にいがたNGOネットワーク

「ハイチ大地震災害募金活動」延期のお知らせ

2月7日(日)予定の「ハイチ大地震災害募金活動」は、実施を「延期」させて頂きます。
 皆様のご協力を仰ぎながら、準備を進めて参りましたが、豪雪のため、参加者の安全や募金者数などを考慮して、今回は「延期」としますので、 ご理解下さい。
 なお、改めて、3月〜4月頃に募金活動を計画しますので、よろしくお願い致します。
  • Hatena Bookmark
新潟国際援助学生ボランティア協会

特定非営利活動法人 新潟国際援助学生ボランティア協会

 平成22年1月14日より、特定非営利活動法人 新潟国際援助学生ボランティア協会さんが、にいがたNGOネットワークの団体会員に加わりました!

【名称】
特定非営利活動法人 新潟国際援助学生ボランティア協会
Niigata Association of Student Volunteers for International Aid (NASVIA)

【目的】
この法人は国際交流及び国際援助活動を行う児童、生徒、学生及びその協力者に対して、その活動支援に関する事業を行い国際交流の発展を進めるとともに、青少年の健全育成に寄与することを目的とする。
  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

ハイチ大地震災害に対する災害募金活動について

 ハイチ大地震災害に対する災害募金活動について
  
1 災害募金活動の目的
  1月13日発生したハイチ大地震の被災者に義捐金を交付するため
 
2 実施主体
  NPO法人にいがたNGOネットワーク
 
3 実施日時
  平成22年2月7日(日) 11:00〜14:00
 
4 実施場所
  新潟駅前周辺(1〜2箇所)
  万代シティ周辺(1〜2箇所)
 
5 実施体制
 ー損楝寮    Nネット会員、大学生、高校生等(予定)
◆〇臆檀要人数  40人以上(@10×4班)

多数の参加をお願いします。
 
なお、2月7日の実施に向けての調整会議を開催します。

 日時  平成22年1月30日(土) 13:30〜15:00
 場所  クロスパルにいがた
  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

2010.2.11 NGOスタッフ研修「『自分がしたいこと』ではなく『社会に求められること』のために、働き続けるチームをつくる!」

N GOスタッフ育成研修
「自分がしたいこと」ではなく「社会に求められること」のために.動き続けるチームをつくる!

NPO法人にいがたNGOネットワークと(財)新潟県国際交流協会では、社会事業家のためのマネジメント支援等を手がけるIIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表の川北秀人氏を講師にお迎えし、県内NPO ・ NGO等民間団体の人材育成・自立運営のための研修を開催します。
参加は無料です。県内を拠点に活動をされている、或いは今後活動を考えている団体・個人の皆様のご参加をお待ちしています。

〇日 時:平成22年2月11日(木・祝)午後1時30分〜4時
〇会 場:クロスパルにいがた403講座室(新潟市礎町道3ノ町2086番地)
〇内 容:
第一部:講義 13:30-14:40
「自分がしたいこと」ではなく「社会に求められること」のために、動き続けるチームをつくる! 〜多様な資源を獲得するために〜
第二部:ワークショップ 14:50-16:00
個人ワーク「資金獲得のための4枚の提案書」を書いてみる
全体ワーク「ポスターセッション」
講義「ワークへのコメントと補足講義」

【講師略歴】川北.秀人(かわきたひでと)
1964年大阪生まれ。1987年に京都大学卒業後、(秩)リクルートに入社。国際採用・広報・営業支援などを担当し、1991年に退職。その後国際青少年交流NGO「オベレーシヨン・ローリー・ジャパン」の代表や国会議員の政策担当秘書などを務め、1994年にIIHOE設立。大小さまざまなNPOや社会責任志向の企業のマネジメントを支援するとともに、環境・社会コミュニケーションの推進を支援している。

〇参加費  無料(定員30名) ※定員になり次第、申込み受付は終了させていただきます。
〇申込み期限 平成22年2月4日(木)
〇申込み・問い合わせ先
NPO法人にいがたNGOネットワーク事務局 担当:飯島
TEL・FAX: 025-273-1056
------------------------------------------------------------------------------
2月11日: NGOスタッフ育成研修 参加申込み書
お名前
住所 〒
電話番号
所属団体

20100211ngostafftrainingチラシのPDFダウンロード
  • Hatena Bookmark
夢の橋・多言語紙芝居

マダガスカルからのクリスマスプレゼント 報告

NGOカレッジ「ネパール・秘境ムスタンを訪ねて」に続いて、午後1時半から同じくクロスパルで「マダガスカルからのクリスマスプレゼント」が開催されました。

パリ育ちで、日本とマダガスカルを行き来しながら活動されている浦田あゆみさんが、たくさんの現地の写真とともに、夢のキャラバンという巡回図書館の活動を報告されました。
 


また、夢の橋から新たに多言語紙芝居が贈呈されました。
学生の自発的な協力活動を含む、新潟の支援に対して、何度も感謝の気持ちを伝える浦田さん。マダガスカルの子どもたちのありがとうを伝えに、こうして報告に新潟に2年ぶりに戻って来れたことを喜ばれていました。



マダガスカルからのおみやげたちもあっという間に売れて行きました。
  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

ネパール・秘境ムスタンを訪ねて 報告

午前11時からクロスパルを会場にNGOカレッジ「ネパール・秘境ムスタンを訪ねて」が開催されました。

発表は、スタディーツアーから帰国して間もない飯島信輔さんです。
海外旅行経験、特に登山経験の豊富な飯島さんから、
世界各国の山々の写真が紹介され、
ネパールの山はどれでしょう?
とクイズが出されました。
 


ご自身で撮影された写真を紙芝居のようにめくりながら、20人の参加者と和やかな雰囲気でした。
ネパールの概要について
ネパール・ムスタン地域開発協力会の活動について
ムスタン王国について
さらに、実際に訪れた農場、滞在したホテル、移動につかった車、そこで食べたリンゴについてなどなど。
旅の興奮が伝わってきます。




500から300ネパール・ルピー(約400円)に値切って買ってきたというアンモナイトの化石。こういうのがごろごろと転がっている地層だそうです。

  • Hatena Bookmark
にいがたNGOネットワーク

12.13 NGOカレッジ「ネパール・秘境ムスタンを訪ねて」

ヒマラヤ山麓で農業開発、教育振興などを進めているMDSA(ネパール・ムスタン地域開発協力会)現地の活動状況についてお話しします。

★どなたでもご入場いただけます。<入場無料>

日時 平成21年12月13日(日)11:00〜12:30
発表者 飯島信輔(スタディーツアー参加者)
場所 クロスパルにいがた 202講座室
   新潟市中央区礎町3ノ町2086
   電話 025−224−2088
主催 NPO法人にいがたNGOネットワーク

*お問い合わせ NPO法人にいがたNGOネットワーク事務局
        新潟市東区寺山1丁目9−25
        電話 025−273−1056

NGOカレッジ
 → PDFデータ ダウンロード
 
  • Hatena Bookmark
夢の橋・多言語紙芝居

12.13 マダガスカルからのX'ms プレゼント

マダガスカルからのX'ms プレゼント
夢のキャラバン報告会(巡回図書館)

12月13日(日)
13:30-15:00
クロスパス403

入場無料

講師略歴
東京生まれ、パリ育ち。
パリ第5大学卒業後マダガスカル他諸国にて、ユニセフ、JICA、政府ODAの仕事に携わる。2008年NGO「夢のキャラバン」をマダガスカルにて立ち上げ活動開始

(財)新潟市国際交流協会助成事業
新潟県青年海外協力協会・新潟アピの会・NPOにいがたNGOネットワーク 後援
新潟マダガスカル友の会 & 夢の橋 多言語紙芝居 主催

〜お問い合わせ 090−6684−1108 〜

マダガスカルおもて
マダガスカルについての説明はなんと言っても、地球古代から生息している動物、植物です。動物では、アイアイ(悪魔の動物と言われています)、狐サル(2本足でぴょんぴょん横とびする)3眼のトカゲ、巨大なゴキブリ。

植物では地上に7種類あるバオバブの木(星の王子様で有名)や旅人の木、香料として有名なイランイラン等まだまだ、地球古来からそのまま行き続けている動物、植物の宝庫と言われている国です。

講師 浦田あゆみ
1967年東京生まれ、パリ育ち。
パリ日本人小中学校卒業後、現地の公立高校に進学し、バカロレア資格を取得。
パリ第5大学の社会学部を卒業後、マダガスカルのユニセフにJPO(ジュニア プロフェッショナルオフィサー)として赴任。初等教育プログラムに配置され、マダガスカル国内の小学校現場を数多く見聞し、教育省の官僚とともに義務教育を、コミュニティを巻き込んで促進していく”DINAプログラム”の元になるものを形成する作業に携わる。
ユニセフとの2年の契約後も、同国の魅力に惹かれ、マダガスカル国で活動する日本の商社の現地事務所日本人代表としてODA案件の実施レベルに関わったり、2003年からの2年半は、JICA事務所での企画調査員として社会セクター(教育、医療保険、水・衛生などの分野)を担当。

現在はフリーランスで、コンサルタント業や日仏語の通訳として途上国での開発プロジェクトに関わりつつ、長年の夢であったマダガスカルの子供たちへのプレゼント、NGO「夢のキャラバン」を立ち上げ、首都近郊の村を巡回して、娯楽の少ない子供たちへレクリエーション・啓蒙活動を提供するという小さな歩みを、日本を主とする多くの心ある人たちの支援を得て、踏み出した。

マダガスカルうら

   → PDFデータ ダウンロード
 
  • Hatena Bookmark