教育と環境の「爽」企画室

インド・スタディツアー報告書

教育と環境の「爽」企画室が主催したインド・スタディツアー(2010年8月1日〜8日)報告書の一部を紹介します。












報告書発刊にあたって

”2010「子どもの憩いの村」 in インド・スタディーツアー8日間”は、無事終了しました。この企画は、今回、いくつもの幸運が重なり、実現したものです。

 2003年から手がけて来た、インド「子ども憩いの村」が、2009年3月に一応の完成、さらに、この年の4月から敷地内に「コッタバラサ学校」の建設を始めました。長年の取り組みに対し、2009年10月10日、「第21回毎日国際交流賞」(毎日新聞社)を受賞しました。2010年1月には、「第3回かめのり賞」(かめのり財団)を頂きました。県と市の両国際課を介して、泉田県知事、篠田市長へ報告し、激励のお言葉を頂戴しました。それらを記念して、日本の青少年と施設の子ども・青少年が交流するスタディーツアーを企画しました。

 ツアー実施にあったっては多くの個人・団体のご協力がありました。その上、最終的に協力な助っ人を得ました。「独立行政法人 国際交流基金」より、ツアー参加の学生・教員に青少年交流助成金100万円が航空運賃補助として交付されたのです。学生・教員、とりわけ、学生は全額自費を覚悟しての参加でしたので、この大きな助力を得て、欣喜雀躍、大いに力を発揮しました。

 国立新潟大学生2名、新潟国際情報大学生3名、国際基督教大学生1名、計6名の学生に、新潟県小・中教職員4名、NPO法人にいがたNGOネットワーク理事長ご夫妻、小学生2名、総勢14名のメンバーは、個々の期待に私どもの思いを重ねて、様々なプログラムを緻密に計画し、実行してくださいました。

 その経過及び成果と問題点については、個々の報告につぶさに記されていますが、とりわけ学生には、レポートの他に旅行記(日記)も書くという、過酷な課題が与えられました。しかし、初めての海外旅行がこの度のツアーだったという方もおられ、若さみなぎるナイーブな文章には、一気に読ませる迫力があり、感動させられました。

 各位の忌憚ないご意見をもとに、今後の活動方針や取組みの参考にさせていただきたいと思います。ありがとうございました。

教育と環境の「爽」企画室 代表 片桐 和子


インド「子どもの憩いの村」スタディツアーの団長として

 今回、団長として考えたことは、まずツアーを主体的な活動の場にすることでした。子どもたちとふれあったり、現地で授業をしたり、日本のカレーライスを紹介したりと、様々な関わりをもてるよう計画しました。また、参加者の健康保持にも気を配りました。まず、無理をさせないことを心がけました。参加者一人一人にできるだけ声がけするようにも努めました。

 でも途中、発熱して病院に行った人もいます。医者に来てもらって注射を打たれたり、下痢が続いて止まらない人もいました。初めてのインドで緊張や疲れが出たのでしょう。しかし最終日、全員が無事に帰国することができたのは何よりでした。

 ツアーを振り返ってみて、それぞれが自分の役割を積極的に果たしていたなぁと思います。引率教員は教員なりに、大学生は大学生なりに、小学生は小学生なりに、みんな自分のできることを十分に発揮して、このスタディツアーにのぞんでくれました。本間ご夫妻は、自作の絵画や書で、日本の文化を伝えてくださいました。大変感謝しています。そして現地の子どもたちや、現地スタッフともたくさん交流することができました。この報告書を読んでいただければ分かりますが、参加者一人一人が生涯忘れられない貴重な経験をもつことできたと思います。

 片桐さんの「爽」企画室の活動は、NGOネットワークの報告書で知っていたつもりでした。でも、現地へ行ってみなければやっぱりわからないものです。そこにはたくさんの子どもたちのまぶしい笑顔がありました。一生懸命生きている子どもたち。片桐さんが、自分のセカンドステージの全てをかけて、支援をしている意味が本当に分かった気がします。

 日本からわずか9時間半のインドで、一生懸命生き抜こうとしている子どもたちのリアルな存在を、時を同じくして交流することにより、しっかりと心に刻むことができました。もう、「子どもの憩いの村」の彼らを忘れることはできません。

 また、「子どもの憩いの村」の子どもたちのまぶしいくらいのまっすぐな瞳は、今、さまざまな問題を抱えている日本の子どもたちに見せてあげたいとも思いました。

 願わくば、今回のスタディツアーがきっかけになって、これから大学主催のツアーが始まってくれればと期待しています。日本の学生とインドの子どもたちの交流は、双方の学びになるからです。

 最後にこのスタディツアーを実施する上で、「爽」企画室の片桐ご夫妻には、大変お世話になりました。計画段階から現地NGOと何回も連絡を取っていただいたり、多額な旅費の支援から、現地の活動についてのいろいろなアドバイスまで多岐にわたります。大変感謝しています。片桐ご夫妻に感謝の気持ちを申し上げ、団長の言葉としたいと思います。

新潟県青年海外協力協会 事務局長 井口 昭夫




 




にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
にいがたNGOネットワーク
ツイッター@niigatango
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

教育と環境の「爽」企画室の活動報告

2010年8月のインド・スタディツアーのメンバーの皆さんのショッキングな体験記録は、写真集とともに、報告書にまとめました。なお、共催団体として視察された本間理事長、並びに渾身の力を発揮された団長の井口昭夫氏の文も掲載されております。メンバーの皆さん、それぞれが役割り以上の成果をあげられ、今後のスタディツアーに重要な方向を示すものとなりました。
 
建設中の学校は、所在地のビジャナガラム県に認可され、本年6月には開校の運びとなりました。自立支援センター「子どもの憩いの村」の子どもたちと、近辺の村々の子どもたちも通うことになり、現在、その準備に追われています。学校は私立学校で、英語と地方語のテルグ語で授業は行われ、科学やインターネットなどの、特色ある、先進的な学校運営を目指します。3年間は給料の保証もないので、質の高い教員を呼び寄せる資金作りに、頭を悩ませています。
 
代表 片桐 和子


写真:日本からのクリスマス・プレゼントを手に、喜ぶホームの子どもたち

2011年1月発行の会報vol.5用の会員の活動報告を、にいがたNGOネットワーク活動報告ブログで紹介しています。

にいがたNGOネットワーク
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

インド・コッタバラサ スクール 建設状況(2010.10)

急ピッチで進められている建築工事。雨の降らない乾季の筈が、今年の12月は、今日でもう10日以上も天候がぐずつき、寒いというメールが届きました。しかし、工事は順調で、窓や出入り口に茶色の木枠が取り付けられました。水洗トイレの工事も順調で、専門店に便器の下見に行ったそうです。共同で作りあげていく、インドの文化と日本の教育の「結晶」やいかに? 


にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
にいがたNGOネットワーク
ツイッター@niigatango
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

10.23 インド・スタディツアー帰国報告会

 「子どもの憩いの村」in インド・スタディツアー2010 
帰国報告会を開催します。

主催:教育と環境の「爽(さわやか)」企画室

 〜「子どもの憩いの村」in インド・スタディツアー2010〜は、多くの方々のご支援・ご協力に支えられ、8月1日から8日までの日程で、無事終了することが出来ました。そのお礼の意味も込めて、広く県民の皆様に成果をご報告し、今後の活動に向けてご指導を頂きたく、「帰国報告会」を開催いたします。
ツアー参加者のレポートをまとめた「報告書」が出来あがりましたので、これをもとに、現地での活動や思いなどを発表いたします。  
国際交流・国際協力やインドに関心・興味のある方、ぜひお越しください。
 
1.日  時  2010年10月23日(土)13:00〜14:30
2.会  場  クロスパルにいがた 2階 保育室
        新潟市中央区礎町通3ノ町2086(025-225-2727)
3.プログラム 
(1)開会
(2)来賓ご紹介
(3)共催:にいがたNGOネットワークご挨拶
(4)協力:新潟県青年海外協力協会ご挨拶
(5)ツアー団長・参加者報告
(6)スライドショー「現地点描〜笑顔は世界のパスポート〜」
(7)主催者の言葉
(8)来賓ご講評
(9)閉会                           
 
以上
 
お問い合わせ:
電話025 - 260 - 0568
E-mail sawa★topaz.plala.or.jp(★を@にかえて下さい)



インド・スタディツアー帰国報告会チラシPDF
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

10.3 チャリティコンサート ボランティア募集

10月3日(日)新潟テルサでのチャリティコンサートの昼の部と夜の部の間に、教育と環境の「爽」企画室ネパール・ムスタン地域開発協力会の講演があります。

講演のみは無料です。

ロビーでは、子どもの憩いの村」の最近のパネル展やインドの可愛い小物を販売します。

この日、お手伝いいただける会員さんがいらっしゃいましたら、教育と環境の「爽」企画室までご連絡をお願いいたします。

チャリティコンサートのチケットご希望の方も、あわせてご連絡お待ちしています。

教育と環境の「爽」企画室にいがたNGOネットワークの会員です。

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

崔岩光チャリティーコンサート in 新潟/世界の恵まれない地域に小学校を作る会

ソプラノ崔 岩光(サイ・イエングアン)さんのチャリティーコンサートが2010年10月3日(日)新潟テルサ大ホールで開催されます。
ピアノ演奏は木曽 真奈美(きそ まなみ)さんです。

昼の部:14:00開演
夜の部:18:30開演
入場料:3,000円(全席自由)
コンサートの売上金の一部は小学校の建設資金に充てられます。

【同時開催】
「爽」企画室 特別講演〜インドのストリートチルドレンに憩いの施設を」
時間:16:00〜16:30
聴講料:無料

近藤 亨 特別講演会〜秘境ネパール・ムスタンの現状を語る」
時間:16:30〜17:00
聴講料:無料 









主催:世界の恵まれない地域に小学校を作る会
チケット購入連絡先:教育と環境の「爽」企画室

教育と環境の「爽」企画室ネパール・ムスタン地域開発協力会は、
にいがたNGOネットワークの会員です。

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

インド・スタディツアー帰国交歓会

 8月28日、インド・スタディツアーに参加されたメンバーが久しぶりに顔を合わせ、10年来の知己のように手を取り合っている様子はほほえましくも、それだけ濃密な8日間の旅だったのだろうと推察しました。お一人お一人の体験談とその感想は、まさにインドが百人行けば百通りのインドであるということです。ただ、1つ共通するのは、施設の子どもたちの明るさ、たくましさ、そして笑顔に圧倒されたということです。過去の悲惨な境遇を忘れるほど、今が恵まれているということでしょうか。DVDや写真のスライドショーを見ながら、さらにこの活動を強め、広げていかなければと思いました。
 現地で見事な授業をされた先生方、日本のカレーを作りながら、栄養指導された栄養士さん、日本の伝統文化を伝えてくださった、「にいがたNGOネットワーク」理事長ご夫妻、パワーではひけをとらなかった学生さんたち、両国の親善大使を可愛く真剣に務めた小学生の二人、ホントにホントにお疲れさまでした。

教育と環境の「爽」企画室









教育と環境の「爽」企画室は、にいがたNGOネットワークの会員です。
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

教育と環境の「爽」企画室/新潟国際フェスティバル

 2003年から手がけて来た、インド「子どもの憩いの村」が2009年3月完成し、続いて4月から小・中併設校の建設を始めました。8月1日から8日まで、インド・スタディツアーを実施しました。教育・文化交流の初めての試みでしたが、教員の本格的な授業実践以外に栄養士による、日本風カレーの実技指導もありました。子どもたちの喜びようは、DVD画面が3Dになったようでした。
 その14人のメンバーが、ハードスケデュールの時間を割いて購入してくださった、いかにもインド的な可愛い小物や装飾品が並びます。ちょっと役に立ちそうなバックもあります。インドのいたいけな子どもたちのために、ご購入いただければ幸いです。

【新潟国際フェスティバル】
日時:2010年9月4日(土)・5日(日)
会場:新潟ふるさと村
主催:にいがたNGOネットワーク

教育と環境の「爽」企画室は、にいがたNGOネットワークの会員です。
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

感動のスタディーツアー

「子どもの憩いの村」スタディツアー(主催:教育と環境の「爽」企画室、共催:にいがたNGOネットワーク)に家内とともに参加した。
一行は教員3名、学校栄養士1名、大学生6名、小学生2名に我々をいれて14名であった。草の根ODAとしての地方のNGOが実践する国際協力の実態を見て、今後のあり方などを考えたいという私なりの考えもあった。
 インド南部の東海岸に位置するビシャカパトナムから車で1時間、コッタバルサに「片桐子供のいこいの村」があった。
 現在130人の孤児、ストリートチルドレン、レイルウエイチルドレン、障害児童、HIV遺児、HIV感染児童など収容している。この事業は現地NGOニューホープ(代表 エリアザル・ローズ)との共同プロジェクトとして建設された。敷地内にはもちろんニューホープの施設も混在し機能的に配置され、ニューホプに一元的に運営を委託しているものである。9エーカー(約36千平方メートル)という広大の敷地に給食、宿泊施設、をはじめとして職業訓練所、スラムの女性たちによる手工業生産品の生産も行っている。また農場を有しかぼちゃなど野菜の生産も行われていた。HIV患者の女性たちが乳牛を飼育し搾乳をしていた。小規模ではあるが教室もあり理科、社会、英語、日本語なども教えている。三棟の瞑想センターを有し毎朝三十分瞑想している。管理棟として図書館、事務所を有し、HIV患者のための診療所、ホスピスなどの施設まで整備している。さらに現在「世界に恵まれない地域に小学校を作る会」(代表者石川幸夫:株式会社イシカワ社長)から600万円の支援を受け8クラス(小3、中5)200人の本格的な学校を建設中である。現在の130人と同じ境遇の子どもたち70人を新たに収容するという。まさに壮大な「いこいの村」である。
 ローズ氏は高名な医師で、キリスト教精神に基づく人間愛は深く、ハンセン病撲滅運動を続けている。ムニグダでNew Hope Rural Leprosy Trustを経営しハンセン病患者、児童生徒を収容し、またムニクダの山岳地方に住みあたかも石器時代のような生活をしている山岳少数民族の医療相談から精神的なケア、生活相談まで行っている。オーストリア、イギリスそして日本など海外の賛同者からの寄付をベースとしているが、その慈善事業の広さと深さに感銘を受けた。
 ローズ氏はキリスト教精神に基づく深い人間愛をもち、医師としての技術知識が彼の行動を支えているのである。
 この度のツアーの最終日にガンジー博物館の入り口の通路で10歳くらいの子どもが泥だらけの顔をして死んでいるのかわからない状態で寝ていた。35度以上はあったろう、かんかん照りの中である。そしてその横で弟であろうか4〜5才くらいの男の子がしゃがんで「うんこ」をしていた。なんとも言いようのないショッキングなストリートチルドレンの実態を目撃した。
 10年前スタディツアーに参加した片桐夫妻は、駅頭で見かけたストリートチルドレンを目撃し、何とか助けなければならないと思い込みローズ氏に相談し、氏が日本に来たときも入念に打ち合わせしてできた片桐さんの夢の施設である。片桐夫妻が退職金を投じて建設したという決断にまず驚かされる。そして毎年の維持費捻出のためご主人は今でも夜警をしていると言う。片桐さんがローズ氏に出会ったことは幸運であった。来春には学校が開校する。インドは識字率が66%ときわめて低い、学校が出来ればすぐ認可され政府の補助対象となるとローズ氏は言う。
ここで卒業した子どもたちは生家を持たないから大学を出ても、社会へ出ても必ず帰ってくるであろう。その人たちが施設の将来を支えることになることを片桐・ローズ両氏とも期待している。片桐さんの人間愛とローズ氏の人間愛が生んだ奇跡である。このような究極の貧困を余儀なくされた孤児、ストリートチルドレン、障害者、HIV感染者など恵まれない子どもを対象とした教育、医療、福祉を複合した施設はインド国内にもないであろう。
この施設がひとつのモデルとなってインド国内に広がる可能性がある。いずれにしても片桐さんの投じた一石は、大きな波紋を拡げつつある。

本間栄三郎(にいがたNGOネットワーク理事長)











 
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

インド「子どもの憩いの村」自立支援プロジェクト活動パネル展

 住友信託銀行にて、パネル展を開催しています。おいでください!

 7月26日(月)より8月31日(火)まで、上大川前通り六番町の住友信託銀行(新潟国際情報大学中央キャンパスと大通りをはさんで向かい合っています。)にて、インド「子どもの憩いの村」自立支援プロジェクト活動パネル展を開催しております。
 ショーウインドウ並びに店内ロビーにも展示しております。
 プロジェクトの活動経過をはじめ、インド人でもなかなか立ち入ることが出来ない山地の少数民族の写真もございます。
 どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。

教育と環境の「爽」企画室
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

教育と環境の「爽」企画室 活動報告&活動予定

【2010年1月から6月までの活動報告】
 
1月8日 「第3回かめのり賞」授賞式のため上京
3月3日〜3月29日 県庁18Fギャラリーにて、パネル展示
3月31日 2009年4月から放送のBSN「ふるさと散歩」終了
4月28日 篠田新潟市長表敬訪問(第21回毎日国際交流賞受賞報告)
5月8日〜9日 映画「育子からの手紙」新潟上映協力
5月9日 「爽」企画室2010年度総会
6月11日 新潟国際情報大訪問、講演
6月18日 泉田県知事表敬訪問(毎日国際交流賞並びに活動報告)
6月28日 インド・サマースタディツアー事前説明会(14名全員出席)
6月30日 新潟市立巻南小訪問、講演
 
【今後の予定】
●7月26日から8月31日 住友信託銀行のギャラリーでパネル展、
●8月1日から8日 インド・スタディツアー
●9月 インド・スタディツアー報告会
●9月4日〜5日 Nネット主催の「新潟國際フェスティバル」参加
●10月3日 新潟テルサでのチャリティコンサート(「世界の恵まれない地域に小学校を作る会」主催)
●10月9日 新潟医療技術専門学校「公開講座」で講演
●10月22日から24日 新潟市国際交流協協会主催の国際交流・協力発表展示会参加
などがあり、目白押しの行事の準備に追われています。

教育と環境の「爽」企画室 片桐


4月、クボタ様からミニ耕運機が届きました!
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

インド スタディツアー

「子どもの憩いの村」in インド
スタディツアー8日間
〜あなたの人生観が変わるかもしれない体験です!〜

知っていますか? 新潟市の片桐ご夫妻が資金援助を続けている、インドの「子どもの憩いの村」を!?
インドに、ストリートチルドレンやエイズの子どもたちの世話をしているNGO団体があります。名前は「ニューホープ」。片桐夫妻は、生活の全てをかけて「ニューホープ」と共同で、子どもたちの村を造る努力を重ねました。
2009年3月、「子どもの憩いの村」はついに完成。現在は、なんと学校建設も始まっています。活動が評価され、昨年は「第21回毎日国際交流賞」「第3回かめのり賞」を受賞しました。
その「子どもの憩いの村」を訪ね、現地の子どもたちと交流します。参加者の人生観がちょっと変わるかもしれない、8日間のスタディツアーです。
(青年海外協力協会 事務局長 井口昭夫)

期 日:平成22年8月1日〜8月8日 7泊8日
行き先: インド ビジャカパトナム 「子どもの憩いの村」
    デリー 世界遺産「フマユーン廟、レッドフォード城ほか」
募集対象:新潟県在住の大学生、一般
参加費用:18万円程度(学生補助あり)(別に海外傷害保険加入必須)
応募受付:平成22年5月10日(月)〜6月6日

主催:教育と環境の「爽」企画室(問い合わせ Tel 025-260-0568)
共催:にいがたNGOネットワーク
後援:(財)新潟県国際交流協会、(財)新潟市国際交流協会、新潟県青年海外協力協会(青年海外協力隊OB会)
引率:青年海外協力隊OB/新潟県公立小学校教員4名・現地ガイド1名
※詳細については、教育と環境の「爽」企画室ホームページをご覧下さい。
http://www14.plala.or.jp/sawayaka-kikaku/



→詳細PDFダウンロード
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

県庁ギャラリーのお知らせ

県庁18階展望ギャラリー
インド「子どもの憩いの村」自立支援プロジェクト活動パネル展

展示期間:平成22年3月3日(水)〜3月29日(月)
公開時間:平日8:30〜17:15、休日10:00〜日没(最終日は午後1時頃まで)

21世紀を担うこども・青少年が心身共に健全に育つことを願い、教育環境を良くするための活動を行うボランティア団体「教育と環境の『爽』企画室」の活動パネルを展示します。はだしで生活し、食べるものもなく、危険と隣り合わせで暮らすインドのストリートチルドレンたちが安心して暮らせる子ども専用の村を造り、そこに学校を建設するまでに至った活動の記録を紹介します。

 
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

教育と環境の「爽」企画室@澁谷文太郎チャリティーコンサート

コンサート会場の「爽」企画室のコーナーでは、インド雑貨の販売、活動や「子どもの憩いの村」施設紹介、子どもたちの絵画展示をしました。
 
爽販売

30分間の講演の前半は、片桐昭吾さん。
片桐昭吾さん講演

片桐さんご夫妻に花束を贈呈したのは、「爽」企画室のインドスタディーツアーに参加した学生さんたち。今日はボランティアとしても大活躍でした!
司会の大倉昭吾さんにインタビューを受けています。
爽花束授与
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

澁谷文太郎 チャリティコンサートin新潟

「澁谷文太郎 チャリティコンサートin新潟」
日時:2009年9月27日(日)
【昼の部】14:00開演
【夜の部】18:30開演
会場:新潟テルサ大ホール
入場料:全席自由3000円

<同時開催>
◎「爽」企画室 特別講演「インドのストリートチルドレンに憩いの施設を」
時間:16:00〜16:30
聴講料:無料

◎近藤亨 特別講演会「秘境ネパール・ムスタンの現状を語る」
時間:16:30〜17:00
聴講料:無料


新潟日報
  • Hatena Bookmark
教育と環境の「爽」企画室

祝!毎日国際交流賞受賞

教育と環境の「爽」企画室の片桐和子さん・昭吾さんご夫妻が、毎日国際交流賞を個人の部で受賞されました!
 
↓画像をクリックすると拡大します↓
毎日国際交流賞

  • Hatena Bookmark