりました。また、新潟大学はミャンマー感染症研究拠点を設立して5年目の記念式典と研究成果報告会を1月11日にヤンゴンで開催することになりました(図1)。新潟大学からは学長、医学部長も参加します。式典のプログラムによりますと、ミャンマー保健大臣、学長、研究責任者に続いて、私と私の教え子のヤデナ医師、チン教授、チーダ教授も20年間の交流とその成果について話すことになっています。式典のタイトルは「新潟大学とミャンマー保健省との連携協力20周年記念―5年間の研究成果報告」であり、私の始めた活動が両国の感染症プロジェクトの基礎になったことを評価していただいたものと思っています。現地で多くの知人に会えることを楽しみに、大学や病院に提供する試薬や抗体の準備に追われています。
 

写真1 記念式典のポスター。筆者の写真(左端)も掲載されている。
  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

街頭募金とフェアトレードフェスティバル参加

NPO法人 新潟国際援助学生ボランティア協会(NASVIA)
 2019年度後半期は街頭募金などを行いました。街頭募金は、ルワンダのウムチョムイーザ学園の学校給食支援と手洗い用の天水タンクの寄贈に充てさせていただきました。引き続きご支援をよろしくお願いします。
 12月14日のフェアトレードフェスティバルでは、当会自身はフェアトレード商品を扱っているわけではありませんが、活動の紹介や募金などを行いました。フェスティバルでは他の参加団体様の活動からいろいろと学ばせていただきました。
 ボランティアに協力いただいている学生さんたちが海外留学やスタディーツアーなどに積極的に参加しており、イベント時には人手が足りない…というのも嬉しい誤算です。海外で学んだことをみなで共有し、互いに刺激を与えあえる場としても、引き続き活動を続けていきたいと思います。
事務局 原口 央
  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

【スタディツアー参加助成金交付学生感想文】 タイでのバレーボールを通じた支援活動

【スタディツアー参加助成金交付学生感想文】
 団体:民際センター・新潟ドナー連絡会
 事業:タイ東北部ダルニー奨学金大学生バレーボール研修
 日程:2019年8月27日〜9月5日
タイでのバレーボールを通じた支援活動
新潟大学法学部2年 渡邊 将大
 今回の活動では、タイ東北部にあるサコンナコン県やロイエット県の学校を巡り、バレーボールやバレーシューズ、ユニフォームの寄付や、技術的指導、現地の高校生との交流試合、奨学生のリサーチなどを行った。
 特に、奨学生の自宅を訪問したことは印象に残っている。彼らの家にちゃんとした壁があるわけではなく、丈夫な布がかけられているだけで、雨風が凌げるかどうかというものだった。また、奨学生と同居する親族も無職というケースが多く、周りに住む親戚たちに食べさせてもらっている状態だった。
そして、奨学生の子が女性であると、家で家事を任せられていて、進学のため家を出ることに否定的な親族も多いという現状をまざまざと感じた。しかし、進学しないと働いたとしても給与は少なくなり、貧困から抜け出すことは難しくなる。この問題に関しては、当事者間でしか解決できないが、とてももどかしく思った。
他方、貧しい=不幸ではないことに気づかされた。日本はタイより経済的に発展しているが、日本人がタイ人より幸福だとは必ずしもいえない。娯楽施設が整っている、物が豊富にあるなどといったことは、幸せと感じる一要因であるが、それがすべてではない。タイの子供たちと接してみて、初対面の私たちにも無邪気に笑顔を向けてくれたことがとても嬉しかった。
私たちが寄付したバレーボールは1個あるだけで、たくさんの子供たちがともに遊ぶことができる。また、使用済みのバレーボールとはいえ、MIKASAやmolten製の正規品である。主に、安い偽物のバレーボールや型落ちのB級品が使われているタイでは正規品であるというだけでも感動された。バレー部の子供たちはもちろん、バレーボールを初めて触るであろう子供たちも楽しそうにボールを触っていて、ボールが持つ力というものを感じた。
実際に経済的に恵まれていない子供たちと交流し、日本で不自由なく生活を送ることができている私に何ができるのか考えた。日本に帰ってから、民際センターのダルニー奨学金というものを知った。一口14400円で現地の子供の1年間の学費を支援できる。まだ学生で社会人のような収入のない私だが、アルバイト費から1年に一度程度であれば捻出することはかなり現実的な金額といえよう。今回、同行させていただいた畑さんのように、私には、バレーボールやバレーシューズ、ユニフォームを集めるツテはなく、同じような支援をすることは非現実的である。今の私にできることは、地道ではあるが年間に一度はダルニー奨学金を通じて、経済的に恵まれていない子供たちの支援を行うことと、学業に励み将来的に、自分の力となりうる知見を身に付けることである。そして、着々と資力を身に付け、自分にできる支援の形を考え、実践できるようになれば、今回、タイに赴き現地の子供たちと交流した経験が意味を持つのではないかと思う。私は、今回限りでこのような支援を終わらせたくないと強く思う。これから先も継続的にこのような支援が行えるように、今、私にできることを着実にこなしていきたい。
  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告【2019年7月〜12月】

にいがたNGOネットワーク(Nネット)活動報告【2019年7月〜12月】
1 主催事業
1)  にいがたフェアトレードフェスティバル2019

 ヽ詰
日程:10月27日(日)、NEXT21 1F アトリウム
補助:新潟県国際交流協会(県協会)
後援:新潟県、新潟市、新潟市国際交流協会(新潟市協会)、新潟日報社
     来場:600人
◆‘睛
a フェアトレードについて周知啓発
  フェアトレード10分講座、「現地生産者(ミャンマー)の声」上映、フェアトレードファッションショー、ワークショップ、パネル展示、リーフレット配布
b 会員団体等がブースでフェアトレード品を販売など   
  アジアクラフトリンク(ACL)、フェアトレードショップ ナルニア、民際センター・新潟ドナー連絡会、NGO新潟アピの会、新潟国際援助学生ボランティア協会(NASVIA)、新潟国際ボランティアセンター(NVC)、国際教育研究会RING、NUIS FT(キッズコーナー運営)
c ステージでパフォーマンス 
  車いすダンス、ベトナム人留学生、ダンススクール等6グループ
2)  第22回〜第25回国際教育研究会(RING)                        
  主催 Nネット、県協会(委託) 
企画運営 国際教育研究会企画委員会(委員長:小黒淳一理事)
【第22回】
日程 9月22日(日)、クロスパルにいがた
主題 幸せのかたち 〜幸せは歩いてこない だから歩いていくんだね〜
講師 新潟県立大学 国際交流ファシリテーター(2人)
参加 12人
【第23回】
日程 11月2日(土)、ながおか市民センター
主題 「チェンジの扉」が開く未来 〜世界のこどもたちが教えてくれたこと〜
講師 認定NPO法人ACE 白木朋子氏、坂口志保氏
参加 22人
後援 新潟県教委、長岡市教委、JICA東京
【第24回】
日程 11月23日(土)、トキ交流会館
主題 Let’sコラボレーション!教育×地域×SDGs
講師 第1部 特定非営利活動法人開発教育協会(DEAR)
            中村絵乃氏、伊藤容子氏、岩岡由季子氏、若松陽子氏
   第2部 村上市立荒川中学校教諭 増田有貴氏
参加 38人
後援 新潟県教委、佐渡市教委、JICA東京
【第25回】
日程 12月7日(土)、上越教育大学
主題 SDGsを柱とした学び 〜生徒や学校を巻き込む仕掛けとは〜
講師 第1部 上尾市立大石中学校教諭 松倉紗野香氏
   第2部 長岡大学職員 関愛氏 
参加 36名
後援 新潟県教委、上越市教委、JICA東京
2 スタディツアー助成
 1) 概要
     法人化10周年記念チャリティーコンサートの収益を原資として、若者の国際協力参加促進を目的に、会員団体のスタディツアー等に参加する学生に1万円を助成(上限:1団体1年度3万円)
 2) 実績
       助成金交付済 民際センター(1万円)
       交付決定 NVC(3万円)、ACL(3万円)、NGO新潟アピの会(1万円)
3 参加・協力等 
1) 新潟市協会の「国際交流・国際協力団体発表展示会」(10/25〜27、クロスパル)に出展しクイズラリーに協力
2) 会員団体の事業を後援
  ‘本車いすダンススポーツ連盟新潟県支部主催「チャリティーダンスパーティー」(7/28、吉田産業会館)
 ◆NVC主催「第31回愛のかけ橋バザー&フェスタ」(11/24、ピアBandai)
4 会報  
  vol.22(2019年7月号)発行 500部
5 主な会務等
 1) 2019年度第2回理事会(出席9人、電磁的表決4人)
日程 11月10日(日)、新潟市民活動支援センター(NCCT)
議題 上半期の事業報告、下半期の事業計画、決算見込み
 
6 当面の主な予定
 1) 第26回国際教育研究会
日程 1月25日(土)13:00〜、クロスパル4F 401・402講座室
主題 JICA教師海外研修報告会 〜学びや体験を子どもにどう出会わせる?〜
 2) 2019年度国際協力人材育成セミナー(県協会委託事業)
日程 3月7日(土)13:00〜、クロスパル 5F 交流ホール2
主題 教育支援を通した貧困対策と平和構築への貢献について 〜NGO・NPOの起業〜
講師 秋尾是正氏:公益財団法人民際センター理事長
 3) 2019年度第3回理事会
日程 4月12日(日)、NCCT(予定)
議題 2020年度事業計画・収支予算、役員改選
  4) 2020年度通常総会
日程 6月14日(日)13:00〜、クロスパル(予定) ※当日午前に第1回理事会開催
議題 2019年度事業報告・決算、2020年度事業計画・予算、役員選任
案内 5月上旬に送付(年会費払込取扱票同封)
事務局長 小畑正敏
キッズコーナー
フェアトレード10分講座
ベトナム人留学生
ワークショップ
にいがたフェアトレードフェスティバル2019会場の様子
車いすダンス
フェアトレードファッションショー
  • Hatena Bookmark