教育と環境の「爽」企画室

〜久しぶりにインド「子どもの憩いの村」を訪ねて〜

【教育と環境の「爽」企画室】

〜久しぶりにインド「子どもの憩いの村」を訪ねて〜

ブルタイス 彩也香(2018.3.28〜4.7)

今回で5回目になる「憩いの村」の訪問でしたが、これまでの旅になかった感覚が心に残っています。それは、「まるで実家に帰ってきた時のような」感覚です。初めてここを訪れたのは私が中学校3年生の時で、それから約11年の年月が経ち、その間にも何度か「憩いの村」には訪れていました。でもこの旅で気づいたことは、長く関わっていなければおそらく知ることのなかった憩いの村の「家族」、すなわち「ホーム」であるという姿です。私が毎回訪れる度に、学校・グラウンド・宿舎など、子どもたちのためにより良い設備が整い、前進・変化し続けている「憩いの村」です。しかし、私が関わり続けた11年の年月で、一切変わらないことが一つあります。それは、「みんながいつでも帰って来られるホームである」ということです。11年前のことですが、私は今でもはっきりと、ローズさんが話されたこの言葉を覚えています。「私たちは家族なのです。そして『憩いの村』は、だれでも帰ってきたいときに来て、休みたいときに休める宿り木のような場所となることを望んでいます。」

 私は今回の滞在中、夏休みで宿舎に戻っている大学生と木陰でおしゃべりし、年の近い女の子たちと一緒に寝泊まりして夜遅くまで語らい、食事を共に作って食べ、ローズさんのお孫さんをあやし、ニューホープのスタッフの家族を紹介してもらって近況を話し合う…ということにも時間をかけることができました。(もちろん、現地の様子を視察する任務も忘れずにしていましたが。)でもよく考えてみると、私が今回「憩いの村」で経験したこのようなことは、自分の実家や家族において普通にすることでもあります。11年の年月を経た今、私は「憩いの村」が本当にその目指す所の「ホーム」を全うしていることを実感することができたのだ、と思いました。

 そして、これは私個人だけでなく、子どもたちも感じていることです。女の子たちと寝泊まりした時、とある話の中で他の孤児院に住んでいたことのある子がこのように話しました。「この『憩いの村』は特別だよ。ほかの孤児院はね、チルドレンズ・ジェイル(子どもたちの監獄)みたいなの。厳しいばっかりで、怒られてぶたれたりすることもある。でもね、ここはチルドレンズ・ホーム。本当の家族だよ。ローズさんも、ルースさんも、スタッフのみなさんも、本当に優しくて、一度だって私たちのことをぶったりしない。もちろん、叱られることはあるけどね。でもそれは私たちを愛してくれてるからだって、わかるもん。だからここは私たちの本当のホームなんだって思う。」

 片桐さんご夫妻、ローズさんご夫妻の、想像を絶する苦労の上にあるホーム。このホームで、子どもたちが今日もまた安心して目覚め、笑い、学び、眠ることができるのです。これからも私は、この子どもたち、いえ、私の家族の成長を一緒に喜び、支え合い続けたい、と心から思っています。

(筆者は20063月、中学3年生の時に新潟県国際交流協会主催の中・高生インドスタディツアー参加以来の交流。新潟国際情報高校、国際基督教大学を経て、現在、東京のインターナショナルスクール教師)

 

 

ヽ惺擦棒揃いし、彩也香先生を大歓迎の子どもたちとスタッフの皆さん

 

△みやげをもらって大喜びの子どもたち

 

 

1Δら2番目は日本を訪問したガンガちゃん、左から2番目はバビちゃんです
 二人ともすっかり成長しました。前の大きな顔が彩也香さん

 

で星爐濃劼匹發燭舛収穫した野菜


情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

  • Hatena Bookmark
アジアクラフトリンク

にいがたNGOネットワーク2018年夏発行に

 当地ミャンマーではモンスーンによる雨期に入りました。5月中旬から10月中旬まで雨が続きます。日本の梅雨などとは比べ物にならない高温多湿です。しかし、このモンスーンのおかげで米をはじめ豊富な農作物が得られ、大勢の人が養われるのも事実です。大地にとっては恵みの雨の季節です。こんな気候でも住めば都、見方を変えれば、ここミャンマーは日本とは異なる素材が沢山ある宝の山でもあります。

 柿そっくりの実が成る木は庭木や公園でもよく見かけますが、それは世界で一番重い木材で貴重な本黒壇だったりします。草木染の染料材料も多様な色が容易に手に入り、好きな方から見ると天国です。私たちは身近な材料と日本の一村一品運動のコンセプトを応用して世界へ通用する村の名産品を作る。それによって、地域振興を支援する。私たちの運動は身近なところの宝探しからの出発です。

 世界でミャンマーだけで商業生産されている素材の一つに蓮糸があります。数年前、日本の着物を織れるレベルの細い蓮糸をミャンマーで工夫し日本へ提供しました。それを使用して、日本の芸術家の方が草木染、手織で作った蓮100%のショールはかなりの完成度に仕上がっていました。織り上げる際には神経を集中させるために、寝静まった深夜から織りはじめた、と聞きました。ミャンマーの織物学校の先生たちがこの作品を見た時の目が輝いていました。作品つくりへの取り組みの具体と努力によって世界に通じる作品になることを実感しました。今実施中の織物支援プロジェクトでは25名の先生たちが自分の工夫でミャンマーの素材、草木染でコットンショールを制作しています。このような事の繰り返しによって、すこしずつ世界に通じる現地発の作品のレベルを高めています。そして、上位作品のショールは成田空港の一村一品マーケットで世界へ紹介したいと計画しています。そのことで先生たちの意欲も高まります。運動のポイントは参加者が自分達の夢を、工夫と努力で達成することです。

 日本での支援体制にも変化が出てきました。この度の「ミャンマーの小さな村の小学校に ぬくもりのある木の床を届けたい」企画をクラウドファンディングで募集しました。結果全国から支援が集まり、企画は成功しました。これを機会に広報にも力を入れ、当方の活動への支援者を増やしたいと考えています。

 

 

 

特例認定非営利活動法人 アジアクラフトリンク 理事長 斎藤秀一

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク 10周年総会記念講演に寄せて

「つながる だれかがそばにいてくれるとうれしいなと想う時間 臨床心理学から地域社会へのインクルージョン」

 

 

 

610()にクロスパル新潟において、にいがたNGOネットワークの10周年総会記念講演で、「つながる〜だれかがそばにいてくれるとうれしいなと想える時間」をテーマに、アメリカ合衆国の障がい者の定義「ピープル・ファースト 障がい者である前に人間である」

という形の障がい者支援を、提案させていただきました。そのなかで「車いすダンス」という障がい者スポーツを、人と人とがつながる1つの「鍵」として紹介させていただきました。

国際協力の原点である「人間力」「自分力」をもとに、障がいをもっても、その人にふさわしい、その人らしい生活や、生き方を再び、取り戻すこと、楽しい作業、自分でやってみたい活動を、やりたいと心から想うと心が働き始め、身体が動き出すと言われています。

 

人は、1人では、寂しい、人の輪の中にあって、「生きているっていいな、楽しいな」と実感できるし、人と手や心を繋ぎ合う感動を重ねることで、感動を共に織りなすことができ、幸せをもたらすことができることと思います。これは、国内外問わず、共通することだと考えます。

 

相手の可能性をもたらすことや、幸せをもたらすことなどの感動によって心が揺れ動き、自身の身体が働くことにつながることと思います。

 

障がい者のスポーツとしてのリハビリテーション効果を追求して、障がいのある人、障がいのない人の境を外し、ノーマライゼーションを確立させられる運動を目的に、車いすダンスができた。

 

国内外での車いすダンスの普及にともない、医学・看護・スポーツなど多くの領域から研究され、障がい者に良い影響を与えることが報告されています。

 

しかし、心理面での研究は、ほとんど報告されていません。特に、障がい者は障がいを負ったことで、心理的に深いダメージを負い、社会生活に復帰することが困難だと言われています。社会への復帰を目指すためには、身体的機能と心理的機能の両方の回復が必要と考えられています。また、障がい者を支える家族にも心理的な支えが必要であると言われています。

 

今回の研究では、A夫妻を対象とし、質問紙法を用い、障がいを負った直後から現在までの心理的健康変化と車いすダンスがA夫妻にどのような影響を与えたのか音楽療法や障がい者心理学の視点から考察を行いました。

A氏は、障がいを負ったことで、不安や絶望に襲われ、自己概念を歪め、自分の存在価値を低下させていったようでありました。

その結果、障がい者となった自分を受け入れることが困難になり、そのため、たまった不満や怒りを家族に向けて、放出することがたびたび起こりました。妻は、この状況を変えるため、A氏が興味を持ちそうなものを探し、車いすダンスを知りました。夫妻は、以前社交ダンスを習っていたので、車いすでも、社交ダンスを踊れることに関心を示し、参加するに至りました。車いすダンスを始めた当初、A氏は、無表情で消極的であったが、参加するたびに積極的になっていきました。新しい仲間や環境に触れたことで、心理的な安定や再起への意欲が高まったと思われます。

また、妻にとっても車いすダンス生きがいとなり、A氏が障がいを負ったときよりも気持ちが安定してきて物事を前向きに捉えられるようになりました。

車いすダンスを通じて、夫妻は生きがいや楽しみを見つけることができ、その結果、心理的身体的に良い影響があったと思われます。

このように、車いすダンスは障がい者も健常者も同等の立場でダンスを楽しみ、音楽に合わせて身体を動かすことで、内部機能や外部機能の働きが良くなり互いに健康な身体を作ることができる身体的効果と音楽やダンスといった芸術的な面が心を癒やす心理的効果を持っている事が分かりました。

 

この障がい者支援を通し、生命ある限り、生き続ける自分でありたいというエネルギーをKeepingしていく大切さを発信していくことを、国内外問わず発信していきたいと思います。

多様性の中で、助けられる存在から社会を変えていく存在へという役割転換のひとつひとつが、目に見える存在としているということは、それが実現できるということの事実に他なりません。

 

NPO法人 ジャパンパラダンススポーツ協会

日本車いすダンススポーツ連盟 新潟県支部

小林 香織

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

  • Hatena Bookmark
フェアトレードショップ ナルニア

ナルニア店主のつぶやき

 今年も半年が過ぎて、2018年上半期の出来事を少し振り返りたいと思います。

 

まず、5月に行われた万代アースフェスティバルに今年も参加させて頂きました。いつもお店での応対なのでお祭りで店外に出てフェアトレード推進の話が出来るのは楽しいですね。

ただ、今年出店させて頂いた日はあいにくの天気で雨だったのが少し残念でした。

 

そして6月にNGOネットワーク会員のフェアトレード推進委員会の方々と一緒にフィリピンから子どもミュージカル劇団「あけぼの」をお招きして、10年ぶりに新潟市でミュージカルを行う事が出来ました。公演翌日には新潟市江南区の小学校で交流会を行い大変盛り上がりました。

また、今回NGOネットワークより後援も頂き、ありがとうございました。

この機会に御礼を申し上げます。

 

私一人での力ではとてもこのイベントを行う事は出来ませんでしたが、これもこのネットワークの力ですね。

フェアトレード推進委員会の方は今回の私の持ちかけた事業のように一人ではなかなか難しい事業のお手伝いをしますと言って頂いています。

同じ志を持つ仲間と協力して事業を行う事が出来て今後のNGOネットワークの持つ可能性を強く感じました。

 

そして私事ですが、この度NGOネットワークの理事に就任させて頂きました。今年は法人化になって創立10周年と言う節目の年でもありますので少しでもお力になれればと思いますので宜しくお願い致します。

 

写真1こどもミュージカル劇団「あけぼの」公演の様子

 

 

写真2フィリピンの子ども達と小学生との交流の様子

 

店主 丸田祥子

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

  • Hatena Bookmark
新潟国際藝術学院

新潟国際藝術学院2018年1月〜6月の活動報告と7月以降の活動予定

 

新潟国際藝術学院20181月〜7月の活動報告

●佐渡短期留学研修

113~131日  広西芸術大学「佐渡短期留学」を実施。

44~425    2018春季写生交流団「佐渡写生研修」を実施。

  

 新潟国際藝術学院新潟国際藝術学院

●日本語学校 佐渡国際教育学院 

2017年度4月生が全教育過程を修了し、無事に卒業致しました。新しく2018年度4月生が2名入学しました。

●展覧会

421日〜30日 第1回新潟佐渡国際美術交流展IN SADO 開催

海外からの画家・留学生を招へいし、新潟佐渡の自然風景をもとに絵画制作活動を行いました。

  

 新潟国際藝術学院新潟国際藝術学院

614日〜17日 第18回国際水彩画交流展IN NIIGATA 開催

新潟県民会館三階ギャラリーBで開催。来場者は300名以上。出品作品はアメリカ、イギリス、中国、マレーシア、インドネシアなどの代表画家の作品と国際水彩画会員の作品。巡回展として第1回新潟佐渡国際美術交流を同時開催。

 新潟国際藝術学院新潟国際藝術学院

●地域社会貢献

佐渡汽船と協同し、214日、525日、622日 外国語(中国語)講座を開講。

佐渡市民、各商業施設の従業員を対象とし、毎回20名ほどの参加がありました。佐渡国際教育学院の学生が助手となり、基礎日常会話を勉強しました。

  

 

 新潟国際藝術学院新潟国際藝術学院

 

新潟国際藝術学院7月以降の活動予定

7月〜12

各大学の「佐渡短期留学」、2018夏期・秋期・冬期写生交流団「佐渡写生研修」の実施。

 

●「AZUMAs絵画展」 東富有父子 1024~1029日 会場:新潟三越6階ギャラリー

新潟の自然を愛する画家 東富有・有達・俊達・達美父子4人の「AZUMAs絵画展」第3回目を開催致します。水彩画・日本画・油絵など35点を展示する予定。

 

113日 佐渡道の駅第8回国際芸術祭

 国際美術館の開放、ギャラリー企画展、手打ちそば、日本語留学生による学食等などの催しを企画。

 

 

新潟国際藝術学院 事務局長 東 有達

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

 
 

  • Hatena Bookmark
民際センター 新潟ドナー連絡会

「この子らの未来の為に」

 東南アジア5カ国(タイ東北部、ラオス、ベトナム、カンボジア、ミャンマー)の子どもたちの里親奨学金(ダルニー奨学金)支援事業を開始して、昨年で発足30歳を迎えた(公財)民際センターです。これまで延べ40万人のもの子どもたちの学習支援と学習環境整備事業を行ってきました。新潟市近在の奨学金支援者のサポート全般を担当する地方民際センターとしての新潟ドナー連絡会ですが、市内で開催される各種イベントでの奨学金の広報に力を入れてきました。この間、今年で10週年を迎える「にいがた NGO ネットワーク(N-ネット)」の創立と、それへの参画などにも関わってきています。今年度からは、不肖N-ネットの理事と、本部民際センターの評議員を仰せつかり、責任の重さを痛感する年となりました。

 

 折しも新潟市内のベトナム留学生の助けを得て(写真1)、ここ数年はベトナムの奨学金支援に奔走してきましたが、日越外交45週年を迎えた今年は新潟ベトナム友好協会の増井氏のご助力や、駐日ベトナム大使館よりのお招きなどで各種祝賀にも招待される栄誉を受けました。何にも増して新潟市在住のベトナム留学生とのより強い交流が生まれている現在を嬉しく思っています。彼らとの共同での「ベトナム奨学生作文プロジェクト」も彼らの協力がなければ実現しなかった企画でした。また、市内ボランティアの会「夢の橋」荒川氏の協力を得て、ベトナム小学校での「多言語紙芝居プロジェクト」がスタートしたことも今後の活動の大きな励みと感じている昨今です。

 今年度夏には「ダルニー奨学金」誕生の地、タイ東北部ウドンタニーへの研修も予定され、民際センターと現地事務局(EDF)の主だったスタッフ共々「活動の原点」に立ち返るべく幾つかの研修行事と会議が計画されています。過去30年に渡る奨学金支援事業の評価を振り返る良い機会となり、今後の新たな活動指針が醸成されることを願っています。

 

(公財)民際センター・評議員

新潟ドナー連絡会・世話人

赤石 隆夫

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

 

  • Hatena Bookmark
ミャンマーの医療を支援する会

ミャンマーの医療を支援する会〜活動報告(2018年1月〜6月)

2月初旬に18年目、28回目の訪緬。新潟ロータリークラブの徳永昭輝会長、新潟医療センター病理主任技師長谷川秀浩氏と3人です。いつもの支援に加えてミャンマーの母子保健を視察しました。

 

図1 ウィン先生に抗体供与         

 

図2 修理されたミクロトーム

 

  サンピュア病院の病理に抗体を届けました(図1)。これから免疫染色を始めたいとウイン先生が希望したので、抗体1セットと染色法マニュアルを渡しました。以前ミクロトームを寄付しましたが、手動ハンドルの動きを伝えるゴムバンドが切れて使用不能になりました。私は部品を郵送しましたが、修理されたミクロトームを見て安心しました(図2)。ミャンマーでは機器の管理・修理がまったく不備で、ちょっとしたことで使えなくなるのです。

 

図3 病院の渡り廊下で生活する患者の家族  

 

図4 新生児救急室

 

第二医科大学病院では渡り廊下に多くの患者の家族が寝起きしていました(図3)。ミャンマーでは病院食がないので、家族が面倒をみなければなりません。遠くの人は病院のあちこちに寝泊まりします。産婦人科を視察しました。分娩室には5つの分娩台があり、病室は妊産婦で満床、廊下にまでベッドがありました。この病院の出産数は年間8000から9000です。日本と比べ桁違いに多いのです。

 

最後にヤンキン小児病院に行きました(図4)。新生児救急室では沢山の小さな赤ちゃんが保育器に入れられていました。体重1kg程の弱々しく、細々とした新生児は声をあげません。哺乳できないため、口からチューブを入れられている新生児もいました。ここには他の病院から治療を必要とする新生児が送られてきます。ここの新生児死亡率は10%だとのことです。母子保健はミャンマー医療の大きな問題です。今回の視察に基づいて新潟ロータリークラブは医療支援を考えるとのことです。うまくいくことを期待し、お手伝いをしたいと思います。

 

ミャンマーの医療を支援する会代表 内藤 眞

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

 

  • Hatena Bookmark
NVC新潟国際ボランティアセンター

NVCスタディーツアーのお知らせ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

NVCスタディーツアーのお知らせ
2018年8月18日(土)〜8月24日(木)6泊7日
ベトナムのこどもたちと、村の人たちと、大学生と、
出会って、話して、一緒にご飯を食べて、そして汗をかいて欲しい
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
★渡航先:ベトナム ホーチミン市、ラムドン省、ベンチェ省、ロンアン省

★日程:2018年8月18日(土)〜8月24日(木)6泊7日
    詳細は、ウェブサイト(http://nvcniigata.wixsite.com/nvcjapan)をご覧ください。

★参加費:社会人:154,000 円 学生:139,000 円
    (燃料サーチャージ及び空港税除く)

★申し込み:ツアー参加希望の方は、株式会社ピース・イン・ツアー(担当:小山)さんまでお電話、FAX、もしくはE-mailでご連絡ください
      TEL:03-3207-3690 FAX:03-3207-6343
      E-mail:info@pitt.co.jp

★申込み締め切り:2018年6月30日
新潟国際ボランティアセンター(NVC)は、2017年度スタディーツアーへご参加いただける方を募集しております。

NVCの支援先であるベトナムへ行き、ホーチミン市の孤児院、ラムドン省の孤児院、ロンアン省のシェルター、ベンチェ省ビンカンドン村の小学校で、こどもたちと、大学生と共にふれあいながら、国際協力の現場を学んでもらい、共に街を歩き、ご飯を食べて、
国際交流、国際協力の担い手となってもらいます!

★ツアー呼びかけ団体:特定非営利活動法人 新潟国際ボランティアセンター

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新潟国際ボランティアセンター(NVC) 担当:三上
info@nvcjapan.org
〒951-8507 新潟市中央区営所通2番町692-27ビラプリンス103
URL:http://nvcniigata.wixsite.com/nvcjapan
facebook:https://www.facebook.com/nvcjapan
TEL:025-211-4067(事務所)
---------------------------------------------------

 

情報掲載:

にいがたNGOネットワーク

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

総会記念講演と法人化10周年記念祝賀会

総会後に開催された記念講演と祝賀会について報告いたします。

 

記念講演の講師は、昨年、Nネットに入会された小林香織さん。

NPO法人ジャパンパラダンススポーツ協会 日本車いすダンススポーツ連盟新潟県支部 公認インストラクターです。

演題は、「つながる だれかがそばにいてくれるとうれしいなと想う時間 〜臨終心理学から地域社会へのインクルージョン〜」。

車いすダンスによる障がい者支援について、心理的健康的変化等を考察しています。

発展途上国の障がい者支援についても、新しい視点、接点を学ぶ意義ある講演でした。

 

添付の写真7は会場全景、

8は、監事の原口さんをパートナーに、車いすダンスを実演する小林さん、

9は、トロフィーや写真の展示、

10は、競技で使う車いすとコスチューム、です。

 

その後、「法人化10周年記念祝賀会」を開催しました。

11は、法人化後、初代の理事長を務めていただいた本間榮三郎さんのスピーチ。

法人化当時のエピソードを、楽しく語っていただきました。

12は、会場全景。

近くの割烹「秋やま」から、お弁当を配達してもらいました。

13は、新潟市国際交流協会の山田事務局長による三本締めで中締めしました。

 

    Nネット事務局長 小畑正敏

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

平成30年度通常総会の報告

6/10に開催されました、平成30年度通常総会について報告いたします。

総会は、クロスパルにいがたにおいて、午後1時開会でした。

ご出席いただきました皆様、また、やむを得ずご欠席され委任状をご提出いただいた皆様、有難うございました。

 

写真1は、総会に先立ち開催された第1回理事会の模様です。

総会に提出する議案等について審議しました。

2は、総会で開会挨拶する荒理事長です。

35は、来賓のご挨拶で、

3は、新潟県国際課の小田佳代子政策企画員様、

4は、新潟県国際交流協会の細川和貴係長様

5は、新潟市国際交流協会の山田正業務執行理事・事務局長様です。

 

総会では、平成29年度事業報告・決算報告並びに平成30年度事業計画・収支予算が、提案どおり承認されました。

平成29年度決算では、会員数の減少により、約10万円の赤字になりました。

決算報告書につきましては、Nネットのホームページに掲載いたします。

また、平成30年度事業計画では、例年開催してきた国際フェスティバルに代わり、Nネット法人化10周年を記念するチャリティーコンサートを11月に開催します。

なお、この企画の詳細等につきましては、別途、ご案内いたします。

写真6は、今年度5回の開催を計画している国際教育研究会(RING)について説明する、企画委員会の小黒委員長です。

 

また、組織強化を図るため、理事の定数を「10人以内」から「15人以内」に増員する、定款の一部改正も承認されました。

これに基づき、平成30年度〜31年度の役員として、これまでの10人の理事と2人の監事が再任され、あらたに、次の2人が理事に選任されました。

新理事は、「民際センター」の赤石隆夫様、「フェアトレードショップ ナルニア」の丸田祥子様です。

よろしくお願いいたします。

 

なお、総会後、新しい役員による第2回理事会が開催され、理事長及び副理事長、常務理事が再任されました。

今年度も、引き続き、よろしくお願いいたします。

 

総会後の記念講演と祝賀会につきましては、別途、報告いたします。

 

    Nネット事務局長 小畑正敏

  • Hatena Bookmark